« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の21件の記事

2005年11月30日

告白するけど・・・

あー、もう11月も終わりですね~
年を取ってからというもの、1年が早いです。
チェロを習いはじめて早2年と5ヶ月・・・
実は今日初めて告白するんですが

未だに自分の耳でのチューニングが出来ません・・・

家で練習するときはチューナーで合わせるんだけど、レッスンの時は先生がAの音をくれて、それでAを合わせて、そこから5度の重音でチューニングして行くんですが・・・
Aの音は分かるんです。でも、重音となるととたんに分かんなくて・・・

カンが良い時は、音がうねってる所から澄んだ所への変化が物凄く分かるんだけど、仕事で疲れてる時なんかは全く分からずかなり適当に合わせちゃいます。そういう時は先生に「ここらへんですかねぇ?」と自信なさげに聞いちゃうんですが、大抵「ちょっと低いです。」とか言われちゃいます。

レッスン前のチューニングのヒトトキが物凄く緊張するのです。
あぁ~、ハズカシイっ!こんなの私だけですよね?

2005年11月27日

アメフト観戦

DSCN0214今日は天気も良かったので我が立命館大学のアメリカンフットボール部パンサーズの応援へ・・・


全くルールも分からず行ってしまったので周りの雰囲気を見ながら応援。


DSCN0219
良く分からないながらも、第4クォーターで関学に10-9と追い上げられた時にはドキドキしてしまった。
結果は立命館大が関学を17-15で制し、関西学生リーグ4年連続7度目の優勝を決めた。次は甲子園ボウルか~

頑張ってほしいなぁ。次の試合までに少しはルールを勉強しておこう。

DSCN0223試合の帰りに見た西京極競技場の夕日がとても綺麗でした。紅葉も美しい~

初お料理教室体験

生まれて初めて「お料理教室」に行きました!
向かった先は京都の河原町御池にあるラ・キャリエール

oseti昨日は「おせちの基本」ってテーマで
おせち料理に入れる以下の料理を作りました。

・ぶりの酒焼き 菊花蕪
・にしん・豚肉・蓮根 三種昆布巻き
・サーモンの五色なます
・海老と野菜の袱紗蒸し
・京のお煮しめ

始め先生のデモストレーションがあって
作り方をうわーっと説明してくれ、その後実習にはいる。
先生がしてるのを見てるとすっごく簡単に見えるんだけど
実際作ってみると、結構難しくて・・・・
5人チームで作るんだけど、それにも慣れなくて
私が右往左往してるうちに、他のメンバーが作ってくれました。
助手の方々のサポートが厚く、なかなかの好印象の教室でした。
カメラを持ってくのを忘れたので、写真はラ・キャリエールから拝借。


帰りがけ、河原町御池の交差点に無料手相占いのおじいさんが立ってて

「無料か・・・」

とボーッと見てたら手招きで呼ばれてしまい、見てもらうことになった。
これから1年で3人の男性にめぐり合い、そのうちの一人と5年以内に結婚し、子供は2人できる。上は女で下は男。(どこで分かるんやろ?)83歳まで生きるとの事。
但し、浪費家なので無駄遣いをやめなさいと言われた。

浪費家の部分は当たってるなぁ~

2005年11月25日

今日のレッスン(11/24)

○As durのスケール
やりなおし。テンポを早めて練習

○ドッツァー8番
ようやく、ようやくあがりました。
但し、3の指が弱いのでテンポがそこで転びやすい事を自覚して今後練習しなさいとの厳しいお言葉つき。
しかし8番の道のりがとても長かったので、うれしいよう!

○ドッツァー9番
次の試練はコレ。今日は以下の事を指摘される。
・4拍めの音が短いのでテンポが転ぶ
・15小節~移弦が最悪→次の音への準備ができてない
・最後のスケールはもっと余裕を持って

練習方法
・テンポを一定にするために
①一音づつ弓を返して練習
②リズム練習
・移弦をスムーズに行うために
①超ゆっくりスピードで弓の角度を確かめながら練習


○BREVAL SONATA in C major
a tempo の部分から今日は見てもらう。
今日も「楽譜どおりに弾いて!」と何度も言われる。(ぐっすん)
気持ちが盛り上がってくると、楽譜を全く無視して弾いてるらしい。
かなり反省・・・

来週からは、曲を作っていく作業をするらしい。
今でも充分感情を込めて弾いてるつもりなんだけど・・・

これからどんな風に曲が変わっていくのか楽しみ。

2005年11月23日

Angela Aki

one今月、CD買いすぎです。

今日も3枚も買ってしまった!散財です。
今日買った中の1枚、アンジェラ アキの「ONE」が最高にいい!


