« 本末転倒 | トップページ | 久々のコンサート »

2006年2月23日

今日のレッスン

実は先生が体調不良の為、今日のレッスンはお休み

私も昨日職場で力仕事をしてしまったので
腕が筋肉痛だし、お休みでちょうどよかった!
季節の変わり目だからか、体がだるいし眠い。

今日はゆっくりと休むことにして
明日からガンガン頑張ろう!

あ、そうそう
春だからブログのデザインを変えてみました。
ちょっと子供っぽいですかねぇ~

« 本末転倒 | トップページ | 久々のコンサート »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

少し長くなったので、こっちに移動
昨夜早く寝たので、今日は体調バッチリ!
仕事もやる気満々で、いつもなら1日かかってしまうものも半日で終わってしまいました。

発表会、ピアノとチェロだけですよ。(何か変な事書いたかな?)多分、そこにピアノで出られる方が私の伴奏をしてくれるようです。知らない人なのでドキドキします。

それから、リハ困りましたねぇ~
本当の事を言ったら、先生に呆れられるんでしょうか?
今週末、色々と忙しそうだけど頑張ってください!

私の方は明日ピアノの調律師が家に来るので、今日の夜にでも掃除をしなくてはっ!

このブログ、春らしくとても可愛い。蜂がぶんぶん飛んでる~笑 

発表会の曲、早く決まったらいいですねぇ、こちらもワクワクします。あと当日まで半年ですね。衣装の事も決めながら頑張って迎えて下さい。こちらは仕立て屋がたくさんあるので5,6万も出せばすごいフワフワなドレスが作れます。憧れです~。

それからリハの件、すみません。焦りは禁物です。先生も大人なのでちゃんと対処してくれました。月曜日の夜8時から、ピアニストのおうちで。初めて先生の前でソルフェージュをするので心配。そこだけは席を外してほしいです。コンサートは日曜日ですが、先生は心の中では分かってらっしゃると思います。でも私も学生ではないのでしたいことは尊重してくれる方だと思います。

そちらとあまり物価は変わらないんですね。
こちらでも2万くらいで既製品が、5万くらいでオーダーメイドのドレスが出来るようです。本当はお金のある今のうちに作りたいんですが、どんな曲か分からないしねぇ~。ま、曲もドレスもワクワクって感じです。

ナナさんの方は明日が本番ですね!
もう慣れておられると思うので、充分楽しんで演奏してきてください。試験のことはそれが終わってからって事で。

あ、それから今日は室内楽の初見大会だったんでしょ?
そっちも楽しんでこられましたか??

ナナさんのブログや他の方のブログを読んでると、何だか焦り半分うらやましさ半分って気持ちになります。やっぱり弦楽器の楽しみの半分以上は知らないことになっちゃうんでしょうねぇ~。それにみんな凄く上手そうだしさー。(上手い人しかブログをしていないのかも)

自分のペースでやる事が一番大切なんだと思うんだけど、なんだか回りに振り回されてます。

今日は室内楽の初見大会でした。モーツァルトのDevelitmentIIIです。オクテットなのでもう一人のチェロの方と音程を合すのが難しい。グループ全体的に高めなのである部分はいつめより高めに音程を取らないといけないらしいです。外れたらかなり目立ちます。

う~ん、上手い人だけがブログを立ててる訳じゃなしに、向上心のある方と自分の頑張りを外に伝えたいという方等が発信されてると思います。(mihoさんもそうじゃないですか!!)時がくれば室内楽やオケへの参加が可能だし、自分が先になりたい・やりたいものを持ち続けていれば絶対実現可能です。私はmihoさんのように発表会等ないので自ら進んでコンサート等で発表の機会を得ています。いつか私が上手くなったら先生を改めて招待したいです。(これは私がこの国を離れる時です)視点がズレましたが、mihoさんだってピアノでいうソナチネ程のドッツァー等こなされてるわけだし、自信を持って目の前にある課題をこつこつ自分のペースでこなしていってね。絶対に将来、実のある形で実力発揮の機会がきます。その時の為に!私にも言い聞かせてますが。。

ナナさん、忙しいのにありがとう!

そうだよねっ!そうだよね!!
時々自分のやってる事に対して「これでいいんだろうか?」とか「私は上手くなってるのか?」とか不安に思うんです。個人レッスンだけなので、周りに比較対象が無く自分の位置が分からなくなるんですよね。

とにかく今の状態ではまだオケ参加は私には無理だし、もう少し先生を信じて頑張るとしますか・・・

と、自分の事ばかり
ナナさん、今日のコンサートはいかがでした??
それから気になる人は来たのかな??

やっと大きいイベントが終わったよー!打ち上げはチェロの人誰もいかなかったので直行で友達と帰宅しました。レッスン⇒ゲネの段階でもう身体が疲れててやる気無しで練習してたのですが、本番は客がなんかいっぱい入っててすごく緊張しました。TOPから2番目でした、やはり観客側ってよく観客席から見えますね。A線の鳴りが不調ですごくシュープな音でした。ドボ8はカッコ良かったと思います。楽章ごとに拍手を頂きました。え、そんなすごかったの?と思ったけど 笑 4楽章では汗がたらたら。汗水が目に入って塩からくなりました。すっごく速い終わり方でした。自分が満足すりゃいいと思う、他の誰かにどう思われようと、でも今日はさすがに失敗だらけ、充分に練習しなかったのであえていく気になれませんでした。

来週のオケは無いけど楽譜をもらうことができるのでいきます。レッスンもナシにしてもらう!再来週からまたレッスンとオケに通う時期がきます。次回は5月26日ですから。

明日は先生とピアニストで試験前のリハーサルです。これもまた一難ですな。やばいなぁ。明日は休みなので朝寝坊して練習しないと。

自分のことですみません、、、mihoさんも充分頑張ってるし先生からの応援もたくさんだし自分のペースで基礎を学んでいってください。

無事終了おめでとう~!!楽章ごとに拍手って凄いよね。あの曲だと拍手したくなる気持ちも分からなくはないけど。いつもナナさんからのコンサート終了報告コメントを読むと「いいなぁ~」と羨ましくなります。今回は忙しい状況の中で本当にお疲れ様でした。

しかしっ!今週はもう一つ本番がありますよね~
今日は朝から思いっきり練習してるんだろうなぁ。

私の方は今夜は歯医者の予約が入ってるので、チェロ練できませんが、昨夜先生のオケの演奏を聴きに行って「練習したいモード」に入っちゃってるので、帰宅したら左手だけの練習でもしようかと思ってます。

あぁ~、あの滑らかな右手の動きや、軽い左手の動き方、またレッスンで先生が「左手で歌えっ!!」と言うんですが、昨夜のチェロのTOPを弾いていた人を観察していたらその意味が分かったような気がしました。また、そのこと以上にそのTOPの人、物凄く演奏を楽しんで弾いてるんですよね~。体の中から音楽を楽しんでる感じが聴いてる私にも伝わってきて、こんな風に音楽が楽しめるようになれたらいいなぁ~と思いました。

今日は朝9時に起きてまたもぞもぞ布団に入ろうとしています。笑 まだ昨日の緊張が抜けなくて気持ちが切り替わらないんです。確かに気持ちに余裕があると、指揮者を見ながら楽しく弾けます。私もドボ8の2楽章はそんな感じでした。4楽章は結構揺ら揺らムードでいい感じ。Vn協奏曲は止まりそうで指揮者を見てたけど全然分からなくて(ソロが非常にゆっくりになった為)ひたすらソロを聞いて合わせてる状態でした。今週の日曜日も次回のコンサートの楽譜が入手できるとのことで、早速行ってきます。

あぁ~今夜は先生とピアニストとの練習だ。。こっちの方がシリアスです。7時半に先生がピックアップしてくれるとのこと。。まだ手が疲れてるのでもう数時間経ったらウォーミングアップを始めます。

今日のリハはどうでした?先生は何と言ってましたか?

こんなけ試験に向けて努力してるナナさんやし、そのうえ場慣れしてるから演奏は大丈夫やろと思うで~。

私の方は左手の練習をすると言っときながらやってません。
またこんなんじゃヒドイ出来のレッスンになってまう~。ヤバイ。明日は練習をしなくてはっ!

夜先生が車でピックアップしてくれ、リハ場へ行きました。一回通しただけでOKでしたが、ちょっとまだ怪しいところがあります。音程には気をつけないと。ソルフェージュはまぁまぁと言っておきましょう。優しい問題が出ればラッキーです。(当たり前)先生、どんだけ私が音程に欠けてるか把握できたと思います。うぅ。

今日はオケが終了して朝からひどく疲れがでて、でも頑張ってチェロのストッパーをご用達のお店まで買いに出かけました。また写真でも載せますね。インド人が作った安物を仕入れたよ、アナタ好きそうだと思ったんだよね、と言われ一目で気に入り買ってしまいました。ドイツでは主流だったらしいのですが、なかなか売れず高額な値で販売されてるそうです。私のはチャチイものですが、滑らなければOKです。疲れた疲れた~。今日はもう練習しまい!

もう当分ドボ8も聞きたくないという感じです。(というか当分弾きたくない…)チェロパートは纏まった音が出ててよかったですが、冷や汗もの。今回は全体的に疲れだけが出てあまり昨日のコンサートの記憶がないんです。選曲が難しかったせいと練習が足りないということでしょうか。私、ほとんどしてなかったしなぁ。反省。次からがんばろ。mihoさんもレッスン頑張ってね。早く曲が決まるといいですねぇ。

私の使ってるストッパーはTHE BLACK HOLEという名前のイギリス製のモノ。滑らずいい感じなのですが、この間天皇陛下が皇后美智子さまの伴奏でサンサーンスの白鳥か何かをチェロで演奏してる映像が流れてて、そこで使ってたGEWAの椅子の足に固定するタイプのベルト状のストッパーに釘付け!今はあれが欲しい。それかドラえもんの手のような感じのゴムをピンに直接つけるタイプのヤツも良さそうやなぁ~

私の先生は自作のストッパーを使ってます。日曜大工の店で木の板を買ってきてその下に滑り止めゴムを付けたものから、椅子にひもで固定するものまで…買ったものよりも滑らないそうです。

ナナさんの買ったナナさんが好きそうなストッパーってどんなんかな?興味ある~

私のストッパーはmihoさんの先生が使用されてるものとほぼ同じような気がします。イスの両足にステンレスをつけて小さな板に数個穴があいてるヤツです。先生のはもっといいヤツです。mihoさんが欲しいと思ってるのは多分今日店の人にも勧められたものの一つでした。でも定期的に綺麗にしとかないとすぐ滑りやすくなると言ってましたよ。

ドラえもん型ストッパーの事ですよね~。そっかそっか。
前にオケに参加させてもらったときのTOPの方がそれを使っておられて、おもむろにケースからそれをつけたままの楽器を取り出し、弾いた後はそのままケースに入れて帰られたので便利そうやなぁ~とちょっと憧れてたんですよね。

昨日のリハはいい感じだったんですね。よかったよかった。これで安心が一つ増えましたね~。普段通りやればいいって事ですよ。ナナさんなら大丈夫!がんばれ!

