« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の20件の記事

2005年9月29日

本日のレッスン

阪神タイガース優勝したんだってね~
なんだか今回、盛り上がりに欠けるような気がするけど
私の周りだけなんやろか???

さて、今日のチェロのレッスンは

○F durのスケール
わーい!OKになりました!
ただし、弦を押さえる指の力を入れる方向がマズイらしい。
自分の方に向かって押さえなきゃならないのに
左ひじ側に向かって押さえてるらしい。
直さなきゃ!

次はB dur.ハイポジションが出てくるようなのでワクワク

○ドッツァー6番
左手と右手のタイミングが悪いらしい。
要するに次の音への準備が出来てないようだ
それと音の流れを意識して弾く事。
最後のアクセントは左手でアクセントをつけるつもりで!

○ドッツァー7番
全弓でスタッカートを弾く練習
弓元から弓先まで(また反対も)同じ重さを乗せて太い音で一気に弾くこと。うーん、これ難しい。

来週はお休みなので、次に2つともあがるように練習しよう。

今日先生から、何かクラシックの曲を1曲しようか~と言われる。
チェロを勉強する人なら必ず弾く曲らしいんやけど
何の曲なんやろ?2週間後が楽しみやわ。

2005年9月28日

がってん!

美肌の為に豆乳を飲み続けること4週間。
特に効果という効果は感じられない。


今日、NHKの「ためしてがってん!」で豆乳を取り上げるようだったので、見なきゃだめだろーと見てみる。

しかし・・・
私の思ってた”ダイエット”や”美肌”効果については殆ど効果が無いそう。豆乳を飲むとお通じが良くなるそうなので、それで美肌やダイエットの効果もでるのかな?と勝手に結論づけ。

でも、豆乳がだんだん美味しく感じられてきたし続けよう。

VFSH0058今日飲んだ豆乳はコレ

フジッコ 黒豆入り調整豆乳(価格不明)

大豆イソフラボン 65mg
イソフラボンとアントシアニンが入ってるらしい。一体アントシアニンって何や?目が良くなるのか。それはいい
味は星★★★★ぐらい。黒豆入り好き。

2005年9月26日

豆乳3連発!

豆乳3本立て続けに飲んでみました~

VFSH0053フジッコ「健康黒豆豆乳飲料」(価格92円)
大豆イソフラボン40mg
豆乳にしては高めの価格設定。
骨の健康に気になる方に適した飲料だそう。味はかなり美味しい。黒豆の風味が生かされてる。
星★★★★★ぐらいあげてもいい。ウマイ!

VFSH0054SOYAFARM「まめまめオーレ コーヒー」(価格88円)
大豆イソフラボン18mg
職場の友達からSOYAFARMの豆乳が美味しいと聴き普通の豆乳を探し回るが、これしか見つけられず購入。宮根誠司がまめまめラジオで語った物語を商品化!?一体、宮根誠司ってダレ?
星★★★★くらいの美味しさ。豆乳って感じが全くしない

VFSH0055紀文「豆乳飲料 バナナ」(価格70円)
大豆イソフラボン40mg
ビタミンEや大豆レシチン、イソフラボンを含み、バナナをブレンドした健康飲料らしい。これだけ”植物性たんぱく飲料”となってるのはなぜ?
星★。人工的なバナナの風味がどうしても私はダメ。

はぁ~、やっぱり味つきより普通の豆乳がおいしい

2005年9月25日

今日の練習 ③

今日の練習は以下の通り。

・F durのスケール
最近、弾き方が雑になってきたとの先生の指摘を受けた。
音量をPで弾いて練習するようにという事だったので練習してみる。

・ドッツァー6番
移弦を素早く行う練習をする。
それから、曲の練習へ・・・


そうそう
物置で「カセットデッキ」を捜索していたら、物凄く昔に使っていたのが出てきた。この間、ナナさんに教えてもらった”録音練習”をする為に探してたので、早速やってみる。ドッツァー5番で録音。
ドキドキしながら聴いてみると、自分で思っていた以上に曲が重い。音程も微妙。

この微妙な音程の曲をいつも聴かされている先生って大変だぁ~

この練習法、面白いデス。

2005年9月24日

SHINOBI

本当は疲れ果ててたので家から出たくなかったんだけど
友達のせっかくの誘いだし、映画を見に行った。

mo3595_main本日の映画は「SHINOBI」。
主演:仲間由紀江・オダギリジョー

運命的な出会いをし、愛し合いながらも戦わなくてはいけない男女の忍びの姿を描く。
映像は物凄く綺麗だし、ストーリーは簡単でオダギリジョーもカッコイイんだけど・・・。でも何か物足りない・・・。
物足りない物足りないと思ってるうちに、佳境に入ってバタバタ人が死んでいく。私は誰かが亡くなるシーンで必ず涙が出ちゃう性質なので、最後の方は号泣してたんだけど、隣の友人は全く素状態。泣き所がどこなのか分からなかったらしい。
ま、細かい事は書きませんが、終わり方はとても良いんじゃないかなって思う。

