« たらこキューピー | トップページ | 宣言どおり »

2005年8月23日

夏休み最終日

今日で長かった夏休みが終わる

今年は特にコレと言ったイベントは無かったけど
沢山本を読んだり、友達と話したり、掃除したり
地味だけど、いい休みだったなぁ~

久々にチェロの練習日記。
この1週間、ドッツァー4番を上げるべく練習しまくる。
テンポが走りやすいので、メトロノームを使っての練習。
それとスタッカートやアクセントの弾き方に注意。
結構、音も綺麗に出てきた感じがするので
今週はいけるかもしれない。うふっ。

明日から仕事かぁ~


« たらこキューピー | トップページ | 宣言どおり »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。ドッツァーでこのプログに辿り付きました。日々の練習の纏めが描写されて頑張っておられる様子が分かり励みになります。
私も仕事をしながら2年チェロを学んでおり、ドッツァーに苦しみながら弾いています。ポイントを掴んだ練習法を取っているのか結構中途半端にEtudeは終了し、心残りな部分が多いですが、たまに綺麗な曲を弾くと遣り甲斐があります。今週与えられた宿題にはまだ手をつけておらず今ごろ焦って来ました・・・。(多少Give upを感じながら諦めきれず)ドッツァー26番他、Scale:A,A♭,B♭,C,E,E♭,Fmajor・A,G,C,Dminor,Arppegio、その他数曲を併せて宿題を頂き、週一でレッスンに行ってます。・・・さすがに苦しいものがあります。その他室内楽、オーケストラに参加し、何が仕事なのか分からなくなりました。またプログを楽しみにしております。

ナナさん、コメントありがとうございます!
というか、読んでびっくりしてしまいました。
2年で、それに仕事をしながらなのにかなりの
上達っぷり。すごい!
室内楽やオケに参加した方が上手くなるんかな?
楽しそうだし、やってみたいけど、あまりの下手さに他の人が迷惑するんじゃ・・・と考えてしまって未だに参加できずにいます。

ま、練習もブログもボチボチやっていきますので
アドバイス等あればお願いしますね!

こちらこそ有難うございます。同じ楽器を持つ方がどんな練習をなさっているかとても興味があります。私の場合、先生が外国人ですので、日本の方が丁寧に基本をしっかりと教えてらっしゃるのである意味、教科書通りの形に拘らず、良いところ掴みな感じで教えて頂き、貴重な経験ですが、反面自分で考えなければいけないことも多々あり、先生のコンサートに行って見よう見真似で格好を整えていき、またオケやアンサンブルに参加することで上級者の横に座り(怖いですが・・)音程や技を取得するように心がけています。

オケやアンサンブルへは是非参加されて下さい!楽しいですよ!パート内での知り合いが増えるし、他の楽器との共鳴感、一人じゃ味わえないことをたくさん学べますよ。次回の室内楽ではVc八重奏も企画されています。自分達でつくるのも大変ですが、遣り甲斐はあります。是非たくさん参加されて楽しまれて下さいね。

先生が外国人ってことは、ナナさん外国に住んでおられるのかしら?
しかし、先生によって教え方が様々なんですね。私の先生は音大を出て何年かしか経たない若い先生なので、基本に忠実に教えておられるのかもしれません。

他のレイトスターターの方達がどんなレッスンを受けておられるのか非常に興味があるので、またナナさんのレッスン状況なども教えて貰えると練習の励みになります。

それに、オケやアンサンブル。やってみたいなぁ~。まずは私の住む町にそのようなものがあるのかどうか、調べてみなくては!