私の方は…
昨日は今まで書いたブログのレッスン日記を読み返し、頑張ってた自分に自己陶酔してました。ははは…
確かにこの1年間で確実にチェロを弾く力は付いているようです。これから1年間も頑張れば新たな自分に出会えるはず!がんばるで~

そうか、やっぱりドラえもん型ストッパーは便利なのか。ここのほとんどのコンサートホールではストッパーは貸してくれるし、この前のホールではそのまま突き刺してOKだし。笑 やっぱ持っといた方が便利かしら。

先生も念を押して「練習も大事だがよく寝るように。」といわれ、今日もあまりハードな練習せず、明日も休みなのでゆっくりしようと思います。(引っ越しの準備しないと・・・)
オケの練習もしなくていいので気分的に楽です。

忘れる心配がないなぁ~とか、ちょっと位置を変えたい時に便利だなぁ~とか思ったんです。こちらのホールも殆どの所が直刺しOKなんですけど、ただ色んな所で練習したりするので一応一つ持ってます。しかし、個人レッスンだけの生活ではストッパー使用率はゼロです。先生のように自作のストッパーを!とも思ったんですが、面倒なのでツイツイ既製品に走ってしまいました。

そういえば、とうとう明日ですね!
今日もお休みとの事だったので、今ゆっくりされてるのかな?私も特に何も用事がないのに、有給休暇が余ってるので今日は仕事を休みました。チェロの練習をしてから本屋と映画館に行こうかと思ってます。

この一週間は食事も喉を通らず、睡眠も充分でなく、どうなっちゃうのだろうと思いましたが、ブログの通り無事終えました。先程Cello Master Pieceというコンサートで会った楽器職人一家とマッシュポテトとぐるぐる巻かれたソーセージを食べにいきパワーをつけて今半分寝てる状態で書いています。今夜のラフマニノフをチェロソナタをどう弾くのか楽しみでしたが、素晴らしいですね。さすがチェロのプロの超プロの子弟だったからでしょう!アレだ、アレを目指そう!(軽々しく…)確かにビブラートは超高速で(私も早くそうしてたつもりですが)本物を目の前にするとすごく悔しかったのもあります。ハイポジでのビブラートも結構オケでは頑張ったけど、ちょっと明日からの練習に加えます。

さてと、この試験の結果で次の級に進んでいけるか先生の反応が楽しみです。


おおーっ。本当にお疲れ様でした!!
ここで書いてもらってた文章からは余裕感が漂ってたので「やっぱりオケやってるし、本番慣れしてるんやな」と思ってたんですが、実際はそんなに大変だったんですね。この経験が次の演奏にきっと生きるはずです。今後が楽しみですね。

それから
私、ラフマニノフ大好きなんですけど、チェロソナタも作ってるんですね~。知らなかった…。上手い人の演奏って聞いてるのも楽しいけど、演奏の仕方を見るのが凄く楽しい。ビブラートの超高速って指が見えないくらい早く動いてるん?見てみたい。

私の方は昨日のレッスンで課題の「ジムノペディ」がことのほか褒められたのでイイ気になってます。昔ピアノでも弾いた事があり体がメロディを覚えてるから音程はバッチリ!しかし、チェロで曲の感じを表現するだけの技術がなく、思ってることが表現できないもどかしさがあります。
さっ、今週末も練習がんばろーっと。

オケだけでは音程と技術は向上しませんネ・・・。やっぱり然るべき指導者に教えて頂いて技術を上げないといけない、自分もそうなりたいと本当にこの試験経験を通し、ソロの方々を見てきて自分のチェロへの熱意も深まりました。

ラフマニノフのチェロpiecesは実は私の最も敬愛?するものです。これはその超高速ビブラートとハイポジでの透明な音、豊かな深い音(開放弦でも)、ラフマニノフが描いているこの曲のイメージ等が最低でも出せないとタッチできません、昨夜のコンサートの目玉を弾いたチェリストもAlexisander Baillieというドイツの方を師匠に従事されたそうです。(実は去年の4月にこの国へこられ、この大先生のレッスンの予約をしてたのですが、ドイツへの帰国を早められたようでキャンセルになりました)バッハでさえ先生も唸ってたけど、勇気だして聞いてみようかなぁ・・・。まだ早いって言われるのは明白ですがー。ドッツァー、No.35からの本買いにいかないと。

今夜から引越しの準備です。チェロはお預け・・・。

ナナさん、ドッツァー2巻に進むんですね。すごーい!
私、ドッツァーをやり始める時に先生から「もしかしたら1巻はすぐ終わるかもしれないので2巻も一緒に買っといてください。」と言われ2巻も一緒に買ったんですが、いつになったら使う日がくるのかといった感じです。あるHPに「エチュードは楽器と仲良くなるためのもの。進度は関係なし」と書いてあったけど、そう思える時もあり思えない時もあり…

次の曲、先生に一応聴いてみれば~。「こういう曲が弾きたいんです私!」とアピールしておけば、今は無理でも頃合が来たら挑戦させてくれるんじゃないですかねぇ。もしかしたら試験で頑張った後だし、今がその頃合かも知れないしさ。

私、チェロの曲を知らなさすぎて「弾きたい曲」といわれても困ってしまうんですよね。オススメのラフマニノフ、またCDを買って聴いてみます。ほんと、色んな曲を教えてくれてありがとう!
それから、引越し頑張って!

新居からメールしてます。超快適です。すごく可愛いユニットなので掃除とアンパッキングはすぐ終わりました。(ダンボール10箱以上ですから、何が入ってるんでしょうね?)

恐らくレッスンでは2巻に進むと思いますが、エチュードに進度がないっていうのは分かります、いくら復習してもしきれないですね。よく先生はエチュードといえど曲のように弾きなさい、ただ単に音を鳴らすものではない、とおっしゃってました、いつどれを弾いてもまだ完璧じゃないんですよね…今、過去に戻ってまた復習しようと思います。

プロの演奏を見て思いましたが、それっぽい音が出なくてその技術さえない私が挑戦したら陳腐な出来になるのでは、と恐れ多いですが、直接譜面持って聞いてみようかなぁ。夜はフレンチです!昨日からピザ2枚しか食べてないの・・・。

体調が悪くて寝込んでしまってました。

ナナさん、新居、超快適でよかったねぇ~
いろんな事がいい方向へ進んでるみたいで、良かった良かった。

あ、そうそう
ラフマニノフのCDをamazonで買って今聴いてます。
RACHMANINOV CELLO SONATA IN G minor,Op.19ってヤツがナナさんの言ってた曲なのかなぁ?良くわかんなかったのでコレが入ってるCDを買ったんだけど。しかし、ラフマニノフのメロディは美しいわぁ~。
とりあえず、今日はこの曲を聴きながら眠ります~

アマゾンで購入したCD、ちょっとしたプロのタマゴに聞かせたところ、うわっすごい興ざめしてました。これはラフマニノフじゃないと。アメリカ人が弾くとこんな感じですか、でもオリジナルもすごい綺麗ですからね。色々譜面を見てみて、やりたいのを先生に突き出してみます。今日、ドッツァー2巻を買ってきました。恐ろしいエチュードがもう真中あたりから始まりますよ。今日練習しましたが口で「無理だよー!」と叫んでしまいました。

私もラフマニノフのソナタ聞いて寝ます。

お大事に!

昨日はチェロソナタのおかげか良く眠れました。
(心地よい音楽すぎて直ぐに眠りに入ってしまったけど)
私が買ったCD、リン・ハレルのなんだけど同じですか?チェロソナタを聴いたのが初めてだったので、特に何も感じなかったんですけど、もっと感情を込めて弾く人が多いのかな?またお金があったら買ってみよーっと。

あとそのCDと一緒にフランクのバイオリンソナタのCDを買いました。私、この曲大好きなんですよね~。前にチェロでこの曲を弾いてるのを耳にして、「あぁ、こういうの弾きたいっ!」と思ったんですけど、先生に言わせるとバイオリンソナタはバイオリンで弾いた方がいいよねとの事。そうかなぁ~。結構いいと思うのに~

ドッツァー2巻目、楽しみですねぇ。
今ダメだと思っていても、進んでいくうちに出来るようになっちゃうんでしょうね。だから、私はこういう段階を経て進んでいくエチュードが大好き。

友人が言ってるのは恐らく作曲家個性が描いてる音楽性に欠けている、と私のCDを聞いてコメントしていました。ただ単に曲想つけて弾いてもその作曲家が曲思い描く空を垣間見るのは難しいですね、だから「プロ」なんだと思うけど。

うん、バイオリンソナタはその楽器の特性を生かして作られた曲だから実際に聞き手からならバイオリンの方がいいですよね、遊びで私も時々バイオリンの旋律を弾いて見たりするけど、数小節のみですね。苦しい。笑(チェロで弾くとなると数オクターブ落とすのでしょうね)意外に面白いかも。

昨日、ちょっとだけベートーヴェンSinfonia 8の一楽章を練習してみましたが、すごい高速のアルペジオ エチュード練習になります。移弦が大変です。


ラフマニノフ、今日も聴いてます!
第1楽章と第3楽章が好きやわ~。飽きないので何度も聴いてるんやけど、こんな曲私にはまだまだ無理っぽいわ~

sinfonia8関連の話、今読んでる本にこんな事が書いてました。ベートーベンの友人のメルツェルがメトロノームを考案したのでベートーベンに「使ってみて!」とあげたら、凄く喜んでメルツェルに「メトロノームのリズムの感じをまねして曲を作ってる」と手紙を書いたんだって。その曲がこの交響曲第8番の第2楽章らしいんだけど、そんな感じがする曲なんですか??
このエピソードを読んでどんな曲なのか?と凄く興味を持ってたので、またCDを買って聴いてみようかと思ってます。