そういえば・・・
私の家からそう遠く無い所に伊賀と甲賀の地名があり、忍者屋敷なるものがどちらにも存在するので(甲賀のは無くなったかも)あそこがこの物語の舞台なんだろうなと思うんだけど・・・。

なんだか想像できない。

2005年9月23日

昨日のレッスン

昨日は久々に仕事で疲労困憊してしまいチェロのレッスンどうしようかと思ったんだけど、とりあえず行ってみた。

○F durのスケール
ことごとくB♭の音程をはずす。
疲労困憊のせいだ。

○ドッツァー5番
さらにコレもB♭だけ音程はずしまくり。なぜだーっ!
きっと疲労困憊のせいだ。
でも、他は出来てるらしいのであげてもらった。

○ドッツァー6番
2段弾いただけで止められた。
またしても移弦が遅く、他の弦に弓が触れちゃうから
いらない音まで出てしまってる。
もう、本当に疲労のせいだ!!!

しかし、レッスンが終わってからこの間の”竹澤恭子”さん
のコンサートの話で先生と盛り上がる。
あれ?私疲労してたんじゃ???

2005年9月21日

みなさん何を使ってます?

みなさん、チェロの弦って何を使ってます??

初心者にとって、この弦選びもよく分からないんですよね~
チェロを始めて2年が経ちましたが、未だにどれが自分の楽器に合ってるのか分からない状態。


今まで使用したのは以下の3種

○ラーセン
音色は初心者が弾いても、まろやかーな音になって本当に良いと思ったんだけど値段が高額。それから初心者の私にはチューニングが難しかったような気が・・・

○ヤーガー
私の楽器は弦の張りが強いらしく、さらにヤーガーのC・G線は他のメーカーのより太いので押さえるのが大変だった。先生から即張り替えを命じられた弦。

○スピロコア
楽器を買ったときについてた弦。
金属的な音が嫌いで他のに変えたのに、貧乏なので結局コレに戻ってしまった。でも、今は結構気に入ってる。次はD・A線だけラーセンにしてみよっかなー


オケにも入らず、個人レッスンだけしか受けてない私には、こういう情報を得る機会が少ないんですよね~
でも、人に勧められた弦が自分にいいとも限らないしさ。

難しいですなぁ~


2005年9月20日

マズそうなのについ・・・

前に豆乳の事を書いてから、毎日って程ではないけど
豆乳を飲み続けてる。しかし、効果の程は良く分からない。

それで今朝、職場の生協で物凄いもんを発見!

VFSH0052「CO-OP 青汁抹茶豆乳飲料」(価格 70円)

名前からしてマズそう。
ケールの青汁に抹茶とよもぎをブレンド。体においしい豆乳飲料らしい。しかし、ケールって何よ?青汁ブレンドの豆乳ってどうよ?と思いつつ、興味深々で買ってしまう。


さて、試飲

勇気を持って一口・・・・・え?結構イケルやん。
青汁の味は全くせず、よもぎの味がする抹茶飲料でした。
星★★★って感じ。なーんだ、期待はずれ。

さ、次なる豆乳飲料を探すぞ!
(だんだん最初の趣旨を見失ってきた。)

2005年9月19日

不思議な事

今日はなーんにも書くことを思いつかなかったのでチェロケースの紹介でも・・

DSCN0181私が今年5月に買ったチェロケースがこのGEWAのIDEA。価格は82,000円。ハードケースはコレが初めてなので、使い勝手がいいのか悪いのか良く分からないです。私の先生がGEWAのIDEA LIGHTを使ってるんですが、見た目にはほぼ同じ。(頭の部分にプレートがついてる)重さはさっき計測してみたんですが、このIDEAの場合、楽器を入れた状態で9Kgでした。

DSCN0182DSCN0183

IDEA LIGHTの場合、肩の持ち手が皮なんですが、(これウソです。プラスチック製でした。)私のはゴムです。ちょっと安っぽい。(でも持ちやすい)
それから、GEWAといえばこの留め金なんですが、締めやすいのでこれはいいんじゃないかと思います。

ケースの内布は赤。情熱的な感じ。

私は特にこのケースにこだわりがあった訳ではなく、楽器屋にハードケースを見に行ったらコレが置いてたので「これでいいや~」と持って帰ってきちゃいました。

それで私が不思議に思ってた事。周りの人が持ってるチェロケースと言えば、白とか赤とかグリーンで黒を持ってる人が全くいない。黒色に何かあるんやろか?不吉なウワサとか。棺おけに似てるとか・・・もしかしたら、蓄熱しやすい色だからかな?とか思ってたんですけど、特にニスが溶ける事も無く普通に使ってます。