何度も投稿すみません・・・。ここは赤道直下の国です。私の先生は幼い頃からヨーロッパの音楽学校や大学に通い、マスタ過程終了後、ここにてプロとしてオケや室内楽、先生等活躍されております。私はここで日本人の先生に習っていたのですが、開放弦を習ってる最中、突然の彼女の帰国にあたり今の先生を紹介頂きました。同時にウェルナーも頂いてたのですが、やはりやり方が違うのですね、フランスでしか発行されていない教本で基本を学び、ドッツァーや先生のお気に入り曲をやっています。

レッスン状況は・・・結構難しいです。(ド)に関して私は最近結構give up!迄ひいひい言ってる為「数行でよい」と言ってくれていますが、先生は初見力、速度、音感の向上を大切にされているので(私が出来ないから)その後は絶対「その先もやって」という期待も含まれています。ちょっとした小曲も作曲家が望んでる音楽性を問われるようになった為、勉強にはなってます。自分をどう向上させていくかが問題ですね・・・。将来的にフォーレのエレジーや綺麗な曲を見てもらいたいです。

オケは見つかりましたか?日本のオケは参加費がいるみたいですね、その価値はあるかもしれません。また教えて下さい。
こちらはオケ本番の仕上げと、室内楽の練習が週末から始まり、また週末チェロに捧げる毎日がきそうです。(前回のチェロコンは昼から夜中までみんなで練習してました・・・非常に疲れました)でも楽しいので是非是非!!

コメント、とっても嬉しいです。
ナナさんは赤道直下の国にお住まいなんですか。
どこなんだろう??暑いんだろうなぁ~

フォーレのエレジーいいですよねー。
私もいつか弾きたい曲リストの中にあげてます。
まだ弾けないのに楽譜も買っちゃいました!
あとフォーレだったら「夢のあとに」とかも弾きたいなぁ~

オケの方はまだ見つかってないです。
でも私の住んでる滋賀にも幾つか市民オーケストラのようなものがあるらしいので、練習を見に行ってみようかな?たぶん、参加費はどこでもいるでしょうね。そちらはないんですか?練習会場にお金がかからないんでしょうか?
うらやましい限りです。


実は日本の夏より涼しい?国なんですよ。といっても今年の日本は異常でしたね。昼間は暑すぎて動けなかった・・・。

バッハの無伴奏もいつか弾いて見たいけど、(いきなり6番とかからやりたい!)先生に言わせると彼の中でもバッハは特別らしく「・・・まだだ」と低い声で言われてしまってがく~ん。コソ練でもしようと楽譜を購入してみたものの、まだやってない。。まだ一つの音に対しても自信がないので夢にしときます。

日本では通常オケに参加する時って年会費や出演料とか(何万単位!?)を支払う必要ありますよね、、オケの運営費や施設料等必要なんでしょうが、私もそれを知ったのってつい最近で日本に帰国したらお財布と相談しないといけないかもしれません(泣)私が所属しているオケは政府傘下の自治会の一部として成り立ってるみたいで個人が出す費用はありません。(来て貰っている人へはちゃんと報酬があるみたいですが)毎回大きなホールで演奏できとても嬉しいのですが、売上は政府経由で国内や国外への寄付金として流れているみたいです。ただ、日本人だけで構成されている別の組織の団体、室内楽は当然運営費(等)が必要なので出演者が支払うことになっています。

7月に香港の大手銀行が主催するコンサートに招かれた時に銀行スポンサーでジュリアード音楽院に通う14歳位の女の子のピアノ発表会があったのですが、その時ピアノの伴奏としてうちらのオケが呼ばれ、ちょっとだけ弾いたのですが、その時は一人づつ、出演料を頂きました。最初で最後の一回きり報酬でしたのでちゃんと貯金しましたよ。なによりプロオケが演奏しているホールに立てたことが嬉しかったです。

お久しぶりです!ナナさん
今日も暑すぎて…なんとかして欲しいです。

ナナさんの国の環境、すごくいいですよね。読むたびに驚かされます。政府の傘下にあるオケに習って間もない人が入れるのって凄い。入るためにオーディションとかあったんでしょうか?かなり興味深々です。

ちょっと前の日記にバッハの無伴奏チェロを密かに練習!とか書いたんですが、やはり難しくて全く弾けません。今の自分に出来る練習をコツコツやっていくしか弾けるようになる道はないんでしょうねぇ~