私も毎日聴いてます♪とってもロマンチックです。夜にぴったりですね。

ベー8の2楽章、今日さらいました。10回程聴いてカウントできるようになってから弓を持ってCDと一緒に弾きました。(そうすると他の楽器の動きが分かって弾きやすい)メトロノームの話は本当みたいですね、最初から最後までバイオリンのテテテテテテ・・・がリズムを取ってチェロとバイオリン(1stかなぁ)がPPで追いかけっこをします。とても面白くて楽しい曲ですね。あと3,4楽章、この日曜までにさらえるかな。

明日は先生のオケが前私たちが弾いたチャイコの「イタリア奇想曲」等イタリア曲をメインにしたレパートリーを演奏するので平日ですが行ってこようと思います。引越したばかりであまり音を出すのが怖くて、控えめにやってますが隣には聞こえてるんだろうなあ。。

今日も朝からラフマニノフ漬けの毎日です。
第2楽章もなんだか聴いてるうちにヤミツキになってきました。ラフマ病にかかってしまってます。重症です。(笑)

ベー8、ますますCDが欲しくなってきました。その他にも欲しいCDがあり、お金のあるうちに買っとけ~ってな感じです。散財しまくってます。

新しい部屋での練習大変ですねぇ。
私の家では練習部屋の下と前の部屋は全く音が漏れないようなんですけど、壁を挟んで隣はかなり聞こえてるみたいです。両親にたまに「ブーブー鳴らしてっ!」と怒られるんですけど、そう言われる事より「ブーブー」としか聞こえてない事に悲しみを感じます。うううっ・・・

ラフマニノフウィルスをかけてしまってすみません。笑 私も夢中です。いつかどこかのホームパーティか室内楽で披露できたらなぁと希望してます。ベー8の2楽章、本当に愉快です。可愛い。是非ベーのスケルッツォを存分に味わって下さい。
予算のある中で・・・。

前の家と比べて家の外が静かなので、上の階の人がモノを落とすだけで響くんですよね、きっと壁を挟んだお隣と下の階には響くけど、仕方ないよね。すごい大きな豪邸に住んでいるバイオリンを弾く方も時々上の階から「コンコン(うるさいよ)」と合図を送られるそうです。先生も同じ経験があるとか。

ラフマウィルス蔓延中です。
CDを聴く度に新たな事が発見出来て楽しいデス。
本当に美しいメロディですねっ!それにたまーに日本的(東洋的って言うのかな?)なメロディになるのが面白い。

とうとうamazonでベー8のCD買っちゃいました。どんな曲なのか楽しみですっ!その上ベートーベンのチェロソナタとThe Road To Cello Playing というエチュードばかり入ったCDも買ってしまった!はぁ~、散財散財。

音の問題、難しいですね。
隣人が音楽好きの優しい方だったらいいんだけど、嫌いな方だったらこれからの練習大変そう。私の場合は一戸建てなので、文句を言うのは家族だけなんですが、それでも気を使います。ミュートを使ってもエンドピンからの振動は止められないしね。ホント、難しい問題ですよね。

ベーチェロソナタはABグレード6位の力があると弾けちゃいます。The Road to ・・・は私も購入しました。参考になりますが、チェロのエチュードっぽくものすごいピュアで早く、クリアな音を出しています。飽きません。超絶技巧を使用してるような音色です。

今日はコンサートに行ってきました。予想を遥かに上まる技術の持ち主に出会いました。また明日ブログに乗せておきます。

練習は徐々に大きくさせて頂きます。日本の一軒家でもピアノ弾くの躊躇うけど、苦情がでるかもしれないけど時間は守ろう。(最高夜10時まで)帰宅して夜ご飯食べたら即効練習しています。2,3時間できたらラッキーかな。土日はがんがんさせてもらいます。

今日全てのCDが届いたので、全部聴いてからコメントを書こうと思っていたんだけど、The Road To~の途中で寝てしまってました。

ABグレードって数字が若くなるにつれて難しくなるんですか?それならベートーベンのソナタは私くらいのレベルでも頑張れば弾けるって事なのかな??楽譜買ってみようかな!第3番が好きなんですよー。

昨日のコンサート、すっごく良かったんですね。
”肌の震えるようなビブラート”という言葉が凄くいいです。凄くいい演奏を聴いた時の感覚がそのまま文章にされてて、ナナさん文章ウマいなぁ~と違う所に感心してしまいました。
レッスン日曜でしたよね?先生の反応また教えてくださいね。
私が思うに、そんなに驚かれないと思いますよ~

あ、それから
べー8、思ってた以上に可愛い曲”春”って感じの曲ですね。
想像していたのと違ってたので、いい意味で裏切られた感じがしました。今の日本の季節にピッタリだけど、そちらは常に夏でしたよね??

前はThe Road toをBGMにして寝てました。あれも子守唄ですね。明日は是非ベー8の3楽章をやらねば。今日帰宅したのが夜10時だったのですがそれから2楽章を5回くらいピッチカーとでリズムとって弓をもって練習しました。指揮者は多分In 4で棒をふると思うのでそれに慣れないと。

ABグレードは8が難しいのです。8は試験管の前でバッハの無伴奏を弾かないといけないのですよ。オケのチェリストはすごく良い音を出す6級保持者ですが、今度8級を取る予定らしいです。ソノ子がベトソナタを弾いてるの~とあったのでちょっと難しいかもね、彼女の宿題は色々クラシック系のソナタが多いみたいですが、先生に聞いてみるといいでしょう。私も5級はとれたので(合格はしてるハズ)スキップで7級に将来チャレンジできるか聞いてみます。その前にABの楽典試験だなぁ。4ヶ月もありゃできるだろうけど。

いきなりソナタ出したらびっくりするかな。
まぁ聞いてみるだけいいでしょう。

ずーっとサーバーメンテナンスをしてたとかでお返事が書けませんでした。

次、7級に挑戦するんですねっ!凄いなぁ
昨日のレッスンで、またダメダメっぷりを発揮してしまい、いつになったらナナさんに追いつけるのかと気が遠くなってしまいます。ちょっと上手くなったと思っても、ナナさんはそれ以上に努力されてるので、なかなか追いつくなんて出来そうにないですが・・・

ナナさんのブログにも書かせていただいたんですが(すみません、2回も同じ文章を入れてしまってましたね。あれ一つ消してください。)先生に私のやりたい曲をさりげなく伝えてみたら、「目標としてはいいんじゃないですか~。でも実際に弾けるようになるのは年単位で先やなぁ」との返事。ははは、そうですよね。

ま、楽譜だけは買っとけば?と言われたので、今度輸入楽譜20%OFFセールがあるようなので、バッハとベートーベンの楽譜買っとこうかと思ってます。

お返事頂いて嬉しいです☆
私など追いかけないで下さいね、笑 ご自分の理想に向かって下さい。努力はmihoさんも一生懸命されてるし、何より励みになるのは一緒にがんばっていける方と色々お話できることです。次回の発表会だってその努力の発揮場所だし、私こそ羨ましいです。オケもみんなでやると楽しいですが最近の私はソロで発揮できる場所があればなぁと欲張っています。いつか室内楽かどこかでピアノとの合奏でラフマニノフをやることです。(まだ言ってる…)

生憎、私はmihoさんの発表会前に帰国しちゃいますが縁があればいつか演奏を見たいです。私もソナタ弾きたいと伝えればきっと年単位だと言われますが、それに近づけるよう頑張ります。7級も8級も夢ではないです、頑張って努力すれば出来ますから。(きっと)

楽譜買ってちょこちょこやってみましょう、お互い!私も日本の譜面屋にオーダーして入金手続きして、その後1週間位で入手できます。来週のレッスンには持って行って「やりたいんですが!」と言ってみるつもりです。

シンガポールからDM面白いですね。半額になっているところが笑える。そんなものか、シンガポール!!

今日はピアノのレッスンでした。でも、先週のチェロのレッスンと同様の事を指摘され、自分の中の音楽性の問題か?と少し落ち込んでます。音は正確に弾けてるけど、歌えてないらしいんですよね。「音ひとつひとつに感情を込めて!」と今日も何度も言われてしまいました。はぁ~、歌う練習をすればいいのかなぁ?それかイメージトレーニングかなぁ?

とりあえず今の所、私の目指す目標は「美しく曲を弾けるようになること」ですね。今は自分の演奏に全く自信が無く、人にお聴かせ出来るレベルではないので、発表会の6ヶ月後までには何とかしたいなぁ。

ラフマニノフもチェロソナタも一緒に買おうかなー
第3楽章が好きなんだけど、あのしっとり歌い上げる系の曲は私が一番苦手としているもの。大人の女になれば自然とああいう曲が弾けるようになるもんだと思ってたんだけど、やっぱり”自然に”ってのは有り得ませんね~。自分の持つ雰囲気も”大人の女”からは縁遠い…
この間も30歳過ぎてるのに、ウチの学生と間違われてしまいました!喜ぶべきか、悲しむべきか…

歌うことって音楽をつくる最大の課題だと思うのです。どんなに技術があっても歌えてないのは演奏を聞くほうとしてもつまらないからね、と代弾きソロを弾いた時にどなたかに言われましたっけ。歌うことと後、作曲家の気持ちを学んでその気持ちを自分の気持ちに反映させて弾くとパーフェクトです。そういうのは難しいからイメージでどういう風に歌えばいえばいいか想像するのと、その曲と自分を愛しく思う気持ちで。日本人が一番音楽で苦手とするところだと思います。フランスの音楽も表現が難しいしね。

先生はいつも無理だ、もっと先とはあまり言う方ではないので少しずつなら教えてくれるかもしれません。エチュードは徹底的に難しいのをくれますが。いつかなんて言われるといつですか?と聞いてみようと思って。私もこの先生に出来る限り見てもらいたいので。

この前のコンサートのDVDみたけど、かっこよくドボ8弾けてます。プロからしたら「最悪」かもしれないけど、社会人があつまって3ヶ月で仕上げたんですもん。すごいことです。

明日はリハです。初見大会だ。

ナナさんの場合は大丈夫ですよ!「じゃ、やってみる?」って言われそう。私の場合は、本当にまだまだって感じなのですよ。今の段階で弾いておかなければいけない曲をどんどんこなしていきたいなぁ。歌い方もまだまだだしね~

でもね、1年前程にピアノ教室の中学生くらいの女の子がまだあんまり弾けないのにベートーベンのピアノソナタ第8番「悲愴」がどーしても弾きたいと先生に言ってたのを聴いて、私は心の中で「絶対に無理無理!」と思ってたんやけど、技術より好きな気持ちの方が勝ってたんでしょうね!半年後くらいにはちゃんと彼女は弾いてましたよ!(それもノリノリで)

ああいう気持ち大切ですよね~
最近物分りのいい大人になってしまったのか、こういう冒険的な事を口にしないようになってしまってます。とにかく楽譜を買って、CDを何度も聴いて、自分がこの曲をなんで好きなのか等々自分なりに研究してみようと思います。
あ、そういえばこの頃バッハを触ってない!(と言ってもいつもさわりの部分しか弾かないんやけど)

今日の初見大会、どうでしたか?