ま、自分が気に入ってるんだから、どーでもいいんですけど。

2005年9月18日

フランク & のだめ

今日はチェロの先生に勧められた「竹澤恭子とニューヨークの仲間達」というバイオリンのコンサートを聴きに行きました。

でも、私完全に今日のコンサートの事をなめてました。どうせそんなに席は埋まってないだろうし、ギリギリで大丈夫やわ・・・と。
実際、私はクラシックコンサートで初めて立ち見をしましたよー。それに私以外に20人以上は立ち見の人がいました。竹澤恭子って人、凄い人なんや。

それで、コンサートの曲目は以下の通り

ルクレール:2つのヴァイオリンのためのソナタ集 作品3-5ホ短調
イザイ   :無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 作品27-2イ短調
岡田加津子 :ずいずいずっころばし随意二十一変化
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 第2番
フランク  :ヴァイオリン・ソナタ イ長調

はっきり言って、始めの3曲は前のおばさんのイビキで何にも聞こえなかった。チケット代900円だし仕方ないか。
最後のフランクのヴァイオリン・ソナタ。今日の中で一番イイ。
というか、私この曲しか知らんかったんやけど。
この曲が始まったとたん、鳥肌が立ちましたね~
すごくダイナミックに演奏する方でした。

帰りの京都駅で本屋に立ち寄ったら「のだめカンタービレ13巻」が出てた。うぉーっ、と買いに走る。で、帰ろうとしたら電車が人身事故の為45分遅れ。ホームで「のだめ」を取り出し読みました。それも時折肩を震わせて。

さぞかし、周辺の人達は気味悪かった事でしょう。
あー、買って直ぐ読めて良かった~

2005年9月17日

チャーリーとチョコレート工場

久しぶりに甥っ子達が来たので映画へ

この間ジョニー・デップも来日したことだし、
「チャーリーとチョコレート工場」を観に行きました。

この映画の言わんとするところは、多分家族愛なんだろうな
と思うんだけど、チョコレート工場の中での出来事は大人の
目から見ると子供にはちょっとな・・・という感じでした。
めざましテレビの大塚さん似の小人もなんだか怖いしー

ま、甥っ子達は「おもしろかった」と言っていたけれど
どこが面白かったんだか私には全く理解不能。

あ、でも「シャイン」のノア・テイラーだったっけ?が出てたので
嬉しくなりました~


2005年9月15日

本日のレッスン

GdurのスケールはOKに。
ただし、3・4の指が弱いとまたしても言われる。
叩くように弦を押さえなさい!はじくように離しなさい。
と毎回言われるんやけど、なかなかねぇ~。難しいねぇ。

○ドッツァー5番
自信満々やったのに・・・
自分が何の和音を弾こうとしているのか、またどんな風に
和音が展開していってるのかを感じて弾くようにとのこと。
それを分からずに弾いてるから、聞いてる人に
この曲のいいところが全く伝わってこない・・と言われた。

そうやな。今は音符を追ってただ弾いてるだけやもんな。


6番予習して行ったのに、全く出番がなかった。

帰りがけに筋肉痛を和らげるストレッチを教えてもらう。
この曲を弾くと確実に二の腕が引き締まるらしい。
さらに、左手の二の腕も鍛えるとビブラートをかけた時
肉がタプタプしないからね~と先生のお言葉。

今日の先生の言葉はなかなか深かった。

2005年9月14日

美貌の果実

ものすごーく気分が落ち込んでしまってたので
気分転換に久々にマンガを読んでみた。

大昔に読んだマンガで川原 泉の「美貌の果実」がトイレのマンガ棚(うちのトイレには本棚がある)にあったので手にとって読んでみたら今読んでもむちゃくちゃ面白かった。
それに、へぇ~と思わせる知識が満載!今日の読んだ所にはマンゴーの食べ方が載ってた。

思わずトイレで読みふけってしまった。


2005年9月11日

新 シルクロード展

友達に誘われて、久々に美術館へ

兵庫県立美術館で行われている「新シルクロード展」へ行ってみました。
西安~カシュガルの方までの墓からでてきた出土品等々が展示されていたんだけど、なんだかどの展示物もユーモラスで面白かった!特に新疆ウイグル自治区のトルファン市の墓から出てきた「墓主生活図」なんて、私でも書けるような絵で昔の人に親近感が沸いてしまった。あまりにも面白い絵だったのでポストカードを買ったんだけど、うまく写真でとれなかったので、載せるのは断念。