アンジェラ アキの存在はめざましテレビで知りました。
その時は、ふーんって感じだったんだけど、
先週の土曜日、車で走ってる時にラジオから彼女の
曲が流れてきて、彼女の声と歌に感激してしまって
今日CD買ってしまったのでした。

このCDの中で、彼女が作詞・作曲してる「Rain」が心に染みたなぁ~
失恋の歌なんやけど、歌詞が自分の今にがっちり合致しちゃって聞いたとたんに泣きそうになりました。

このONEのほかにも、9月にリリースされたHOMEというシングルもあります。どちらかというと、私はONEの方がオススメです。


今日の練習⑦

本日はピアノのレッスン日。
前回のレッスンから4日しか経ってないので、ツェルニー50番に焦点を絞って練習。

今日のレッスンには19番を持って行ったんだけど、曲が美しいので、入れ込んで練習してたせいか今日で終わりになってしまった。なんだか寂しい。

ショパンのバラード1番は、33小節が特に練習した覚えもないのに、自分でもビックリするくらい綺麗に弾けるようになった。しかし、その反面56小節からのアルペジオが、この間までは特に意識せずに弾いてたのに、今日はパッタリと弾けず・・・
一応、超ゆっくりスピードで最後まで弾けるようになったけど、140小節~は要練習やな。(と言うことは、ほぼ半分は要練習)


今日は休日だったので、夕方からチェロ錬。
As durのスケールは良い感じ♪
ドッツァー8番も付点練習をいっぱいしたので、テンポが一定に。
しかし9番は弓の返しの所で曲がブチブチ切れる。
どんなけ慎重に返しても切れる。どうすりゃいいんだ??

BREVALは、in tempoになってからを重点的に練習。
自分のなかで曲のイメージができてないからか
曲の表情が全く無いような・・・
とにかく、歌おう!

2005年11月21日

遭遇

今日職場でNHKの「英語でしゃべらナイト」に出ておられる
松本アナウンサーをお見かけした。学生主催の講演会
にお招きしたようで、私はただ応接室にご案内しただけ
なんですが・・・

あの番組、結構好きで良く見てるし、松本アナも好きなので
心の中では「いつも観てますっ!」と叫んでたんだけど
仕事中だし・・・大人げないし・・・なんて考えてしまって
口には出せなかったです。
こういうの言った方がいいんですかねぇ?

ま、ご本人はウチの大学の理工系の先生でいそうな感じで
至って普通だったんですけど、なんだか嬉しくって
こんな所に書いてしまいました。

本当にいつも観てます!これからも頑張ってください!

2005年11月20日

今日の練習⑥

ネットでチェロの事について色々検索していたら、どなたが作ったページなのか分からないんですが「楽器上達の心得」と言うのが書いてあった。なるほど!と思ったのでちょっとご紹介。

「楽器上達の心得」

①目先の事しか考えない
今やってるエチュードの一小節が弾ける事だけを考える。それが弾けたらまた一小節、また一小節・・・
②たまに昔を振り返る
少し前に習った曲を弾いてみる。難しいと思っていた曲も時間が経つと簡単に思え自分が上達してる事が分かって嬉しい。
③短時間集中練習
その日の目標を決めて集中して練習する。
④急がば回れ
エチュードを地道に勉強すると後が楽。
⑤たまには背伸びをする。
自分の実力に関係なく好きな楽譜を買い込んで、時々無謀にも弾いてみる。
⑥レッスンの時は子供になろう!
先生のアドバイスは素直に聞こう!