しかし、ナナさんと言い、他のブログの方といい、めちゃめちゃ上達が早いような気がするんですよねー。ちょっと焦ってきました。

シンガポールは本日32度でした。笑 夜になると涼しいですよ。扇風機が不用です。

バッハのコソ練頑張って下さいね。私は購入したものの他の楽譜に埋まってどこに行ってしまったやら…。う~ん、やっぱり始めてからグンと上手くなる人はそうそういないと思います、私は音感が酷く悪く、人が学ぶ道をかなり遠回りして直しているような気がします。焦らず地道にこつこつ練習して下さいね。要は楽しむこと!をオケや室内楽で学びました。

ウチのオケは実はオーディションあるのですが、人数が足りないため(でもチェロは今15人はいますが)内部の人の招待で顔パスというので適当に出入りできます。日本のオケはほとんどオーディションとかありそうですね。。。またどんな様子なのか教えて下さいね。

32度ですかぁ。そっちの方が暑いなぁ。
そういえば昔シンガポールに行ったとき、脳みそが溶け出しそうな程暑かったような記憶が…

私も音感が悪いんですよね~。平気で半音下の音を弾いてたりするんで、先生に呆れられてますね~。そうですね、焦らず練習します。(コソ練も)

あ、そうそう
先週末から室内楽の練習開始だったんですよね!どうでした?

夜は布団かぶらないと寒い位です。日本の夏のような暑さの方が参ります・・。

今週末オケの本番です。レッスンの課題より非常に気になり、全部弾けるようにmake upしています。

室内楽のVcアンサンブル。選曲が決まり、練習に入りました。リーダーの方の指導は厳しい!7人チェロ(本番は8人です)が集まればそれだけで嬉しいですね。音程とレベルの違いが明確に出てくるのでこちらは練習と努力でカバーです。

メイン曲(指揮者付き)の「小組曲」は綺麗な曲でした。初見で弾いたにも関わらずまぁまぁできたので練習していけば弾けるようになると思います。ちょっとした小技が要求されますね・・・。

アンサンブル、リーダーの方の指導が厳しいなんて…私なら緊張しすぎて弾け無さそう。
それに、それに今週末本番なんですか!
近かったら是非とも聞きに行くのに~
かなり残念です。

でもでも、頑張ってくださいね!

私のオケ探し、暗礁に乗り上げてる。
私を取り巻く環境が来年ガラリと変わりそうなので、オケに入るのに二の足を踏んでます。
やりたいのに、やれない。

でも、ただ勇気が無いだけかも。

先生から「音色が綺麗」って誉められたんですね~!誉められるとすごく嬉しくなりません?それで頑張ろうって意欲的になれますよね!私もこの前「もうBeginnerじゃない」って言われて嬉しかった・・・。(ちょっと感動)

そうなんです。今週末本番なんですよ~。フランス作曲家を中心に、ビゼー「アルルの女 組曲1&2」ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」サンサーンス「ピアノコンチェルト5番」。衣装の裾直しがぎりぎりで冷や汗かきました。
来月には室内楽の本番です。。。明日のリハもまた集中攻撃されないよう練習せねば・・。

先を見据えてオケ入り迷ってらっしゃるんですね。もし可能なら、見学だけでもされてはどうですか?本番だけが目標ではないですし。。私、去年の今ごろ初めてオケにジョインしたんですが、まったく弾けず(みんなと合わせる事を知らなかったから)一回、やめたんです。でも今年の初め室内楽内部の人の強い勧めもあり、無理やり参加したんです。曲自体もチャイコフスキーばかりで超難しかったですが、毎日練習して(先生が海外演奏に出てたので一ヶ月間レッスンはお休みでした)頑張ったらみんなと打ち解けてすごく楽しかったです。

ぜひぜひ♪笑

いくつになっても褒められるのは嬉しいですよね~。
毎回、どんなにヒドイ出来でも何か探して褒めようとしてくれる先生なので、今まで続いたのかもしれないなぁ。ナナさんの先生の「もうBeginnerじゃない」も言われたら泣けてくる褒め言葉ですよね。早く私もそう言われたい!