代わりに・・・

buta05-09-11_20-14
美術館のグッズ販売コーナーでこんな七宝焼の豚を見つけてしまいました。
販売員の中国女性曰く、「豚の置物は中国ではお金が溜まると言われて、どこの家にも飾ってます。」との事だった。七宝焼も中国では災いから身をまもってくれるものらしいです。

ま、だまされたと思って部屋においときましょー

2005年9月10日

本日の練習

昼過ぎからチェロの練習を始める。

Gdurのスケール練習。
今日は音程いいかんじ♪

ドッツァー5番。
ちょっとだけテンポを上げて弾いてみた。
すると音程が最悪になってしまい、またテンポを下げる。
頭のなかに和音を響かせて弾く事と、移動する和音の
音に意識して弾くというのを先週のレッスン時に言われた
ような気がするので、そこに注意する。

6番の予習
しかし、3段弾いただけで筋肉痛。
特に力をいれて弾いてる訳じゃないのに
弓先で弾く曲なので、二の腕がプルプル痙攣。

ダンベルよりも効きそう~
(でも、右手だけー)

2005年9月 9日

リストランテ テアトリーノ

今日は仕事帰りに京都で食事。

元上司に京都市役所の近くにあるリストランテ テアトリーノに連れて行ってもらいました。

初めて行った店だったんだけど落ち着いた雰囲気で、とても美味しかったです。イタリア料理のコースって大抵メインに到達するまでに、お腹がいっぱいになってしまうんだけど、ここのコースの量は女性にはピッタリだと思います。それに、メインが子羊のソテーだったんだけど、かなりサッパリとして美味しかった!

今日こそお料理の写真を撮ろう!と思っていたのに、着いて早々スプマンテを飲んでしまい、そこらか食べるのと喋るのとに夢中になって、結局撮れずじまい。

私のブログに料理の写真が載るのはいつの日かっ!

2005年9月 8日

久々のレッスン

2週間ぶりのチェロのレッスン

あんまり練習してなかったので、冷や汗タラタラのレッスンでした。

○練習してないのにかなり自信満々だったGdurのスケール
やっぱりというか、何というか・・・やり直し。
・音程が極めて悪い
・弓を弦に乗せてから弾いてないので音の始まりが鮮明ではない。
・第1ポジション→第4ポジションに移動するとき滑るように移動できてない
・3・4の指が弱いので鍛えるように・・・との事。

○ドッツァー5番
いつも自分の好きなように弾くとテンポが走るので、今日は自分を抑え淡々と弾いてみた。コレがダメだったようで、音が全て均一になってしまい退屈な曲になってしまった。曲の流れを意識しないといけない、との事だった。

○次6番の予習
・全部弓先で弾くので、右手の力を十分抜いて人差し指に重みを乗せて弾く事。
・どの音も弓を十分弦に引っ掛けて弾くように意識する。(特に小節の頭の音)


レッスンは冷や汗ものやったけど
先生から「チェロが良く響くようになってきたねぇ。音色が綺麗」と
言われたので、ちょっと嬉しくなる。わーい!

2005年9月 6日

リヴィエラを撃て!

riviera
私、結構本を読むのが早い方で、だいたい1日で1冊くらい読めるんだけど、この本については1週間も読むのに費やしてしまった!
すごく男くさい話でMI6やCIA、IRAテロ組織なんかが出てきて、引き込まれるように読んでしまった。

しかし、しかし、しかし~

最後がなんだか不満。
アメリカ映画なんかのように華々しい終焉とかだったら気持ちが晴れたかもしれないんだけど、???の連続で・・・沢山人が死んで行ったのに、なんだかあの最後では報われないなぁ。

私の読みが浅いのかなぁ?

2005年9月 3日

無練習週間

はぁ~、今週は活動的な一週間だったなぁ~
だからチェロの練習、全く出来てません。

先週のレッスンの時に”次のレッスンは2週間後やし一発で5番を仕上げて先生を驚かせよ~”なんて腹の中で企んでたんですが、全くそんな事出来そうになさそうです。

次の5番は指が広がったり元のポジションに戻ったりかなり忙しい。上手な人って、指で正確なポジションを覚えてるのか、耳で音を覚えてるのかどっちなんだろう?

来週、先生に質問してみよ。

2005年9月 1日

マエストロおめでとう!

今日は長野県松本市にマエストロ オザワ70歳祝賀チャリティ・コンサートを聴きに来ました!
長野は涼しいかと思ってたら物凄く暑い。コンサートも暑かった〜
ロストロポーヴィチと小澤征爾がとても仲良しで、とてもうらやましかった。しかし、小澤征爾は70にはみえない!
ロストロポーヴィチのサン=サーンスのチェロ協奏曲も良かったぁ。チェロのK先生が大ファンなのも分かるわぁ。
あ、今コンサートの模様がTVに写ってる〜vfsh0053.jpeg

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30