その中学生の女の子も素敵なチャレンジ精神を持ってますね。いい感じで励みになりますね。私の場合もバッハでさえ首を曲げた先生だから、ちょっと期待できないかもしれませんが、様子を見てみます。その前にやらないといけない曲だってたくさんあるっておっしゃってたし。ね。

今日の初見大会はしっかり通しましたよ。隣に座ってた10代の男の子もエネルギッシュに弾くので(可愛いのよ笑)一生懸命頑張りました。今日はレッスンがなかったのでその分エネルギーを保つことができました。その子、高校のオケに所属して色々クラシックのこと詳しいのよね、結構良い音を出すので帰り際に携帯を聞き出し、いつかのチェロアンサンブル結成の時に呼び出そうと思います。(おばさんになってきた~)

三楽章の後半、チェロだけのアルペジオです。ホルンと追いかけっこするのですが、今日、恥ずかしい思いをしました。焦るな!と指揮者に言われたけど、無理無理。絶対走ります。

明日はMazeelのコンサートです。みんないくみたい。今日は帰りにみんなとビール飲んで帰りました。

今年から花粉症になってしまったようです。
くしゃみや鼻水は出ないんですけど、目がショボショボしてその上眠いっ!どんなけ寝ても眠いのです。仕事は私の後任の方が既に来られているので、殆どもう仕事はお任せしているしヒマ。お休みを取って1日中家でチェロを弾いていたい気分です。

10代の男の子、うらやましい~
いや、10代の男の子が近辺にいることじゃなく、10代でチェロを弾いてる事がうらやましいのです。私もその年代からチェロをやっていたらなぁ~とよく思うんです。

あ、この間読んだ本に日本のチェロ人口の薄さが書かれてありました。海外は小さい頃から習う習い事に必ずチェロが上位に上がってくるんですって。だから海外にはチェロが上手い人が多いって書いてあったんだけど、シンガポールでもそうですか?私ももし子供を産んだ暁にはチェロを習わせたいわぁ。

話が全く違う方向にいってしまいました。
今日のコンサートには行かれたのかな?

昨日のコンサートはとても勉強になりました。先生のオケもすごいベストを尽くしてました。時々、パートのソロがある時は指揮をせず、腕を組んで笑いながら見守ってた瞬時は観客も面白そうにしてて楽しかった!オケが生き生きしちゃって、1stVnのコンマスの笑いも止まらなくって、みんなの音の動きにめりはりがついてて楽しかった!

10代の男の子は高校のオケに所属してるみたい。ここの国の親も教育熱心だから、子供には良い教育環境を与えているみたいです。実際、日本人団体の音楽関係者も幼少の頃からやってる方々(チェロも)多いですよ。大学のオケに入ってた方に言わせると尚更チェロはやってみたい楽器に入るみたいです。
ここのチェロ人口は多いですよー。それに10代の若者も弦楽器問わず、みんな楽しく積極的です。

花粉症、お大事に!

楽しげなコンサート!
昨年9月に小澤征爾とロストロポーヴィチのコンサートに行ったときもそんな感じでした。お二人がすごーく楽しそうで、周りのオケの方も楽しんで演奏しておられて…
ああいうのを見ると「私もあの中に入りたい!」と思うけれど、あそこには努力した人だけが入れる空間なワケで…

あ、今日ね同じ職場だけど今まで話した事がなかった人から「mihoさんチェロ習っておられるそうですね?」と話しかけられました。できれば身近にチェロ仲間を増やして行きたいので、懇切丁寧に自分の体験談等々を話してしまったんですが、その中で”楽器の値段”を聞いてひいてしまわれました。仲間を増やし損ねたっ!

本当にチェロって高額ですよねー
でも、今までやった事のある楽器の中で一番魅力的な楽器!
今練習してるドッツァー17番、まだ上手く弾けないけどメロディーに酔ってます。あぁ~、もっと綺麗に弾きたいっ!

日曜日から毎日前のコンサートのDVDとか見てまた自分の研究をし始めているんですが、弓の使い方が甘いなぁ・・と意識して弾いてます。あんな風に使いたい!という理想はあるんですがどうやってああなるんだろう。と、開放弦から再研究しているのですが、曲の中からは絶対直らないそうで、意識して開放弦で練習して1年間かけたら直るそうです。うわっ遠い道のり。でも仕方ない。地道に努力するのが上達への早道。

この前のMazelのコンサートの余韻も強い為、余計練習に力を入れたい!今日、先生から日曜日ちゃんとレッスンあるからとメールが入り、心が踊ってます♪ オーダーした楽譜は昨日実家に向かって発送されて、上手くいけば土曜日は入手できるかな・・・、今日、仕事がヒマ?だったので10代のチェリストとずっとチェロの話しをメールでしてました。(内緒ね)彼も4年前からチェロを始めたというけど若いだけに手が動く。音感も良い、チェロの音も深い、羨ましい限りです。

オケ内のチェリスト、それぞれ個性を持ってて、一緒にいるのが楽しいです。おじさん(日本ではトップにいたらしい、すごい高いチェロと弓を持ってる)から13歳のお嬢サンまで。私、いつまで居れるかなーと毎週通いながら思ったりします。贅沢な時間ですね。なんて。

プロの方の演奏を聴きに行くたびに、弓使いに釘付けになってしまいます。弓が手の一部というような感じで、なでるように軽やかに弾いてるように見えるんですよね。(fの場合は除くけど)私も早く弓使いが上手くなりたいので、開放弦での練習方法また教えてください!!ま、私の場合その練習に行く以前に解決しなくてはいけない問題が多々アリなんやけど。(弓の角度とか弓への体重のかけ方とか…)

10代のチェリストとのメールも楽しそう。あの年頃だと集中力が物凄くあるから、練習とかも物凄くしてたりするんだろうなぁ。4年でそこまでになったって事はちゃんと個人レッスンを受けてるのかなぁ?それとも学校のオケだけ?どちらにしても将来が楽しみですね。

私もチェロ歴4年になる頃にはいい音でバリバリ弾けるようになってるのかなぁ。そこまであと1年、またがんばろう。
それからラフマのソナタ、今度のレッスンにちょっと練習してから持っていくんかな??その為にも早く届くといいのにね!

弓使いはプロの方に言わせても「一生の課題」らしいです。自分でどれだけ研究を重ねて常に意識するか、なんでしょうね。開放弦での練習は鏡を見ながら弦に対して垂直になって弾けているかどうかを確認しながら弾くことです。慣れたらスピードもあげたり。手首で弾くのではなく腕と肩の角度もチェック要ですね。一年頑張りましょう。
お伝えしたかもしれないですが、自分が弾いているコンサートのDVDを見て弓の持つ手の形を半年で直しました。見た目も弾く側も美しくしたいですからね。まだ完璧ではないですが、マシです・・・。研究研究・・。

10代の子は普通の学校の学生オケに所属してるらしく、今は個人レッスンはしていないそうです。学校でウチの先生や他のチェリストを招いてworkshopを行ってるのに参加してるくらいですって。真面目な子で、社会人オケのメンバーが何故この前の練習に来ないのか不思議でたまらないそうです。笑

私はチェロ暦4年目に突入ですよ~(4年目は今度の7月)あっという間ですね。それも力を入れ始めたのも04年12月からだから・・・。17番はビブラートつけて頑張っていますか?昨日オケピースのチェロの旋律を自分が高速と思うビブラートで弾いたら結構なりました!ラフマニノフのチェロソナタを弾いたチェリスト、やはりビブラート超高速でした。機械が動いているみたい。

チェロソナタの譜面が今週までに届くかどうか分からないので練習はできませんね、まだ・・・・。来週からかな。というか、できるかどうかも分からないからなぁ。何でも頑張ります!


私がチェロを始めたのが2003年7月なので(だから2年9ヶ月習ってることになるのか)…次の7月で4年目か!?ナナさんと一緒だ!(あぁ、日本語力がない…それとも数学力??)

私の場合、「チェロをがんばろ!」と思ったのが2005年2月あたりで、でも実際頑張り始めたのが5月からやしなぁ~。このあたりで差が生じてきてるんでしょうねぇ。17番はまだ音をとるのに必死で、ビブラートをつけるまでに至ってません。

弓使い、私も先生から「鏡をみて練習すること」とよく言われます。熱中しすぎると弓の角度が色々になってしまうようです。鏡が部屋にない事がやらない原因なんですけど、やっぱり弾く以上はかっこよく弾きたいので私もナナさんを真似してやってみようと思います。

10代の男の子、それにしても凄いですね~
というか、私も高校生の時にトランペットを吹いてましたが個人レッスンは受けたことが無かったので、それと同じなのかな?(いきなり曲を吹いてたような気がするなぁ)

すごい!習い始めが一緒。先生がいつもノートつけて下さってるので(簡単に何をしたかとか)遡って読み返すとこの年から本気になったんだよなぁとか思い返します。ドッツァー17番をやったのは先生が海外演奏行ってた04年3月でした。あまりやらずにチャイコのオケピースばかり浚ってたのを懐かしく思います。

鏡は必須アイテムです。私のは等身大の鏡で2年程前から一緒に居ます。笑 どんな風に弓を持ってるかとか楽器を抱えているかとか違う角度から見る事ができるので良いです。こう弾きたいというイメージがより効果的に頭に入ります。始めの頃、画面に移ってる自分の姿を見て吐きそうになりましたが、鏡を見つづけることによって自分のイメージがしっかり掴めます。

トランペット吹いてたんですね!カッコいい!友達も吹いてて室内楽とかでブラスのカルテットとかやってるのを見るとステキーと思います。

04年3月と言えば…
私なんて”It's a smoll world"を弾いてましたよ!その曲を人様の前で演奏なんかしてしまってました。今思い出すだけで恥かしい。その頃にナナさんは17番を弾いてたのかぁ。凄いなぁ。

今日の練習で”自分のボーイングを改めてチェック!”をしました。私のウチには玄関にしか全身が映る鏡が無いので、レッスンルームにあるテレビの画面に自分を反射させてやってみました。今はボーイングより左手のフォームの方が気になります。左肘の位置がどうも低いようです。

トランペット、当時は嫌いだったんです。この年になってからは柔らかな音色のTpを聴くと、あまりの素敵さに倒れそうになるんですけど、何をあんなに嫌がってたんだろ?

