« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の15件の記事

2006年6月22日

ショボーン

キョウ ノ レッスン モ サイアク デシタ・・・

落ち込みすぎて言語中枢がイカれてる。

とにかく、今日弾いた全部の曲に共通して

・テンポ!テンポ!テンポ!
・リズム!リズム!リズム!
・左手弱い!
・右手弾く前の準備が出来てない!
・楽譜通り弾く!

というのを言われた。

来週までに以下の3点で練習すること!

メトロノームを16分音符で刻みつつ練習すること
リズム練習を欠かさない事
難しいところは超ゆっくりで練習すること

もう疲れすぎてるので今日はこれでおしまい。

なんだか身の回りで色々あって疲れてきたので
7月3日までこのブログをお休みします・・・

2006年6月19日

Relax Mode

久しぶりに学校の自販機でジュースを買いました!

今日のはコレ

RelaxmodeRelax Mode(メンタルサポートのための)

テアニンって成分が100mg入ってるらしいんやけど、テアニンって何!?
という事で調べましたとも・・・
解剖生理学の本には載ってなかったので、体にどーしても必要な成分ではないようだ。さっきインターネットで調べて見たら、テアニンとはお茶特有の成分で、旨味成分グルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種らしい。


<テアニンの効用>
テアニンを摂る事で、リラックスの指標となるα波(脳波の一部)を増加させ緊張や不安、イライラの指標となるβ波を減少させることから、心身をリラックスさせる作用があり、

1.スムーズな入眠、さらに睡眠の質を良くする
2.集中力が向上し仕事の能率が上がる

などのヒーリング的な役割をもちます。

・・・との事。
コレを飲んだ次の授業で何度か深い眠りに入ってしまったので、1の効果は抜群にあったわけだ。しかし、2は・・・・、イマイチ効果無し。

とにかく、リラックス効果抜群なので
この飲み物は寝る前に飲みましょう~

2006年6月18日

練習・練習・・・

この土日、久々にまとまった練習時間が取れた~
うれしがって長時間弾きまくってたので指が痛いっ

・Fmollスケール
自分の中の音程が狂ってると言われたので、ピアノでFmollのスケールを体が覚えるまで弾きまくる。久しぶりにピアノでスケールを弾いたので、かなり怪しい指使い。やばっ!

・ドッツァー21番
スタッカートの前にちゃんと一度弓を弦の上で用意をするという動作が出来るようになってきた。低音部分も弾く前に移弦をしっかりしておきさえすれば音が鳴るんだなぁ~
絶対に次のレッスンであげてみせますっ!

・ドッツァー22番
これも良い感じになってきたぞ~
今日はメトロノームをM=72にして練習してみた。楽譜上はallegroになってるので倍以上の速さなんやけど、今の段階では無理。特に7段目2小節~で急激にテンポが落ちる。なんでや~

・ROMBERG SONATA
これは・・・まだまだ・・・
今日はポジション移動の際に必ず入ってたポルタメントに気をつけて練習。それと、ビブラート練習もする。
あとは難しいところ(いっぱいある)を一つ一つ重点的に練習してみた。

課題の幾つかをクリアしたので来週のレッスンが待ち遠しいっ・・・

父の日

今日は父の日

この事実は今朝になって母親から知らされた
「アンタちゃんと用意した!?プレゼントっ!」
といわれ、全くそんなの用意していなかったので
朝から買いに行ったんだけどさ~

無職の身の私なので予算が・・・
家の近所の百貨店の紳士服コーナーをグルグル
歩き回ったあげく、大学生っぽい男の子達が
「オレこれにするわ~」
と靴下を手に取ってたので、私もそれにするっ!と
バーバリーの靴下3足プレゼント用に包んでもらった。

家に帰って、昼ごはんの時に家族全員でプレゼント贈呈式。
母親からはポロシャツ、姉からはパジャマ、兄からはヘッドホン
私からは靴下・・・
なんだかもうお父さん喜んじゃってウフフという感じ。

しかしっ!!!!私のプレゼントをみた母親が
「あ、アンタそんなもんあげて”まだまだ脛かじりますっ”ていう
意思表示かっ??」だって。

まぁ、事実そうなんやけど
そこまで露骨に言わなくってもさー(ショボン・・・)

2006年6月15日

今日のレッスン(6/15)