コレに基づいて今日は練習してみた。
チェロはドッツァー8・9番を付点練習のみに重点を置き練習。
BREVALのソナタはダイナミクスのつけ方を研究。
ピアノはツェルニー50番 19番の出来ないところだけを取り出して練習。バラード1番は苦手な6ページからの右手の和音進行を練習。

このことは練習の基本中の基本なんだけど、改めてこの地道な練習が一番大切なんだって事に気づきました。
ちょっと最近焦り気味だった私。
元の位置に戻ったってかんじ・・・

2005年11月18日

もんじゃ焼き ウッキー

今日は職場のみんなともんじゃ焼きのお店ウッキー山科本店

関西ではあまりもんじゃ焼きの店というのが無かったんですが最近徐々に増えてきました。私の住む滋賀でも何軒かはあるようなんですが、良く分からないので京都の友人宅の近くの店にみんなで行くことになりました。

東京の月島で一度食べた事があったんですが、ここの店のもんじゃは東京のものよりもシャバシャバしてて固まるのが遅い!今日はウッキーもんじゃ、月島スペシャルもんじゃ、豚キムチもんじゃを食べ、その後・・・

VFSH0081”パフェもんじゃ”なるものを頼んでしまいました。
思いっきり普通のパフェっぽいものが出てきて、店員さんがそれを鉄板にドバーッとぶちまけて混ぜる混ぜる。うひゃーっとみんな引き気味でしたが、食べると森永チョコフレークの味がしてまぁまぁ美味しかったです。

みんなもんじゃを食べた事があまり無いメンバーだったので、もんじゃの味を楽しむよりも作る過程を物凄く楽しんでしまいました。

今日は一人当たり1800円。安いです。

2005年11月17日

今日のレッスン

今日のレッスンは落ち込みまくり

・As durスケール
3の指の音程が全て低い。
4の指が弱く音がはっきりしない
ポジション移動はすべるように

・ドッツァー8番
リズムが揺れ動くので付点練習
曲に曲想をつける。
最後のスケールE F#Gをはっきり出せるようにボーイングコントロールをしっかりとすること

・ドッツァー9番
スラーの切れ目で曲が切れてしまわないように
弓の圧力を意識する(低音や弓先で弾くときは弓に圧力をしっかりかける)
付点練習

・BREVAL ソナタ
とにかくフレーズ感を出して弾く事
音が大きすぎる
ダイナミクスをちゃんとつける
ソナタ形式を理解して弾く等々・・・

はぁ~
今日のレッスンもダメダメでした。
私の音は大きすぎるらしいので、小さくしようとすると
「音が抜けてる(弓に力が乗ってない)」と注意されるし
弓に力を乗せると「そんなに頑張って弾かなくていい」
と言われるし・・・・
挙句の果てに「1曲仕上げるのに半年くらいかかるもんですよ」
といわれる。

半年もか・・・
もしかしたら半年も続けられないかもしれないし、
練習方法を見直した方が良いのかもしれない。
どうすりゃいいんだぁ~~~(悩)

2005年11月15日

Ann Sally

Annsally久々にAnn SallyのCDを聴いてます。

ジャズって私の中では”夏のけだるい夜”
って感じのイメージがするんだけど
秋の夜に聴いてもなかなか良いものです。
彼女の声は独特の落ち着いた声で
とても癒されます。

今日流してるのは4月にリリースされた
Brand-New OrieansというCD。
どの曲もとても良いんだけど
私は日本語で歌われる「アフリカの月」や
「胸の振り子」が好きだなぁ~

一度でいいからライブ聴きに行きたいなぁ~

2005年11月14日

黒ネコ

DSCN0196みんな松脂って何をつかってるんだろう??

私はチェロ購入時に先生に貰ったMILLANT-DEROUXの黒ネコを使ってます。楽器屋のページに「松脂に粘度を加え柔らかい為、粉が引っ付きやすい。引っかかりが良い為、初心者にオススメ!」と書いてありました。松脂なんてみんな同じなのかと思ってたけど違うんですね~

ま、引っかかりがどうのこうのと言われても、コレしか使った事が無いので分からないんだけど、貰った時からパッケージはお気に入り!でも、今日改めてこのフタを見てみたら、この通称の由来ともなっているチェロ(?)を弾いてる猫の目が異様に怖い。


VFSH0079で、私この黒ネコを2年ばかし使ってるけど一向に減らないんですよね。
さらに何も考えずに使ってたので、一箇所だけが掘れてしまって、この間先生に見つかって大笑いされちゃいました。
こんな事になってる人、私だけやろなー

2005年11月13日

秋の昼間に・・・3日目

今日もコンサートへ・・・

やっぱり秋はコンサートが多いですねぇ~
本日のはチェロの先生が出演するようなので聴きに行ってみました。しかし、水口文化会館遠いっ!