で、本番は明日でしょうか?
実は、ブログには載せてなかったんですが、5月にちょっとだけオケで演奏させてもらいまして、その時にビゼーの「カルメン組曲」と「アルルの女」のファランドールを演奏しました。だから「アルルの女」には少々思いいれがありまして…

その時は音大生とチェロの先生達に囲まれて弾いたので、かなり刺激になったけど、その反面全く弾けない自分が情けなかった。練習しよー!と深く心に誓いましたね~
ま、私の話は置いといて・・・

演奏会、楽しんで来てください!


誉めの一言は本当に心強いですよね。ヤバイ時はすごい顔を歪ませますが、笑 年に一度位誉められればやってよかったと思います。がんばりましょーね!

「アルルの女」のファランドール演奏したんですか?最後のフレーズ、速すぎて指が回らないんですよー。組曲1ではチェロのソロ(すごいハイポジ)も出てくるので弾いてても感動する位綺麗です。

あぁ今日はチェロアンサンブルの練習でした。みっちり集中攻撃され、憂鬱な気分で帰宅しました。リーダーがすごい怖いんですよ。っていうか私の練習不足も音程の悪さもいけないのですが、その悪さを知って練習に参加するのもなんだか気持ちが沈みます・・・。すみません。

前の室内楽時点でも、今のレベルを知ってる先生と知りながらもう一歩先へと導いてくれるリーダーとの違いに悩み、自分を責めて、挙句の果てに先生のレッスンに行ったときに耐えきれず泣いてしまったことがありました。(恥ずかしい…)先生は「そんなヤツのこと信じるな。(私)を導いている人間がいるのだから、他の者から違うことを学べば混乱するのは当たり前」と励まして下さりました。まぁその時はこんなレベルでアンサンブルに参加するのは無理かなと思ったけど、学ぶことも多々あります。うーん、色々難しいですねえー。

演奏会、どーでした?

そういえば「アルルの女」のファランドールの最後って、凄いことになってましたよね。それを弾くのは無理だろうと言うことで、私だけコントラバスのパートを弾いてましたけど。(ちょっと無念だった)

ま、あのオケの後から真面目に練習をするようになったので、得るものは大きかったのかなと思ってます。ドッツァーでフーフー言ってるぐらいじゃまだ他の人とのアンサンブルは夢のまた夢なのかも。

しかし、ナナさんの先生ってカッコイイ。惚れてしまいそうです。ナナさんも怖いリーダーに立ち向かって行ってるし!すごいよ~

私も頑張らなくては!


今回の演奏会では2プルのインに座ることができて指揮者がよく見えて嬉しかったです。後ろのOUTなんかで弾くと見えない。ベルリオーズの謝肉祭、一生懸命練習した甲斐がありました。スピードについていけた。「アルルの女」は全譜面は簡単なのですが早いので走らなければすごいエキサイトして楽しいです。アンコールで間奏曲とファランドールを再演しました。もう最高!!気持ちが良かった。

ドッツァーはエチュードですのでまたアンサンブルとは異なる感覚です。意外と夢でないですよ。初心者の方も今度のアンサンブルでカルテットを組みますし。

あぁもう、怖いリーダー超いや。また今週末練習が・・・。すごい入れ込みようです。

次回オケの本番は11/1です。韓国のアマオケとの交換プログラムで指揮者と数人のオケメンバーがうちに入ります。曲はショパンのピアノとソプラノ付き。非常にまた苦労します。。

気持ちよく弾けたのかぁ~

今、ナナさんが演奏会で演奏した曲で、唯一持っていた「アルルの女」のCDを聞きながら書いてます。ベルリオーズの曲も聴いてみたいなぁ。CD借りてこよ。

来月から月1回本番なんですね。超多忙~
怖いリーダに負けるな!

ほんっと、羨ましくなってきた。

大きなステージに3,4回立つと(どきどきしますが)大分慣れてきて気持ち良く弾けます♪ただ音程には気をつけないといけませんね…こればっかりは練習でカバーです。

アルルの女聞いてるんですね。なかなか演奏し甲斐があります。全体的に綺麗ですから。ベルリオーズには苦しまされた!