毎週木曜日に猛烈に雨が降ってるような気がするんですけど
気のせいでしょうか・・・
今日もびちょびちょになりつつレッスンへ向かいました~

○F mollスケール
何度やっても音程が悪いので、口で歌うように言われて歌う
歌った音階も楽器で弾く音階も同じところの音が低いとの指摘
それから、ポジション移動をする所、指を滑らせて移動させる事

○DOTZAUER21番
これ、簡単そうなのになかなか上がらない。
移弦を含む場合のスタッカート前の準備が出来ていない
G線、C線はいつも以上にシッカリと音を出すようにとの事
始め~3段目までのみやり直し

○DOTZAUER22番
これもまたダメだった~
7段目2小節~3小節、パーツパーツに分解して練習
8段目4小節~8小節、低音はシッカリと実のある音を出し、
次のスラーは弓を使うのをもっと節約する事
スタッカートは音の終わりに余韻を残すような感じで!!

○ROMBERG SONATA
最近、ポジション移動の際に必ずポルタメントが入ってるので注意して欲しいと言われた。それと勢いのある曲なのに、伸ばす音の最後が尻すぼみな感じになってしまっているので、もっと次へ次へと曲が進んでいくような感じで弾くようにといわれる。あと、ビブラート。初心者にありがちな中途半端なビブラートの入り方になってるので、次の音の頭まできっちりビブラートを入れてくださいっ!との事だった。

うーーー、今日のレッスンは苦しかったです~

2006年6月14日

The Bass Gang

今日は久々にコンサートに行ってきました♪

それも・・・
サラサーテVol.9に載っていて、写真を見たとたん
ファンになってしまったThe Bass Gang(日本ではオクトバス4)
というイタリアのコントラバス4重奏団のコンサートに行ってきました!
コントラバス4重奏ってスゴイと思いません!?

コンサート内容は・・・
また次の会場があったりするんだと思うので
詳しい曲目は書かずにおこうと思うんだけど
クラシック、ジャズ、ロック、タンゴ、日本の歌謡曲・・・
もう何でもアリで抱腹絶倒の2時間ちょっとでした。

今回、高音でメロディーを弾くコントラバスって始めて聞きました。
シアンカレポーレさんが弾くメロディは繊細で
ボチーニさんの弾くメロディーは艶やかな感じ
私の惚れたベルナルディさんはおちゃらけながらも上手いし
ピーギさんは低音の魅力がたまらん~

Vfsh0184演奏会の後にCDを買い求め、そのCDを持ってサイン会にGO!何か言葉をかけようかと思ったんだけど嬉しすぎで声が出ず、シッカリと握手だけして帰ってきました。でもね、大好きなベルナルディさんが私の手にKissしてくれたよぅ~!(さすがはイタリア男だ!)もう暫くは手は洗えませんな・・・

彼らに握手+Kissしてもらった右手・・・
イタリアンパワーを右手にしっかりチュウニュウしてもらったので
明日のレッスンは上手くはず~!

2006年6月12日

変えちゃいました!

最近あんまり良いことがなかったので
またブログのデザインを変えてみました!
(頻繁に変えすぎかしら・・・)

なんだか今日は疲れ果ててしまったのですが
チェロの練習は2時間程やりました。この記事を読んで
メトロノームを使って練習することの大切さを思い知り、
DOTZAUER21番、22番を超低速メトロノームに
あわせてスタッカートの練習をしたからか
右手が物凄くだるい・・・

今気がついたんだけど、
今日はB型肝炎ワクチン接種を受けたんですよね。
帰りがけに「今日は激しい運動はしないように」と説明を
受けたんだけど、もしかしてスタッカートの練習って
激しい運動だったのかな?

体がものすごーくダルイので
ちょっとビビッてます・・・

2006年6月 9日

長崎ちゃんぽん グラバー亭

Gurabatei本日は前職場のHさんFさんご推薦の”長崎ちゃんぽん グラバー亭”に行ってまいりましたっ!

このお店は瀬田の龍谷大学近くにある店で、本場の長崎ちゃんぽんを出してくれる事で有名なお店らしいです。HさんとFさんの大絶賛の店だったので、ずーっと行きたいなぁ~と思ってたんですけど、店のありかが分からなくって今日は友人にこの店に連れてってもらいました!
あぁ、憧れ続けて半年・・・ようやく来れたグラバー亭

Tyanpon私はこの店のウリのちゃんぽん(700円)を友人は皿うどん(700円)を注文しました!