この前の室内楽のPopularで「It's a small world」を弾きました。リズミカルで楽しいですね、隣のチェロとビオラは譜面の音符を3度ずらして弾いていたので和音になってて面白かったです。

ドッツァー、今34番練習中ですが音程はまぁまぁ、スピードを上げている最中なのですが上げるたびにボーイングの未熟さに苦労しています。まだ左手に自信がないから、スピードについていけないところがあります。なかなか難しいですね、地道にクセを直すしかないのでしょう。色々発見していくのも楽しいですね。昨日より上手くなる!

プロオケのTpを聞いたとき(Mazel指揮)は卒倒しそうでしたよ。何の楽器からあんな音が出てるのだ?と見てたらTp。先生のオケのリハはたった一日だったそうで、それで練習だけであれだけ細かい表現を付けるのは、おそらく言葉で説明するには時間不足ではないか、と推定されます。あの棒の振り方は、以前から言われているように、抜群のコントロール力を持っていて、今の大多数の指揮者とは赴きを異にしています。今でも感動!翌日はマレーシアで本番だったそうです。

昨日母親から連絡あり、昨日譜面をこちらに送付したとのころ、上手くいけば土曜日には届くかも!楽しみです。

今日は散々なレッスンでした。
昨日「ボーイングの練習するわ!」とナナさんに宣言しましたが、偶然にも先生から今日はボーイングの仕方についてかなり絞られました。いっぱい指摘されすぎて、どう弾いて良いのか分からなくなってしまって…意識すればするほど体に力が入って上手く弾けなくなってしまった。はぁ~、落ち込み~
今日から欠かさず練習しよう。うん。

散々な出来だったんですが、帰りがけに先生からRONBERGのSONATA in C majorという楽譜を買っとくように言われました。こんな人始めて聴いたよ!ナナさん知ってます??どんな曲なんやろ?

確かそのソナタはロンバーグですよね、私、前mihoさんにお勧め?したと思いますが、それ、私の基本書の最後の方に乗っていました。ロンバーグの面白みが出ています。頑張ってね、それを発表会でするんですね。

今度のオクテットのビオラとチェロの仲間がコンサートを目の前に帰国する予定になり、急遽メンバーを募っています。これはかなりの経験者じゃないと無理です。。練習は続けてと言われますが、次回もちゃんとエントリーするらしいです。

ロンバーグって人なんですか~
先生が早口でイマイチ聞き取れなかったんですよね。楽譜を見せてもらって、ちゃちゃっとメモって帰ってきただけなんですけど、面白い曲なんですね!よかった。この曲、発表会の候補曲だけど他の曲にするかもと言っておられました。(昨日のレッスンを聞いて、この曲をさせることに不安を抱いたのかもしれない)

オクテットに10代のチェリスト入れたら?と思ったけど、相当な経験者じゃないと無理なのね。大変。早く見つかればいいのに…本番は5月だよね?

譜面、明日くらいに届くんですね!そちらも楽しみ☆

Octetに日本でオケのトップを弾いていた方を誘っているようです。経験者でないと他の方が困ると思います。(私はその方の音量を上げるだけのアシストです)アンサンブルってすごく難しくて、多少の音程がズレると他に迷惑がかかるので簡単でも非常に練習に集中力がかかり大変です。本番は6月です。5月はオケの本番。

そちらも神戸楽譜から取り寄せたのですね。私もそこから1週間以内に届きました。イギリスから取り寄せるより速くて安くすみます。私、RomburgのCmaijorの楽譜持ってレッスンでもやりましたが、面白かった、色々チェロのいいところとりで。
楽譜、届きましたので明日先生に直訴する予定で持っていきます。分厚いソナタで、ピアノが大変そうです。ピアノできる人を探して(もうその人に依頼中・・)将来、リサイタルしたいねーっと言ってます。笑 意外と簡単そうですが、ハ音記号とト音記号が多く、間違えて弾きそう。やらせてくれるかなあ。

ソロも緊張するけど、アンサンブルはもっと緊張しますよね。特にオクテットとかの場合人数が少ないからね。はぁ~、考えるだけで緊張しちゃうっ!ナナさん、がんばって!

それから、神戸楽譜に初めて楽譜を注文しました。いつも頼んでるアカデミアミュージックに楽譜の在庫がなかったんですよねー。送料も安そうだし、今後こっちで注文しようかな?

あ、そして直訴の件、どうなったか教えてくださいね。リサイタルが現実になった暁には是非とも聴きに行かせていただきます!でも今から私は無職の身になるので、出来れば4年後くらいに計画してくださいっっ!!

先程、ちょっと譜面を見ましたが(ついでに遊びました)ハ音記号が多いこと。ビブラート絶対必要で、ハイポジも超多い。やるのなら楽しみです。(希望的観測)でもまだ早いかなぁ。

神戸楽譜はよく利用してます。が、海外発送してくれないのでそのあたり不便。国内の発送までは手続きとかとても早くお気に入りです。神戸で直接足を運ぶお店でもあります。

明日、2週間ぶりのレッスンです。先生、明日夜にコンサートあるなんてタフー。私はオケの練習でいけないけど。リサイタルは是非企画したいですが、お金払ってまで出てくれる友達いるかしらー、絶対リサイタルやりたいので(広報もやらないと・・)スポンサー探しから始めないと・・・。4年後まで待てませんよー。できれば2年以内かなぁ。といってもレッスンでやんなかったら伸びますが。絶対シンガで(先生のいるうちに)やりますので、スタンバイお願いします。笑

今日のレッスンどうでした??

リサイタルの話、4年は待てないか・・・
ま、始めは一人では難しいかもしれないので何人かと組んでやればお客も集まるんではないかな?(日本ではそういう感じのコンサート多いです。)でもやる時は教えてください。都合の付く限り聴きに行かせて頂きます。

今日は私、久々に3時間もチェロ錬してしまいました。ドッツァー16・17番はもちろんのこと22番まで予習して、さらに33番をちょっとだけ弾いてみました。結構弾けちゃうかも!?でも先生に見せたら、色んな問題点が浮上するんやろうなぁ~
あー、楽しい休日でした。

レッスンは楽しかったですよ、私、ドッツァー、バイバイです。Popperになりました。すごい譜面ですよ、どんだけ#や♭がついて、ハ音記号を取りつけて、曲をつくってんだ、と失神しそうでした。でもやっていかないといけない。ラフマニノフのソナタの実現は難しそうなので、リサイタル開催も数年程遠くなりました。詳細は長い日記に書いてありますが、まだそこまでのレベルに達していないそうです。焦るな、ゆっくりって。今私が無理に教えて!!って言っても先生がOKだしても、不充分な技術なので満足の行かない出来になりますよね、、出来るようになる為にこの楽譜、温めておこうと思います。今はVocaliseが課題です。

オケも非常に楽しかった。来週は一時間早めにリハ場へ行ってチェロだけパー練です。ただでさえ弾けない部分があるのに、練習できないなぁ。効率良く練習しないと。室内楽のモーツァルトもすっかり忘れてたー。


Popperか…凄いっ!!!!
頑張ってくださいね!きっとナナさんならできますよ!

それからラフマのソナタ、今回は残念だったけど今後の楽しみが出来てよかったのかも。今の時期に弾いておいた方がいい曲が世界中にはいっぱいあるはずなので、今の時期にそれを全部弾いちゃうくらいの意気込みでお互い頑張りましょう~。

Vocaliseいい曲ですよね。私大好きです。
あの曲を朗々と歌い上げるの私の夢です。楽譜は案外簡単そうで私でも弾けそうだけど、歌い上げるのはまだまだ無理だろうなぁ~。

Mihoさーん、Popperもいつもの倍練習しないとできませーん。しかもドッツァーの譜面より行がしっかり詰まってて見難いの!簡単なエチュード弾いて良い練習はできない、とのお言葉。ハイ。

Vocaliseは簡単な音符配列ですが、曲にちゃんと表情をつけるところで苦労しそうです。今週は音程とスムーズなボーイング、ビブラートを中心に頑張っていきたいです。

今週は仕事以上に練習が大変になると思います。mihoさんと頑張ります☆

「簡単なエチュードを弾いてよい練習はできない」か…
先生、その通りでございますぅーー(ひれ伏す)

出来ない事を1曲の中で反復練習するのがエチュードの主な目的。出来る事を練習してもねぇ。意味が無いよな。

ナナさんはいつも以上に練習を頑張るんですね!私は…今週・来週と送別会が沢山入っててまたもや練習できなさそうです。イメージトレーニングとソルフェージュだけで乗り切らなくちゃダメっぽいです。またもやヤバイ。

エチュードって反復練習の繰り返しで力がついていくんですよね。。出来ることはおいといて出来ないことを練習するんですが、やっぱり難しい~。(だからやるんだっては。。)

明日は7時から8時半まで4月7日のRecitalのリハです。あぁ練習していない。ヤバイ。

実は私も今週は3日間、帰任する方の送別会があることを思い出しました。集中練習と、あと楽譜を会社に持っていってランチタイムに歌うとかしかできませんね。。次のレッスンまで間に合いそうにありません。。うぅ。

今日は春分の日で休日だって事をコロッとわすれていました。何だか得した気分!今日一日かなりチェロの練習が出来たので大満足!はぁ~、良かった。

あ、そうそう
ナナさんはバッハの無伴奏チェロの楽譜お持ちですか?先生に何版の楽譜を買えばいいのか聞こうとは思ってるんだけど、ナナさんの持ってる楽譜が何なのか参考に教えてください。今週末に輸入楽譜20%OFFセールがあるので色んな楽譜を買い込んで来ようかと思ってます!今狙ってるのはバッハの無伴奏組曲全曲とベートーベンのソナタ全曲。あと先生に買うようにいわれたスケールの本と・・・あぁ、来月から無職になるのに大丈夫かなぁ、私のお財布。

あ、それから今日のリハいかがでした?