もう来年の2月(ドヴォルザーク8番、シュトラウス、あと一つ)、5月(モーツァルト)の予定まで入っています。2月には試験があるんでやばいですねー・・、焦 

ドッツァー5番、6番、ちらっとやったものをさらってみましたが難しいですねぇ。Allegroでは弾けないです。。あの時、先生に「もっと強い音を出して弾け」と何回も言われて、どうやって音を出していいか分からず、手首の腱鞘炎起こしそうな程痛かった記憶があります。その時室内楽でカノンの伴奏を引き受けちゃっててすごく焦りました。2,3日全く練習しなかったです。。苦しいですね、ドッツァー。

ひぇ~来年の予定まで決まってるんですかっ!

ナナさんって働きながらチェロを弾いてるとの事だったけど、練習大変なんじゃないですか?私は仕事から帰った後に少し練習するくらいなので、スケールと練習曲だけでもう手一杯。

そんなにコンサートが続いたら、曲をみる時間も大変だろうなぁ~と想像してるんですが。やればできちゃうもんなんでしょうか?

あ、それからドッツァーの話
私は先生から「音が大きすぎ、強すぎ」という指摘を受けます。パワーが有り余ってるんでしょうか~ははは。でも、さすがに6番はヘロヘロの音になりますね。今日も筋肉痛です。

はは。筋肉痛。私も結構筋肉がついたような気がします。何時間ほど練習されているんですか?仕事が終わって練習すると本当に疲れるんですよね、最初のスケール練習でもうくたくた。それから気力を整えて、練習します。最近はおっしゃる通り、室内楽や11月に控えたオケ本番、レッスンの課題曲でアップアップしてます。オケの曲は長いですが、本番まで2,3ヶ月ありますので、ポイントを絞って練習または週一回のオケ練で集中大にして練習、、体力と集中力がポイントです。室内楽関連はいい加減になってしまうのもありますが、仕方ないです。

手加減ナシのリーダー(社会人男性)を見返してやる為に、笑 「主婦こそ練」「OLこそ練」隊を組みひそかに動いています。OLの方は金曜日決行です。会社に楽器持っていかなきゃ。。

何時間って程はやってないです.
日々の練習は1時間未満です。なんせパワーが有り余ってるんで(笑)音がね…近所の事を考えて夜は練習を控えてます。あ、でもたまーに夜中にピアノでチェロの楽譜を弾いてみたりして、正しい音程を確認したりします。効果の程は良く分かんないんですが…

一人で練習するより、オケ錬に出た方がいいかもしれないですね。そういえば私も全く練習せずにオケ錬に参加してたかも。
「主婦&OLコソ錬」でリーダーをギャフンと言わせちゃってくださいね~

平日に家の掃除して週末ずっと家にいないなんて寂しい…。どこも防音のことは気になりますね、結構私は練習してるかも。人の家でも12時までカルテットとか色々演奏宴会等してやり過ぎですがね。一時帰国した時にチェロに触れないのでピアノ弾きまくって帰ってきたときはさすがにやばかったです。ピアノ一人で弾いてるとやっぱり分からない。すごく音程悪いのかと自責した位。

私と同じ位攻撃を受けている主婦が「先生と言ってること違う」と対抗法を取ろうとしています。室内楽のパンフのチェロアンサンブルの原稿を必死で考えている私はこのエントリーが無くならないことを祈るのみです。(せっかくの原稿が…)彼女の先生と対抗させたいみたい。あぁあもう。。

海外だからかなー。苦情が来てないって事は大丈夫なんだろうなぁ。私の方は近所からは苦情は来てないんだけど、家族から苦情が出るので気をつかってます。ピアノの音は大丈夫なんだけど、チェロの音は低いからかな?よく響くらしいです。

それから、そのリーダーの話。
彼が何を言って問題になってるのか知りたいなぁ~

ここは法にもあるように10時以降に近所迷惑になるような音を出すと処罰にあたいしますので要注意です。私は大体何もなければ8時~10時、11時頃に練習終えますが近所から苦情はないです。でも内心はらはらしてる、実は。でも10時以降の練習はmuteをつけ、タオルを巻きroundyな音が出る弓に切り替えうるさくない曲を練習します。