ちゃんぽんも皿うどんも体育会系の男性二人が薦めただけあって物凄いボリューム。食べてみたら味が薄くって「えっ!これが大絶賛の味?」と思ったんですけど、テーブルに置かれていた説明書きに

”好みに合わせてソース、醤油、酢を入れてください”

と書かれていたので、全部を少しずつ入れて味の変化を楽しんでみた!
一番醤油と酢が美味しかったので、それをこれでもかーーっ!
と入れて食べた。野菜タップリで優しい味なので体に良さそう。

皿うどんの方もこれまた物凄いボリューム。
こっちの方が味が濃くて美味しかった。
けど、女の子が一人で食べるのはムリな量・・・

二人してお腹パンパンになって帰ったのでした。


タラフク食べたのに、その後スターバックスでお茶する。
そこで大学を卒業して以来会ってなかった友人にバッタリ会った!
こんな所で会えるはずのない人だったので、本当にビックリ!
その子は今県内の博物館で学芸員をしてるそう・・・

スゴイっ!ちゃんと資格を生かしてる人がいるんやなぁ~

そういえば・・・私も一応学芸員の資格もってたよなぁ~
資格が泣いてるぜ・・・

2006年6月 8日

今日のレッスン(6/8)

○F mollスケール
いっぱい練習したのに音程が不安定。

○DOTZAUER21番
スタッカートに入る前に必ず弦の上で用意してから弾く事。
テンポを上げる

○DOTZAUER22番
”気持ち悪いスタッカート”と言われた~
とにかく”弦の上で弓を用意→そのまま横に弾く→弓を止める”と
いう基本的な所を再度確認して練習すること。
後は、音の長さを意識して弾く事
・メトロノームを使ってリズム練習をするように!

○ROMBERG SONATA
これもDOTZAUERと似た様な事を注意される
ボーイングコントロールについてもかなり指摘された

はぁ~、今日のレッスンは今期中一番最悪だった。
先生からの今日のコメントは以下の通り・・・
「曲を上手く弾こうと焦ってる感じがする。けど、やらないと
いけない事が全く出来てないので、上手く弾けないんですよー。
とにかく今は曲想をつけるとか言う以前に、楽譜通りに弾く事。
テンポもグッと下げてメトロノームを使って練習してください。」

はぁ~、来週に向けてはスタッカートと音の長さに注意して
練習しよう・・・

2006年6月 7日

似合う服

学校の実習で着る患者役のパジャマ・・・

学校にある物品なので白地に大きなピンクの水玉という
微妙な柄なんですけど、私、そのパジャマが異様に似合うらしいんです。


パジャマの格好で校内を歩いてたら、

「うわっ!mihoさんそのパジャマ似合う!
自宅からその格好で来たみたいに体に馴染んでるで」

とすれ違う人すれ違う人皆に言われました。


あぁ、こんなパジャマが似合っても嬉しくないっ!


白衣が似合うって言われたら嬉しいのになぁ~
(”ベテラン看護師みたい”とは言われるけど、似合うとは
言われた事がないねんなぁ。)

2006年6月 6日

こんな事やってる場合じゃ・・・

解剖生理学の試験、6日前・・・

勉強しなきゃと思うんだけど、気分だけ焦って
ますます違う事をしたくなるんですよねぇ~

Otankoいけないいけないと思いつつ、昔に買った「おたんこナース」って漫画を出してきて読みふけってしまいました。(看護系の漫画なので、他の漫画を読むより罪の意識が軽くなる)

全巻読破~!!
ただ今自己嫌悪中・・・

2006年6月 5日

弓の毛替えに行ってきました!

今日は午前中で授業が終わりだったので
午後から弦楽器工房へ弓の毛替&ニス塗りに行ってきました!

弓の毛替えは毛の質によって価格が分かれていて
今回も前回と同じく8500円の毛でお願いしました。
なんでも良い馬の毛を選りすぐってるのでモチが違うんやって。
他には7000円と言うのもありました。

Nisuそれからニス塗り。
この間チューナーを落とした所を工房のおじさんに見てもらったら「これ掘れてるよ~。こんなけで済んで良かったねぇ~」と言われました。そこだけちょちょいとニスを塗ったら大丈夫やでとの事だったのでやってもらう。塗って貰う前の写真を撮ってたら良かったなぁ~と後悔してたんやけど、良く見ないと傷が分からないくらいになりました。他の傷も全部塗ってくれてたので、チェロがピカピカに!(私のチェロの隣にオールドチェロが置いてあったので、余計にピカピカに見えたんやけど。)

あと魂柱と駒のチェックをしてもらって・・・
私はあまり工房に足しげく通う方ではないので
上手く行けば、次の毛替えまでは工房に行かへんやろなぁ~

工房のおじさん、また来年ヨロシク!

