« 本日の練習 | トップページ | またもや出来とりません・・・ »

2006年3月 2日

今日のレッスン(3/2)

うわっ!明日はひな祭りやん!
今このブログのタイトルを書いてビックリしてしまった。
年を取ると時間の流れが速く感じると何処かの先生が
言ってましたが、最近事の外早く感じるので私も年よのう~
と改めて思ってしまった。

で、今日のレッスンですが、あんまり弾けてなかった割に
すごく楽しいレッスンでした♪

○Emollスケール
全体的に音程を高く取ること。あまり低くとると緊張感のない感じの
スケールになるのでそこを注意。
久々に弓の持ち方を注意される。
だんだんと自己流になりつつあるよう。

○DOTZAUER15番
・3拍1フレーズは弾けてるのでOK
・2・1でフレーズを分けて弾く場合、3拍目のフレーズを弾く時に弓のスピードが速く音が抜けがちになるので、あまり焦らずにシッカリ音を出すように心がける。
・2ページ目右下のボーイングバリエーション1、スラーの後にスタッカートが来る時はスラーの後の音の所でシッカリ弓を止め、その後のスタッカートを弾くといい。

○DOTZAUER16番
符点音符の拍の取り方がヘン。メトロノームで練習
移弦は手首だけでせず、腕全体で!
符点の次の音はあまり軽くしすぎずシッカリと音を出す事。
難しいと思う所は焦りすぎてる場合が多いので、
ゆっくり焦らずに弾けば大丈夫との事。

○ジムノペディ第1番
この曲はメロディが遠くの方でかすかに鳴ってるような感じで
Pで弾くと曲のイメージに合った音が出せる。
あとテンポは揺れても構わないので、自分の感じるままに
弾けばいいとの事だった。

それから、ビブラートのこと。
自分のなかで未だビブラートを理解していないので、どんな時に入れればいいのか分からず、とりあえず今日は長く音を伸ばす所全部に入れてみた。そしたら、先生から
「遠くに飛ばしたい音(強調したい音か?)だけに入れてください。」
と言われた。

へぇ~、そうなんだ。


「ジムノペディ、思った以上に弾けてる」といわれ
顔には出さなかったけど、心のなかでエヘヘと照れる。

« 本日の練習 | トップページ | またもや出来とりません・・・ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/8915949

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のレッスン(3/2):

« 本日の練習 | トップページ | またもや出来とりません・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30