« 今後の課題なのです | トップページ | ニス剥げる »

2006年5月11日

今日のレッスン(5/11)

今日はチューニングでAの音を出した瞬間に先生が

「うわっ!音変わってる!めっちゃまろやかないい音でてるで!」

と言ってくれた。ふふふ、ウレシイ!
多分、弓の毛の張り具合をゆる目に変えたからやわ~
ということで、今日のレッスンは・・・

・H moll スケール
今日のレッスンで初めて弾くにしては綺麗な出来。
A♯→Bに行く時に、次のB音を意識してA♯音を少し高めに取る
A線のポジション移動の際に指を滑らせて移動させる
移動する前の音が短くなるので、長めに弾くことを意識する

○DOTZAUER 19番
この曲は最低最悪!!!
・拍がきっちり取れてないので、慌てた感じに聴こえる
・1ページ9段目4小節~指使いが難しいのかバタバタした感じがするらしい。特に音を取るのが難しい音を弾く時に1の指とか2の指とかが浮いた状態になってる事が多いので、ちゃんと全部の指で押さえること。そうすることで次の移動をする際にどれだけ動いたら良いとかの目安になる。
・それから駒側を弾きすぎ!いい音が鳴る位置をキープする。

○ROMBERG SONATA in C major
今日はDOTZAUERに時間を取りすぎて、1ページしかみてもらえなかった。レッスンに行く前に「出来ないなぁ~」と思っていたところを指摘されたので、やっぱりな・・・という感じだった。
音色と曲想は自分でもビックリするほど上手く出来たと思うけど
リズム取りがヘンなところが2・3箇所出現!

メトロノーム練習やろ~

« 今後の課題なのです | トップページ | ニス剥げる »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/10022467

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のレッスン(5/11):

« 今後の課題なのです | トップページ | ニス剥げる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30