私は何を言われても必死で乗り越えようとするんですが(その人も心を鬼にして言って下さると思って)別の方は人格を拒否されたような口調、とかっかしてます。「申し訳ないけど、そんな弾き方するんだったら最初からやり直した方が良い」とか。。バッハに対する思いがすごく強いので無意識にこうありたいという理想が大きいのでしょうね、なんとか仕上げたいという気持ちに私たちは答えたいと思います。そうじゃなきゃ今までのみんなの苦労が。。。

そういえば、ゴミを路上に捨てただけで罰金とか学校で習ったような気が。私も以前、夜の練習に「ULTRA USA」っていう名前の
駒にパコッとかぶせて使うゴムタイプのミュートを使ってましたが、それを使うと楽器が全く鳴らなくなってしまい先生から使用禁止令を出されてしまいました。それ以来、夜の練習はしてないんです。

しかしナナさん、すごく練習してるんですねー
またまた反省してしまいました。

それで例のリーダーなんですが、言い方が中学校の時にいた部活の先生にそっくり。多分、その言い方で発奮させようと思ってるのだと思うけど相手は大人なんだしね~
よく考えたらもう本番まで1ヶ月切ってるんですよね。楽しく演奏できるように祈るばかりです。


ミュート使ってもすごい音が出て近所に恐縮してしまい、誰とも顔を合わせられない・・笑 

今、レッスンでは全スケールを課題とされているんですが、全てを練習すると1,2時間になっちゃう。この前のレッスンでは音程悪い上に「ドッツァー今日は勘弁して下さい」(一週間で速く弾けるわけないわ~)とお願いしてしまいました。時間かかりますが、アンサンブルの練習でも指摘された通り、音程確認を怠らないようにしようと思います。

昨日ショスタコビッチのチェロコンチェルトの伴奏を遊びでオケでやりました。リズムが途中途中変るので難しいですが、合えばすごく美しい曲です。でも、これは遊びで弾いただけです。ちょっと残念。

全スケールを…短調・長調全てですか?
それって、レッスンに行ったら「今日はGdurとCmoll弾いて」とか言われるんですか?うわーっそんなん緊張する~

それから音程の話なんですが、私の先生が先週のレッスンの中にこんな事を言ってました「その音を頭の中にイメージすれば指が正しい音程の場所に自然と行くはず。もうそれができる時期に来てるんやから~」と。そういえば、ピアノでスケールや曲を何度か弾いてからチェロを弾くと音程がピッタリ合うような気が…
イメージする事は曲を作る上で大切らしいです。

ショスタコビッチのチェロコンチェルトって聴いた事ないな。ナナさんのコメントで色々な曲を知れるので読んでると楽しいです。あ、でもまだベルリオーズ聴いてないや。ごめん。

あー、ナナさんもブログ作れば良いのに~

はい。全スケール・アルペジオ等、短調・長調合わせて課題です。「C major」「A minor」延々続きマス。先生の顔が歪んだのは昨日です。その後3つの課題曲とドッツァーです。音程のアドバイスもありがとう。役に立ちます。確かにイメージトレーニング大事です。ソルフェージュで音階を確かめてもいいかも~と思いました。何回も何回も一ポジの位置を視覚、聴覚の点から学ぶように前の先生から言われました。基本に戻ります。

この前のコンサートのDVD見たんですが(素人が撮ったやつ)チェロパートあまり写されていませんでしたが、音は綺麗に低音、鳴っていました。素敵ですね。ソロを弾く時はちゃんとうつってたけど。業者からの仕上がりが楽しみです。笑(自分がどう弾いているか研究できるんですよね)

ショスタコ、いいですよ~。「こがねむしー♪」みたいな旋律(歌) 低音バージョン最高です。これはチェリストの夢です。チェロの軽快さとリズミックな部分が印象的でした。
ベルリオーズよりお勧めです。綺麗ですけどね。
ブルグよりこうやってお話できる方が楽しい♪

先輩チェリスト ナナさんにアドバイスするなんて・・・すみません。多分そんな事分かりきった事ですよねー

スケールとアルペジオを平行調共々弾くんですね~。なんだか本格的だなぁ。全部覚えとかないといけないんですね。私の場合スケールは2オクターブまでなんですが、やっぱり3オクターブまで弾いちゃうんですか?レベルが違うなぁ~