本日のコンサートは1部が弦楽アンサンブル、2部が金管アンサンブルというものでした。
弦楽アンサンブルの曲目は以下の通り

・小さい秋みつけた 中田喜直
・協奏曲「四季」作品8より秋 ビバルディ
・弦楽セレナード スーク

昨日は大人数のオケだったけれど、今日のは
人数は少ないけれどとても音色が綺麗でした。
中でもビバルディの四季は鳥肌モノ。
アンサンブルもやってみたい。

それから金管アンサンブルもとても良かった!
アンサンブルメンバーの殆どがおじさんだったのも
面白かったし、熟練の技なのか皆さんの音が
本当に美しくアンサンブルされてました。

はぁ~、3日間それぞれ違うコンサートでしたが
どれもこれも凄く良かったです。

2005年11月12日

秋の夜長に・・・2日目

今日もコンサートに行ってきました!

本日は立命館大学交響楽団の定演だったんですが、チェロを始めてからこの交響楽団のことがとても気になってたんです。でもいつも定演に行きそびれ今回初。

本日の曲目は以下の通り
ベートーベン 劇音楽「エグモント」序曲
チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋
ブラームス 「交響曲第2番ニ長調」

今回もチェロばかり見てしまいました~
しかし、3階席だったためよく見えませんでしたが・・・
今日の曲目は「白鳥の湖」くらいしか知らなくて
不覚にもブラームスの途中で眠気に襲われ
一瞬気を失ってしまいました。

でも演奏がダメだった訳じゃありません!
あまりにも気持ちよすぎてついつい・・・
音も凄くまとまってて本当に良かったと思います。
ま、私は批評家ではないので詳しい事は
よく分かりませんが・・・

あー、私もオケやりたい。

そうそう帰りの駐車場で駐車場料金精算機に並んでたら
いろんな人に使用方法を聞かれました。
最後には外国の方にも聞かれて、英語が全くダメな私は
めちゃめちゃ困ってしまい、全ジェスチャーで説明したら
分かってたような、分かってなかったような。

語学の勉強はしておくべきですね~(反省)

2005年11月11日

秋の夜長に・・・

仕事帰りに私の勤める学校のピアノサークルのオータムコンサートに行ってみました。

今までは学生のコンサートなんて・・・
と全く見向きもしなかったんですが、2週間ほど前に
ピアノのあるホール裏の倉庫に用事があり、篭ってたら
ホール内からピアノの音が聴こえてきたんです。
これが、結構上手いんですよ~

ヘタクソな私が”上手い”と褒めても何の価値もないんやけど
ちょっと興味をそそられたので、どこのサークルが練習してた
のか調べて本日のコンサートに行ってみました。

時間の都合で2部だけしか聴けなかったんだけど
みんな結構上手いし、レベルの高い曲を弾いてました。
今日聴いた中ではプロコフィエフのピアノソナタ2番第4楽章と
シューマンの「謝肉祭」が良かったです。

みんな一生懸命に弾いてる姿を見て、自分も弾きたくなり
家に帰って早速練習してしまいました。

2005年11月 7日

とても正確

最近ショパンのエチュードにはまってます!

そのきっかけになったのが作品10-4。
そう「のだめカンタービレ」の読者ならお気づきかもしれないんですが、のだめがコンクールで適当に弾いた曲デス。本当にあんな曲を適当に弾けるのだめって凄いわぁ。

それでつい最近このCDを買ってしまいました。

ショパン 12の練習曲 作品10・25」 マウリツィオ・ポリーニ

このCDは今まで聞いたショパンのエチュードの中でいちばん正確な感じ。(自分じゃ弾いたことがないので本当に正確なのか不明やけど)amazonのコメントには「全ての音が出すぎていてうるさい」とか書かれてたんですが、私にはそこがとても心地良く、凛とした気持ちになります。

今日もこのCDを聞いて気持ちを凛とさせました!