2006年6月 4日

シビレます

今練習しているDOTZAUER22番にシビレっぱなしです。

今までの曲に比べて数段難しい曲に思えるんですけど
E minorのメロディーがめっちゃかっちょいい~んです。
そんなかっちょいい~曲なのに、上手く弾けないので
そのジレンマと今戦っている所です。
音の跳躍、特にA線からC線の跳躍が今の所上手く出来ません。
(上滑りしたような音しか鳴らないんですよね~)

私のいつもの練習方法は

①まず全体を通して弾く(譜読み)
②弾きにくかった所、弾けない所、音程が怪しい所にチェックを付ける
③そこだけを取り出して練習
④出来るようになったら、全体を通して弾く

・・・とまぁ、こんな感じなんですけど
今回はチェック箇所が多すぎて来週までに仕上がるか心配。。。

それから出来る出来ないに関わらず、その曲の一番好きなところ
は毎日弾いちゃったりしてます。
222

←今回はココ!
毎日シビレてます!


2006年6月 3日

青実山椒?

私は無類の山椒好き!

なかでも、これは京都だけにしか売ってないものなのかも
しれませんが”青実山椒”っていう佃煮?が大好き。
山椒の味がちゃんとして、少し味がついててウマイんです!
毎年、今くらいの時期になると京都の錦市場に買いに
行ってたんですけど・・・

昨年、父親のやってる会社の事務員さんから
この青実山椒を家で作ったのでどうぞ!とおすそ分けして
もらったんです!それが買ったものと同じ味がして
とても美味しかったので今年はレシピを聞いて
自分で作ってみました!

~~青実山椒(もどき)の作り方~~

材料:山椒の実、酒、醤油、だしの素
作り方
・山椒の実を2回茹でる
・ざるにあげて水分をとばす
・鍋に酒、醤油、だしの素を適当に入れ山椒の実を投入し煮る
(ただし、煮過ぎに注意!甘いのが好きなら少し砂糖を入れる)

私の場合、醤油は”うすくち”を使用しました!
今回はまぁまぁの出来。今後、研究が必要だわっ!
Sansyo
店で買うのはもっと緑色なんですけど、あれはどうしてるんだろう・・・

2006年6月 1日

今日のレッスン(6/1)

チューニングのAの音も上手く合わせられないくらい
今日はダメダメ状態だった。はぁ~

○F mollスケール
今日はA線の音が全て低かったらしい・・・

○DOTZAUER 20番
これはOKになりました!

○DOTZAUER 21番
私の苦手な音形の練習!全弓で弾くのが難しいデス。
・スラーの付いてる音とスタッカートの音が別物に聞こえるので
 全て同じ音色で弾けるようにすること。
・弓先になっても同じ圧力を弓にかける事。
・全弓で弾く所のボーイングコントロール!
・テノール記号の所、音程めちゃめちゃ危うし!

○DOTZAUER 22番
この曲好き~だけど難しい~
・始めはできるだけ軽く、静かに弾く
・クレッシェンドは4拍めくらいから入れ始め5・6拍で急激に頂点に持ってく
・要になる音を強調して、その他の音は出来るだけ軽く弾く事

○ROMBERG SONATA in C major
今日は10小節だけしか弾かせてもらえなかった・・・
1小節弾くたびごとにダメ出しがっ・・・
これも弦に弓を引っ掛けてから弾いてない!と何度も何度も
同じところを練習したんだけど、結局上手く出来ず・・・
終わった頃にはグッタリしてしまいました。


そうそう、上手く引っ掛けられないのは弓が原因のよう。
先生から弓の毛替えに行くように言われました!
さっき昨年の手帳を見てみたら「6月1日毛替え」と書かれてて
ちょうど1年でツルツルになってしまったのね!と驚いてしまいました。
しかし、毛の寿命って1年なんですねぇ~

ま、駒の事とか相談したいし、早速工房に連絡取ってみよう!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30