この前のコンサートのチェック、ちゃんとしてるんだ。私、自分の出たステージのCDやDVDをもらうんだけど、振り返る自信がないから見ないんですよね~。ちゃんと自分を見つめないから成長しないんだろうな。

ショスタコのチェロコン聴いてみます~
amazonで注文しよ~

先輩だなんて言わないで~ どんどんアドバイス下さい~焦 この全種類のスケール練習は1ヶ月前から始めたのでふっと忘れることありますが、着々と暗譜できているので後は音程をちゃんと取る事が課題です。ivyさんがおっしゃって下さったイメージトレーニング、やってみましたがなかなか効果的でした。次の音をイメージするって大切なんですね。(スケールは2オクターブで、C majorだけ3オクターブです)その後に曲を弾くと音程がしっかりします。今週からドッツァー、テンポを上げて練習してます。全体に要する時間から、30分しかできないので集中練習です。

DVDは自分の弾く姿を見せてくれます。私は特に弓の弾き方を1年前から研究しており、DVDは悪い癖を見つけ自分に認識させてくれます。自分の音を聞くのは怖いけど、たま~に録音します。(本番前は絶対やらない)これこそ厳しい先生です。

全調のスケールは小さい頃にピアノのレッスンで覚えたはずなんですが、指が覚えてるだけで、頭で覚えてないから使えない~。私もそんな全調をチェロで弾く頃がやってくるのかなぁ~

全く話は変わるんですが、ナナさんのレッスン時間ってどれくらいなんですか?1時間くらい?私の先生のレッスンは30分で終了なんですよね~。だからドッツァーとスケールしか出来ないんです。先生はとてもいい人なんですが、唯一このレッスン時間だけが不満。

それから、自分の音ってどうやって録音してます?私も自分の演奏を録音したいんだけど、最近録音をする機器が身近に無くって…
買おうかな?なんて思ってるんですよね~

ピアノではじゃんじゃん弾けるのにチェロでは弾けず、、なんてことよくありますよ。全音階を長調・短調合わせて弾くとなかなか効果的です。時間があれば弾いてみてもいいのでは?

ちなみにおいくらのレッスンなんですか?(興味津津)30分じゃちょっと物足りないのではないですか?私のは45分で4千円位です。一時間でお願いすると5千円強です。私は毎週末行ってるので45分で充分ですが、(結構お金飛んでいくから、、)見てもらってるのがスケール、ドッツァー、3つの課題曲+他愛のない話で1時間超えます。次の子が待ってる時は45分で終わりますが、いない時は無料で10分程プラスで教えてくれます。この先生のレッスンはまだ安い方なんです、もっと名前の広い方だと一回/1万円は軽く飛んでいきます。。教室は安い(1千円位)ですが、音大を卒業していない方が教えてるとかで(音程さえ取れない)まちまちです。

自分の音は安いカセットレコーダーですよ。昨日ちょっとやってみましたが、ずれているところがばっちり把握できて(すごくイヤですが)、もうちょっとvibratoかけなきゃなーとか小節間をつなげなきゃなーとか分かって良いです。ドッツァーはさすがに取れません・・・。弾く気失せそう。

私のレッスンは10回分前払いで3万ちょっとです。だから30分で3000円位かな。海外と相場は同じなのかな。でもナナさんの先生、演奏会で海外とか行かれてるんで、もっとレッスン代高いのかと思ってました。それから、1000円っての凄いですね。どんなレッスンなんだろ?
また、レッスン会場を借りてるので、延長は殆どナシ。始めたばっかりの時は、この30分が物凄く長く感じたけど、今は物足りない。うーん、一度先生に話してみようかな。

あ、カセットレコーダーって最近見ないですよね。でも、家のどっかにあったような。次の連休に家宅捜索だ!できればデジタル録音とかして、いつかはこのブログに!!とか思うけど、デジタル録音の仕方もわかんないし、チェロの腕もなぁ~