BachのSuitesは先生お勧めの「August Wenzinger編集,PublicationはBarenreiterです。スケールの本かぁ。かなり暗譜するのに苦労しました。

本当に今週末のレッスン行きにくいなぁ。練習する時間が全く少なくなってしまいます。仕方ないから送別会は早々勝手に切り上げることにしました。明日は長いだろうなぁ、食事。

リハは面白かったですよ。既に頂く報酬をどうしようか考えてます。結構高額でびっくり。チェリストは私だけなので遣り甲斐もあります。もう一人、という話もありましたが、(実はその子今旅行中で昨日から連絡が途絶えた)チェロのソロがかなりありますので、練習しないと。ちょっとだけ先生に聞いてみよう。あとはOKだろう。詳しくはまたブログでみてください。

今日はウチの学校の卒業式!
みんな振袖や袴を着てて、本当にいい感じ♪です。

Bachの件、ありがとうございます。
スケールの本、今は先生の本をコピーして使ってるんですけど、ナナさんは暗譜してるんですね!凄い!
ピアノやったら指が覚えてるんやけどなぁ~。

リサイタルの件、本当に凄いですよね~
がんばってくださいねっ!

昨日日本に電話したら学校(教師)にいるハズの父がでてびっくり。春分の日でしたね。
もう卒業式の時期なんですね。

さっきランチにPopperの2番を見て指を動かしてみましたが、うわ~超難しいです。ハ音記号はオケのピースでかなり鍛えられているので読解できますが、AとD線のハイポジをあちこち行き来するので音程取りが大変そう。指が絡まないといいけど。

あ、リサイタルはなくなりました~。(ちょっと残念)

Popper難しいんですね。
今週の日曜に楽譜屋に行こうと思っているのでちょっとPopperの楽譜を見てきます。きっと始めの何曲かは四苦八苦すると思うけど、それを過ぎれば目も指も慣れるんじゃないかなぁ~
大丈夫、きっと出来ますよ!

今日はちょっと落ち込み気味で、チェロ練習もいつもなら45分の練習時間が足りなく思えるのに、今日は30分そこそこで止めてしまいました。こんな時は何をしてもダメですね。今日は早く休みます。

あ~何をしても上手くいかない日は誰でもありますよ。ただあまり責めないようにね。私は昨日昼間ある事でかっときてそのイライラで何でもない人と一声あげてしまい、モノにもあたりました。反省。今はテンション低いと思いますが、ジョジョにゆっくりと回復していくよう生活に花を添えてみて下さい。

Popper超難しそうです。ハイポジからハイポジに移るときの指の体操の仕方(何かの音階練習があるらしい)をマスターしながらエチュードに入っていくのしょう。2週間もあれば出来そうです、とランチタイム、色々弾くマネして思ってしまった。希望的観測。

昨日早めにラフマニノフのチェロソナタを聴きながら眠ったら今日の朝は気分爽快!!多分第1楽章の途中で寝てしまったと思うんやけど、落ち込んだ気分にこの曲は効きますね!

今日はレッスン日なので気合を入れてパンツで出勤!実は私、ジーンズ以外のパンツをはくの半年ぶりなんですよね~。あ~、新鮮新鮮。

Popper2週間で出来そうかぁ~。すごいなぁ。
私も負けずにドッツァー16番と17番今日であげよう。

ロマン派の曲はちょっとした夜の一時に聞くと(特に秋とか)効果があるようですね。

難しいエチュードをこなして早弾や読解が向上していくのでしょうね、やっていくうちに仕上げのスピードも(仕上げ、も切りがないですが)はやくなってきます。

Popperの1番は今日さえ、早く帰ればスピードをがんがんあげて日曜日には持っていけるでしょう。努力しないとダメですね。
Vocaliseも全然やってないわ・・・。ボーイングがスムーズにできないので、その研究もしないと。

Bachの楽譜、先生に聞いてみたらIMC以外の出版社のやつだったらどれでもいいですとのお答え。ナナさんの先生オススメのBarenreiterのものが有ればそれを買おうと思います。でも、コレを弾くのはいつなんだ!?とにかくコソ錬し続けよう。

今日のレッスンは密度が濃かったです。
なのに右手がプルプル震え、家で弾いてたように先生の前で弾けなかったよ~。先生の前でこんなに緊張してたら、人前で弾いたら大変な事になるやろうなぁ~。

私も2年前位、先生の前で手が振動しましたよ。緊張のせいか持ち方が悪いのか、先生は「研究する必要があるからHold」と言ってましたが、緊張してたんだと思います。場慣れだと思います、たくさんの機会を得て、楽しんで下さいね。案外慣れるものです。

週末はじっくり音楽漬けにしようと思います。もう送別会はいいわ~。(日曜日の夜にさえ上司のお別会があって、リハ終了後、楽器抱えて向かいます)明日もまた送別会ですが2nd sessionはお断りしました。

今週のオケは2時から6時までです。レッスンが終了するのが1時30分なのでそのまま走って直行。ぎりぎり間に合うかな。Vocaliseの美味しいところを集中練習して、なんとか弓の使い方をスムーズにしなくては。

BachのSuitesはゆっくり温めてくださいね。

先週のレッスンの時に弓の使い方についてかなり絞られたので、多分それで今回は緊張したのかな?と自己分析してます。本当に私、メンタル面が弱い

私も今日と来週は2件、送別会が入っています。
自分の為の送別会なので凄くうれしいんだけど、その間、練習できないのがねぇ~不満だわ。

今週も過密スケジュールのナナさん、がんばれ~
私はピアノとフラワーアレンジの最終レッスンと輸入楽譜セールに突撃!に力を尽くしたいです!

BachのSuites、今持ってる楽譜はインターネットでダウンロードしたヤツなので、ボーイングが一切記入されてないんですよね~。Barenreiter版楽しみやわ。

Suitesのボーイング記載無しの楽譜は良くないと先生おっしゃられてました。Barenreiterは好評です。

今まで会った中での一番の上司を見送るので自分の一つの運を逃すようです。その時にしかない瞬間を大事にして下さいね。こんな機会も、その時集まってくれる人がいるのだからこの瞬間も「偶然が生み出す奇跡」だと思います。

私もすごく緊張しますが、やはり「場慣れ」ですかね・・・。緊張下でもたくさん練習して何を練習したか意識すれば、ちゃんとできる!と先生はおっしゃられていました。最初は「出来ない!」と思ってたけど、場慣れをこなすとその時、過去にやった練習内容がちゃんと頭の中で蘇ります。ただその努力は必要ですが・・。

私も週末は買い物に行って食料とお花でも買おうと思います。(今週は送別会だらけでCookingしなかった)

送別会、楽しかったです。
今日のはいつも色んな事を企画して遊んだ仲間達だったので、スッゴイ楽しかった。3時間ぶっとおしで喋りたおしたのでいい気分転換にもなりました。

あ、それからROMBERGの楽譜ようやくとどきました!この前のBREVALのソナタの楽譜に比べて音符がビッシリなのに驚いたけど、なんとか弾けそうな感じです。曲が良く分からんので、チェロで弾いてると違う曲になってたりします。第3楽章が私は好きだなぁ~

食料とお花買ったんだ!
あ、ブログに猫を飼ってるって書いてたけどまた彼(彼女?)の写真載せてくださいね。
名前はなんていうんだろ??

上司の送別会はインド料理でした。こちらは本場のインドが味わえますよ~。ナスとポテトカレー、フィッシュヘッドカレー、イカカレー、タンドリチキン、ナン、ポテトコロッケみたいなもの、ナドナドバナナリーフの上でかけて食べました。食べ過ぎ!

今から本番まで3楽章も頑張りますねー。でもまぁできるか。Romburgの音楽が出来れば楽しいでしょうね。私は毎日Vacaliseの研究です。今日は急にオケのチケットがフリーでもらえたので練習おいて夜見に行きました。ボロディンの「イーゴリー公」はよかったけど、ショスタコのVn協奏曲とチャイコSymphony2は寝てしまいそうでした。ショスタコは奇怪な発想をしますね、アレ、伴奏かなり大変です。チャイコの4楽章は弦合ってなくってがちゃついていました。フリーチケットだけに文句はいえない。。
(土曜日は大抵メンバーからのcomplimental ticketは発行されません、が友達が昨日ソロの人と会って、ほしいって言ってもらったそうです)

今日は午後に起きたので身体がだるいですが明日は一日中だ!夕飯は友達のお誘いで助かった!

猫失踪中です、今。ミキといいました。

ミキちゃん、失踪中なんですか。
淋しいですね~。私も昔猫を飼ってたんです。うちの猫もよく失踪していたんですけど。帰ってくるといいですねっ!

ROMBERGのソナタ、第1~3楽章まで弾くのか分からないんです。この曲、私が弾くにはとても難しいし、私の集中力から言っても3楽章分弾くのは難しいでしょうね。でも頑張りますよ!私は。

今日は楽譜を買い込んで来たので、なんだかやる気マンマンです。

今日のエチュードは散々でしたが、VocaliseはCDを聞いてイメージで曲想を作り上げているので次回は細かい点までダイナミクスをつくるよう言われました。ビブラートもGood!って言われたし♪(指先がもう既にオタマジャクシ、大事な指です) エチュードは2番に入りましたが、Octab scallを学ぶ必要があると言われ、2番自体はゆっくり、だそうです。私はハイポジが大好きなので(ハイポジでのビブラートも好きです)早く教えてほしい。。

先生も結構お疲れムードで、私もあまり練習していなかったので、今日はしっくりこなかったけど、面白かった事が一つ。私がエチュードの中にある大きなExtensionをすっかりと忘れてて2,3度言われてもなかなか言うとおりしないので先生も尾を切らしたらしく、日本語で言えば分かると思ったのか「日本語で“extension”となんていうんだ?」と聞いてきて「カクチョウ“拡張”」と教えましたが、最後の方では「タコちょう」となってて一人で笑ってました。(ダメだけど!更に「Higher(高め)ってなんて言うんだ」と聞いてきましたが、もう分かってるんだから日本語で聞かないで!!と睨み返しました!