2005年11月 6日

チャングムの誓い 第5話「変革」

今回はチェ一族出身の最高尚宮の病気が発覚し
次期最高尚宮の選出の為、陰謀が繰り広げられ
かなりドキドキしましたわ。

チェ尚宮はまだ若い為、チェ尚宮がなるまでの間
お飾りとしての最高尚宮に選ばれたのがチョン尚宮。
このチョン最高尚宮、なかなか興味深い人やわ。
あっけらかんとした性格で、無害そうな人物に見えて
何かやってくれそうで・・・

今回のチャングムもけなげで可愛いかった~
それから、カン・ドックってただの酒屋だと思ってたのに
本当は料理人だったのね~。それも祝いの席の王の
食事を作る料理人だったなんて。意外な一面発見!

次から18歳のチャングムかぁ~
なんだか予告ではまたエライ事が起こるようだったし
次はどうなるんかな~

2005年11月 4日

とうとう・・・

この2冊の本を買ってしまった!

41440713404144071359


あらすじの所はなるべく読まないようにして、写真と出演者のインタビューを見て楽しみました。ハン尚宮役のヤン・ミギョンさん、普通の格好でも美しい~

明日のストーリー少し読んでしまったけれど、待ち遠しさは変わりません!!!早く明日の夜にならないかな。

2005年11月 3日

今日のレッスン

今日のレッスンはダメダメでした。

○Es durのスケール
上手く弾けなかったけどOKに
次はAs dur

○ドッツァー8番
もっと音量を小さくするのと(もっと柔らかい音で!)
移弦の際に肘が全く移動せず手首だけで
移弦させてるので、そこを注意される。

○ドッツァー9番
スラーが切れる所でブチブチ曲が切れるので注意
音がモゴモゴした感じらしいので、左手でしっかり
叩く、はじくをする事。

○BREVALソナタ
最初の和音、最後まで勢いよく
はじまるぞー!ってな感じを出すこと。
今日は自分の好きなように弾いてしまい、先生から
「楽譜どおりに弾いて!」と何度も言われた。反省・・・
今日は途中までで終わりだったので、次は最後まで
弾いてきてと言われた。

もっとカッコよく弾きたいけど、思ったように弾けない
まだまだ練習が足りないってことか・・・
来週はレッスンが休みなので2週間で
BREVAL,がんばるとしますかーっ!

村田エフェンディ滞土録

4048735136今日は文化の日でしたっけ?

お休みなので今日一日チェロの練習をしよう!
と思ってたんですが、読み始めた本が面白く
練習をしないままに夕方になってしまいました。

久々の読書に選んだ本は下記の本

村田エフェンディ滞土録 梨木香歩

今から100年ほど前、トルコに留学した日本人留学生村田のお話。
始めは坦々と留学生活を日記風に書いてあるんだけど、そこから下宿先で出会う人達との間でどんどん話が展開し、最後はすこし泣ける・・・といった感じかなぁ。
あー、私って国語力ない。面白い本だったのに上手く文章にできない!

あらすじはいつもの如く書かないけれど、本書の中で良い言葉がいっぱいあったのでご紹介。

鸚鵡が良いタイミングで言う
「ディスケ・ガウデーレ(楽しむことを学べ)」
ギリシャ人ディミトリスが言った
「およそ人間に関わることで、私に無縁なことは一つもない」
「人は過去をなくして存在することは出来ない」

この本よりも前に「家守綺譚」という本を梨木さんは出してるんだけど、その本を読んでるとさらに面白さ倍増って感じなので、これから読もうと思ってる方は2冊まとめて買った方が良いです。

ではでは、一度もチェロに触れないまま
今からレッスンに行って来ます~

2005年11月 1日

キングスチョコレートケーキ

VFSH0074昨日職場でHさんからTOPSのキングスチョコレートケーキの差し入れをいただいた。

私はチョコレートケーキはあまり好きではないので、職場にいる人数で分けて16分の1程しか当たらないことに内心ホッとしつつ食べてみたら、めちゃめちゃウマ~い!これなら8分の1でもいいかも!チョコレートケーキというよりはナッツのケーキといった感じで、あまり甘くなくおいしい~。でもカロリー高そう~

多分自分では買わないタイプのケーキなので、食べれて幸せだぁ~
Hさん、ありがとう!

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30