30分3千円って高いような気がしますがピアノ習ってた時もその位だったかな。レッスン料に関してはウチの先生は比較的安めです、交渉も可能です。但し、演奏・Teaching共にプロとして活動されているので、学生を何人も抱えており、土曜日・日曜日等は「I'm dead!」と時々目の下にクマをつくって叫んでいます。自分と合う時間を確保するのが大変で、合わず別の先生を探している方も多いですね・・・。日本でプロに習うことってなかなか難しそう、、1000円のレッスンは会社務めの方がバイトでやってたり、violinやってる方がcello教えたり、なんか習う方も大丈夫かなぁという感じです。

カセットレコーダー安いですからね。(私のじゃないけど)あるモノで音程修正できるので・・・。

他に比較をする人もいなかったので、良く分からなかったんですが、やっぱり高いのかな?でも考え様によっては、それだけのレッスンを先生から受ければ良い訳やしね~。ま、レッスン時間の件は追々先生に話してみよう。

それから、今日CDのワゴンセールをやってたんやけど、そこでショスタコーヴィチのチェロ協奏曲発見!早速購入しちゃったんやけど、第1番変ホ長調 作品107、この間のはコレですか?

また管弦楽の練習日ですね~
がんばってきてね~

うーん、何時間あっても満足しないかも。笑 レッスン場の関係で30分というのは仕方ないですが、練習曲が増えたら足りないと思います。それを上手く調節するのは自分の練習と先生の教え方によると思いますが。効率的に私も時間を使いたいです。なんせバス2本乗り継いで(15分の歩きは別)1時間かけていきますからね。。先生の家が森の中に引越しされた為、遠くなったのです。。

今日は室内楽もチェロアンサンブルの練習もお休み♪夕方から久しぶりに友達と出かけます。うるうる・・久々の休息。明日からはまた楽器のお供ですが。

ショスタコは交響曲15曲。弦楽奏曲4曲作曲しています。どれも最高です。Vc協奏曲は多分それかも。笑 チェロとコンバス伴奏のpizzがなんとも言えない、それと2楽章の低音の響きが美しい。(合えばね)
また感想教えて下さい。

1時間もかけて行ってるんですか!?
意気込みが違います。私なんて車で10分ですから。でも、森の中の家って憧れるなぁ。そこでチェロを弾けるなんて、いいなぁ~

ショスタコーヴィチの聴きました!
今まで交響曲第5番と祝典序曲ぐらいしか聴いたことがなかったので、私には難解なメロディーでした。「こがねむし~」っていうフレーズが聞こえてこなかったので、ナナさんが言っていたのは第2番の方かな?と思ってたんです。

今、チェリスト ロストロポーヴィチの本を読んでるんですけど、このチェロ協奏曲は彼の為に書かれた曲なんですってねー。この本の中にそのエピソードが出てきたので、うぉーーっと思っていた所です。

束の間の休日、楽しめました?
今日はチェロのレッスンに行ってる日かな?

ロストロボーヴィッチの本、私も読んでみたいー。Amazonで頼もうかな。曲の解説見てみたい、そしたら多少は弾いている曲が何か分かるかもしれないです。ショスタコは2番だったかな、すみません、遊び程度で弾いて楽譜を回収されたのでよく見てませんでした…。しばらく先生のコンサートの方もチェロコンチェルトない・・。昨日は久々にコンサートへ行き、マーラーの交響曲「悲劇的」を見にいきました。とても難曲で弾いている先生すらよく曲を理解できていないとおっしゃられてましたが、完璧に弾きこなしてたので満足そうでした。

森の中っていいですよね、閑静な所をお選びになったと思いますが、バスが通ってないので結構大変です。車があったら便利ですね!
ドッツァー、32番に飛びました。比較的優しいですが、エネルギッシュに、音程を正確に弾くことが要求されています。今週もハードだなぁ!オケはやけにチェロが多かったわりに(バイオリン3,4人のみ)リズムと音程がみんなバラバラでちょっと心配です。笑
ivyさんの週末はどうでした?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/5598429

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み最終日:

« たらこキューピー | トップページ | 宣言どおり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30