来週のオケのリハが2時から6時までなのでまた大忙し。結構体力との勝負です。明日から計画的に練習しないと。

指先が”おたまじゃくし”になってるなんて!素晴らしいっ!私の指はまだまだ原型を保ったままで皮膚だけ硬くなってる感じ。もっと練習して”おたまじゃくし”や”四角い指”にしていかないとなぁ。

Vocaliseもかなり出来てる様子。いいなぁ~
私の場合、ビブラートが全然出来てないし、ダイナミクスをしっかり付けるようにと何度も言われてしまいます。はぁ~、まだまだですね。

タコちょう、面白い。
来週まで覚えてはるんかな?タコちょう・・・

テスト・・・

本日、このブログのバージョンアップ作業が行われてたみたいなんですけど、よけい使いづらくなってしまったような感じが…

何はともあれ、ナナさんおめでとう!
今日は最後の有給を使い、一日中チェロ錬をしました。ナナさんに触発されてやってみたんですけど、1日だけではダメですね~

この時期は本当に異動が多く、仲良い同僚も来月日本に帰国と昨日聞いて結構落ち込み気味でした。決めた本人が一番辛いと言ってたんですが、身近にいる人が去るのは辛いです。期末にあたり結構多忙な毎日です。

私の指はすでに丸くおたまじゃくしになってます。深爪になってるのでお洒落もしてませんが。その分ビブラートが響くようになったり、しっかり弦を押さえてクリアな音が出せたり、利点がいっぱいです。
先生の指もまるーい指先でビブラートをする時はすごくステキなのです。彼は私の横に立ってよく見本を見せてくれますが、立ちながらVocaliseを弾くのでびっくり。
今はCDを聞いてどういうイメージで弾くのがいいか構想中です。

試験のコメントも全部解読できたので休みの日にアップデートします。

明日で私も今の職場を去る。まだまだ実感が湧かなくて、退職日がまだまだ先に思えてならない。はぁ~、やっぱり3月ってツライ月です。

今日のレッスンはちょっと不満が残る出来でした。やっぱりビブラートが上手くないので思うような演奏がなかなか出来ない。先生は「今の時点ではそれでいい」と言ってくれるんだけど、自分の中では納得できなくて…
ちょっと高望みしすぎなんでしょうかねぇ~

私の指、見た目は右手と全く変わりません。
触ると一応皮膚が硬くなってるけど、こんなのまだまだなんでしょうね。もっと練習したら私も「おたまじゃくしの指」になれるのかな?4月に入ってから1週間はヒマなので一日中練習しようかと思ってます。

今週で3人を空港まで見送りました。大勢の前で同僚3人とめそめそして、気持ち的にも辛い時期です。

レベルに合わせたコメントをもらったり、次へのステップの為に何が必要なのかちゃんと導いて頂けるのでステップを踏んで進みましょう。客観的に指摘された試験でのコメントでは(読解してワードに入れました)、厳しいお言葉もありますが、向上する為のポイントがありました。今の自分の”レベル”を認知して作業に取り掛かっていくことが一番の向上の道だなぁと思います。

おたまじゃくしの指でビブラートするととても豊かな音がでます。私はとっても今の指が大好き。今、親指を使用して(Harmonicsではない)Octab scale、vocaliseもあるな、を弾いてますが、またこの指も皮が厚くなっていくのだろうか。今は痛いです。

去る者より送る者の方がツライですよね~
はぁ~、私も今日で今の職場とお別れです。今夜、また送別会があるんですけど、そこで泣いちゃうんかなぁ??

そうですね。自分の中にある音楽は多分プロの方が弾いてるような音楽なんです。今はそんな風に弾けなくて当然なのに。私、焦ってました。でもいつかはあんな風に弾けるようになればいいなぁ。

親指、使ってるんですね。すごーい!
私も早く親指使いたい。さ、練習しよー

お仕事お疲れ様でした。私もあと一年、二年位働いたら何か新しい事にチャレンジできるよう頑張ります。今、思ってる事、やはり実行したいです。

私は昨日上司が帰任し、見送ってたら空港で大泣きしゃちゃって、何をする気にもなく日本酒を飲んで寝ました。泣き後が目に残ってて今日は気持ち悪かったけど。まぁ新しい組織に慣れるまで時間がかかりそう。

私は今週エチュード全然やってないよー。送別会でと総決算で死にそうだったし。そういう良い訳で来週への宿題にしてもらうようお願いしてみます。ハイポジでのスケールは出来るようにジョジョになめらかになりました。

そっか~。その上司の方もそんな風に部下から慕われて、うらやましい。4月以降は新しいメンバーで、また今までとは違った仕事がデキるはず。がんばってくださいねっ!

私も今週は送別会ばかりで練習がちっとも出来てない。
しか~し、来週のレッスンはお休みだし、学校が始まるまではヒマなので、家で思う存分チェロを弾きまくろうかと思っています。

さぁ~、お互いに新しいステージが始まったって事で頑張りましょ~

学生になったのですね、頑張って下さいね。私も今日オケに行き、(レッスンにも)色々再度学ばなければなーと上の人を見て思いました。毎日の練習は糧になるので、是非頑張りましょう。

今日は先生に、チェロの全てを学ぼうと思ったらキリがないが、やはり難しい事を練習して出来る限りの技術を取得してほしいと、生徒に言っているという恐ろしい言葉を聞きました。Octave scaleも結構難しいけど、その先の3th Octaveや6th OctaveもPopperの中で出てくるから、少し他の先生より教えることが違うけど、キミは見てすぐに出来るエチュードをしたいか?と聞かれ「したくない」と言わざるをえませんでした。グレード8になるとそういう技術も少し活用しないといけないようです。

バイオリンを習っている友達のロシア人の先生には「何回も同じ事を言わせるな」と怒られたそうです。そんな技術を持っても、今度のレッスンで出来なかったら先生も困ってる顔してるものなぁ、と思い返し、色々もがいている自分もいたりします。

きっとナナさんが本気でチェロをやってる事が先生は分かってるから、先生の方も本気でレッスンしてくれてはるんやなぁ~ でもさ、難しい事に挑むのって凄くワクワクしません?

私の場合はまだ本気さが足りないのかなぁ~
ま、以前に比べたらかなり真剣にレッスンには挑んでるけどね。けど、そのロシア人の先生キツイなぁ。でもどの先生も真剣に取り組んでおられるんだなぁ~と感心してしまいます。

あー、来年の今頃には現在のナナさんに追いつけるかなぁ?

それなりのレベルで皆さん本気で取り組んでいらっしゃると思います、特に大人になってから始められた方は。mihoさんはmihoさん的に本気で頑張っておられると思いますよ!先生は10代の人達と比べるけど、私は(多少悔しいとこもありますが・・)自分なりに良いと思いますし、友達も言ってたけど「結果だけでその人がどういいかなんて判断できないよ、Enjoy music!」って。私も自分の時間をほとんど楽器に費やしているので、その分レッスンやオケで成果を出していかないと自分的にがっかりするところもあり、でもやっぱりみんなと音を共有してみんなで喜ぶのもかなり大きいですから、、、って自分に言い聞かせてます。⇒意味不明ですが、きっと先生に言われたことがちょっと悔しいかな、と思うのです。

自分の思うところを目指してがんばりましょう。

まだこのブログの調子が悪いですね。
コメント情報がなかなか反映されなくて、こんなんバージョンアップ前の方が良かったやん!と怒ったりして・・・

昨日は音大にでも入るのか??というくらい一日中チェロとピアノ弾いてしまいました。私、指をバンバン指板に叩きつけてるのか指が痛い。でも長時間練習した割りには、あまり効果が上がってないんですよね。やっぱり私には短時間練習の方が合ってるんかな?

自分の目指す所か・・・
私、自分の頭の中にいっぱい音楽があるんだけど、まだチェロではそれが表現出来なくて凄くもどかしいんですよね。それが表現できるようにする事が私の目指す所かな。
さー、今日も練習するか~

一日や数日ではその日の効果はなかなか上がらないと思います、私の経験から。毎日の持続が将来の糧になります、こつこつ型人間なのでそう信じてます。長時間練習しても意識的な集中ができないと意味ないと思うのも事実でしょうか。昨日の音程練習でもそう思わされました。ただ人によって練習方法も違うので、何とも言えませんが・・・。
目標は高く掲げて下さい!
私も次回のコンサートでイメージ通りに弾けるよう(聴覚、視覚からの面)頑張ります。

目標を高くか・・・
ナナさんの目標ってなんですかー?リサイタルをする事かな?

今日もちゃんと練習をしましたよ!
でも今日は2時間弱くらいで終了。それも17番とFis mollのスケールの練習ばかりしてました。最近無暗に弾いてたから音程が無茶苦茶になってきてしまったので、今日は音程の確認のみ。ま、毎日弾いてるから指はスムーズに動くようになりましたっ!ちょっと進歩です。

次回のコンサート、がんばってね!
私はまだ発表会の曲が何になるのか分からんねんけど、一応ROMBERGを練習中デス!

リサイタルもコンサートもその途中経過にすぎず、それに捕われず、自分の想う心情をそのまま楽器に反映させ、自分だけの「音」と"movement"を表現できるチェリストになりたいです。一つ一つの課題をきちんとクリアにして更に高度なターゲットを掲げ続けたら、と思います。それに辿りつくにはかなりの練習と努力が必要ですが、色々同僚にも私の「夢」を語っています、それを温めています、また今度ね。

そうそう・・・日々の練習の成果を実力の糧にしていってね。この前言ってたフランス語スクールは変更です、次回のペーパー試験に向かって英語と日本語の教本を読み比べる作業に入らないといけません(日本語の本は持っているのだけど、英語で受けるので英語のテキストが必要、明日買いにいきます) それから問題解く。ランチタイムは半分オクテットのCDを聴き、残りの時間は読解に努め、きっと週末はカフェとかでずうっと入り浸ってると思います。。

それって日本語でいう”楽典”のテスト?
私、楽典がめちゃめちゃ不得意やし、その上母国語じゃないという条件が重なったら、やる気なくなるー!ナナさんはコツコツ派やし、この苦境も乗り切るんやろうなぁ~。

昔に買った「面白く学ぶ楽典」って本を出してきてさっき読んだら寝てしまいました。アカンなぁ

今日は練習3時間半しましたが、なんだか体に力が入ってしまって上手く弾けない~。

「楽典」ですね。今日、英語版を買いました。Logical的な事を理解するのに日本語の本が必要ですが、筆記は英語なので全て英語で暗記しないといけない所が辛いですね。でもレッスンやオケで使ってる言葉もあるので要は理解力ですかね、私は結構この本を見るとハマります。内容は難しいですが、理解して楽譜を見たりオケに参加したり役に立つことが多いです。今は時間的に本を読む余裕がないので毎日一行ずつ。新しい仕事に身体が慣れるまで・・・。

今日は私も3時間位練習しました。オクテットの曲は今のところ短時間ながらこそこそやってるので音程が落ち着いてきた感じ。他の楽器が何をしているかCDで曲の丸覚えをする時期がきたようです。オケもささっと通して終わり。Octave scaleは段々親指が痛さを感じなくなり、でも今ちょっと水膨れになってる。これ破けないようにしないと。そしたら弾けない。それともマメになってるのかなぁ。

ナナさんがやってるんなら私も!って事で楽典の本を出して今日も読んでみよう!と、昨日の本はやめて、「音楽の理論」という中学生の頃に買った本を読み始めました。全然面白そうに書かれて無い本なんやけど、こっちの方が私には解り易い!

親指、痛いですか?私も親指を使う日が来るんだろうか・・・今日は2時間ほどの練習で、ドッツァーを22番まで予習しました。今の私には19番が凄く難しく感じるんですけど、コレも練習すれば慣れてくるんでしょうかねぇ。ロンベルグのソナタはようやく展開部の前まで弾けるようになりました~。

私はこの楽典の本2冊を10月まで丸覚えしないといけなんです~。明日はさっさと部屋を片付けて図書館かカフェで勉強します。英単語もデスクにくっつけて覚えるようにします。夜も何も予定をいれないで練習しよう。
親指でハーモニクスを使う時はありましたが、実際に弦を押さえてクリアな音を出すのは結構痛いです。。でも一週間たった今皮膚が厚くなってきたのかそんなに感じなくなりました。これも日々の練習が成果を出すのでしょうか。学校はいつからですか?それまでにたくさん弾いて下さい。

私はボーナスが出たので(?)またチェロの小物を仕入れにいきます。(ストッパーに凝っています)

ボーナスいいなぁ~
私ももう少ししたら退職金が振り込まれる予定!だけど、学校の為に置いておかなきゃ。
またどんなストッパーを買ったのか教えてくださいね。私は先日、先生のお父さんに作ってもらったヤツにヒモをつけて使えるようにしなきゃ!

来週の11日に入学式なんです。そこから学生生活が始まるんですが、その後どんな生活になるのかよく分かんないので、今のうちにチェロを頑張っておこう!

今夜は久しぶりにクラブに行ってきました。たまにはお洒落をして出かけるのもいいなぁと思いました。帰宅は夜中の4時近くです。ねむー。

ストッパーはエンドピンにつけるラウンド形の小さなものです。小さなホールで行う室内楽や人のおうちでの練習にはもってこいだと楽器屋に伝え、その品をキープしてもらってます。今持ってるストッパーを取り付ける時間が省けます。

明日はゆっくり寝て昼から掃除、勉強します。

クラブかぁ。私行った事ない…かも。
まぁ、クラブじゃなくても、たまにお洒落して出かけるのは良い気分転換になりますよね。(私、最近全くお洒落して無いけど…)

今日、先生のお父さんに作ってもらったストッパーを使って練習したんだけど、やっぱり良く響いて床がビリビリ振動してました。ゴムのも良いけど、やっぱりBrassはよく響きますねぇ。これでエンドピンを変えたらもっと凄くなるのかなぁ?

たまによくクラブに行って踊ります。結構よい運動になりました。お洒落はオフィス内でも出来る範囲してるけど、ノースリーブじゃ日本からの出張者が来てたらびっくりするよね。笑
今度久しぶりにデート?が入りそうなのでどうお洒落するか考えてます。

Brassはよく響きますね。ゴムだと音がこもってしまうし、うーむ。日本に帰国したら真鍮のストッパーも考えるか、でも室内楽のコンサートではヒモなしタイプで考えてるので、日本に帰国したら、新しく考案されたヒモなしの真鍮のストッパー購入を考えてます。すごい発案ものなんだそうです。楽しみ

デートですか!いいねぇ~
もしかして、前言ってた人??
自分らしい服でいいんじゃないですかねー
いいな、いいなぁ~

真鍮の物凄いストッパーってどんなんですかっ!
ストッパー事情にかなり疎いので、そんなものが出てたなんて… 底がどんな風になってるのか知りたいっ!

うーん、今度ゆっくり会いたいですねぇみたいなこと言われて、返事してないです。笑 あまりピンとこないんです。だからまだ友達交えて会うと思います。

mihoさん、とうとうバッハのsuiteをレッスンでやっていくことに!Vocaliseは来週弾いて終わり、同時に次回のレッスンでsuiteです。suite1の中の曲なら何でも弾けるよ、終わりの方の曲をやろう、と言われてびっくり。去年は「まだダメ」と言われて楽譜を温めていましたが使用できる時が・・・。来年にはラフマニノフのソナタが出来るかなぁ。今日、レッスン場に私が神戸楽譜で購入したラフマニノフのソナタと同じ出版社発行の楽譜が隅に置いてあり、誰か弾いてるのかなぁとそわそわ。

来週から学校ですね!楽しみですね。
私も、新しい仕事(同じ仕事内容)と上司で新鮮な毎日を送っています。

えーーー!すごいやん!!!
suite弾けるなんてっ!今楽譜を持ってきて見てたんだけど、私MenuettoとGigue好きだなぁ。私も来年くらいには弾けるかな?(来年は実習が入りそうだし、それどころじゃ無さそうやけど)この分じゃ、ラフマニノフもそう遠くないかもね。

とうとう入学式まであと1日になりました。
今日は看護士をしている姉が家に来て、色々とアドバイスをくれましたが、話を聞くうちにかなりブルーになってしまいました。学校が始まるのが怖い…

suitesの譜面自体はそんなに難しくはないのですがbachの作風を出すのは至難の技でしょうね・・。ちょこっとでも音楽的な部分が学べればいいなあ。でも、何を弾くか決まってないので譜面を前にして悩んでます。Popperが今は音程とりとoctave positionの確立で大変な思いをしてます!

経験なしで話だけ聞くと落ち込んでしまう一方ですが、ご自身で決断された勇気があるのだからきっと大丈夫です!がんばれ、とうとう明日だね。
私はまだしばらくOL生活を続けます。

おおっ!確かに譜面は簡単そうに見えるわ。
特にMenuettoとGigueが簡単そう。
bachの作風かぁ。確かに難しいやろうなぁ。
自分の得意とするタイプの曲から攻めていくとか?
うわー、私も絶対弾いてやるー!
待ってろ!Bach!

それから、明日こちらは大雨らしいです。
なんだか前途多難だわ~

チェロ暦云十年の人にBachのSuitesの話をしたら、「Bach`s suites will conquer musical satisfaction of your life.I play them in spite of less free time before」とおっしゃられ、どれだけ無垢になれば自分の演奏に満足するのだろうか、と今日練習中ずっと思ってました。Suite1のMenuetto、比較的簡単な音符が並んでいますが、ボーイングの技巧が問われそうです。あまり幅を使用せず、ビブラートもちょっと効かせるとそれっぽく聞こえます。

明日は頑張って行って来て下さい。

どんな曲にも言える事なんかも知れないけど、20代の時は20代なりの、30歳になれば30歳の演奏が出来ると思うねん。このバッハの曲って、凄く簡単なモノもあれば難しいのも入ってるし、音楽の原点って感じの曲やから、弾き飽きる事がないのかな?と…。それに追求すればするほど、自分の求める音楽が変化していって、真に満足できる事は難しいのかもなぁ~

とまぁ、シタリ顔で書いてますが、私はにはまだまだ先の話です。

そうそう、今日初登校しましたが、若者パワーに圧倒されてしまいました。でも、私の行く学校は社会人を経て学生になってる方が多いので、様々な経験をしてきた方を出会えて、とても興味深いです。明日も新たな出会いが待ってるのかな??

ただ自分が何を求めているか、自分だけが知っているのでそれを信じて勉強するのみです。今は時間も将来も、体力も若い学生には負けてしまいます、やれることをこの一秒にどれだけ力をこめるか、必死です、私。
聖典等と言われてますが、正に音楽の原点がここに集中しています。譜面上「簡単」にみえますがその5線内に書かれている音符と音符の間に、真っ白で見えない音符と、幾万のexpressionがどれだけ詰まっているのか、私は考えるとたまらない想いがするのです。あの譜面、自分の120%の感受性と技術を駆使せずには満足いかないでしょう。技術とこころで歌う力はバランス良く天秤にかかるのでしょうね。私は以前、Bachの曲の英訳を手がけたことがあるのですが、彼の言いたいことが分からなくて、ピアノ奏者の友達にBachの背景や作風等を教えてもらい、完成させました。丸一週間かけて(仕事中、夜等・・・)小説1Pだけの文章を校正しましたが、日本語にはなったもののロジ的なことが理解不能でパニックになりそうだった。その後のモーツァルトの解説は断然易しかった、それが半年前、終えた後からBachのSuitesをやりたいだなんてよく言うよ、と冷や汗・焦りの気持ちが高まりました。私のBachへの取り組み作業に、これに少しでも影響あれば、と思うこの頃です。

知らないよりは知ってる方が曲に深みが出てくると思いますよ。ますますナナさんのBach、楽しみですね。思いっきりこの曲を追求してみてください。私もまだまだ弾けないと思うけど、弾けるその時を目指してsuiteが出来た背景でも勉強してみようかな?

私のほうは学生生活2日目。まだ生活に慣れないので凄く疲れます。今日はチェロを弾くパワーがなく、練習はお休み。明日は午後授業が無いのでゆっくりお休みしよう・・・

今夜は音大生のチェロコンサートを聞きに行きました。様々な小品(ピアノと共演)と最後に4声(8人)によるチェロアンサンブルを見ました。Popper等のエチュードもあったり、帰宅して少しだけ練習し、頭に描いた音楽を弾いてみました、Vocaliseの演奏もあったのでとても良い参考になった。仕事あがってすぐのコンサートだったのでなかなか頭が切り替わらなかったのが残念。

学生生活がスタートしたみたいですね、毎日新鮮な日々を送られ、楽しんで下さい。
こちらは明日行けばお休みです。

あぁ、そういうの聴きに行きたい!
こっちでは私が見逃してるだけなのかもしれないけど、なかなか音大生のコンサートって無いんですよね~。

仕方なくプロの方の演奏会に行くしか無いんですけど・・・この間ブログにも書きましたが、またイケメンチェリストの無伴奏チェロ組曲の演奏会に行ってきます!かなり楽しみ♪

あ、思い出した・・・
今日はレッスン日。学校が昼で終わったので今からチェロの練習に励みます。

プロを目指している学生の演奏は、あ、ココこういう風に練習した、とか色をつけたんだなあという実力と努力への歩みの軌跡が垣間見れたので面白かった!音大等で公開リサイタルとか行ってませんか?

イケメンって演奏の他ビジュアル的な面から見てもパーフェクトなのでいつも以上に(?)楽しみですね。いいなぁ。昨日のアンサンブルのTOPの方も超イケメン。観客への挨拶の時の100%の爽やかな笑み!ほれます~。(違う方向に向いてますね)

レッスンの進行状況はどうですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/8804489

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のレッスン:

« 本末転倒 | トップページ | 久々のコンサート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30