« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の16件の記事

2006年8月28日

これにしようかなぁ~?

数日前、先生から

「次のレッスンにはエチュードと好きな曲1曲持ってきて下さい。」

という内容のメールが来た。
そう言うと思ってたんですよねぇ~

前に書いたヴォカリーズでもいいんだけど
その曲をする前に1曲気になる曲があるので
そっちを持っていく事にしようかなぁ~と今思ってる。

その曲は・・・

スズキの4巻に載ってるマルチェロの”ソナタ ホ短調”

ちょっと物悲しいバロックっぽいメロディーが私の好きな感じ!
初見でも弾けちゃうので、これにしよう!

2006年8月26日

ふじさん に のぼりました

Keito思いっきりオババカな話なんですけど・・・・

今年5歳になる甥っ子ケイトから絵葉書が届きました!

「きょう ふじさん に のぼり ました   けいと」

うわーっ!こんなに上手く字が書けるなんてっ!スゴイ!
あぁかわいいっ!!おばさん嬉しいよ!!
私も何年も前から富士山に登ってみたかったのに
甥っ子に先越されてしまってクヤシイ~

来年あたり挑戦してみようかなぁ??

2006年8月24日

久々にドッツァー

あの火事からちょっと時が経ったので
だいぶ家の中が片付き落ち着いてきました。

あの件の直後は、いつになったら普通の生活に戻れるのか
皆目検討が付かなくて、チェロの練習なんてとても出来そうにない
と思ってしまったんですけど、喉元が過ぎればナンとやら・・・
8月17日に「発表会に出ない」と言い切ってしまったことに
多少の後悔が・・・・

イマサラ出たいとも言えず、次にやると思われる
ドッツァー23番と24番の練習を始めることにした。

○ドッツァー23番
今弾いてみるとそんなに難しく感じない。(成長したのかな?)
ただ、最後の方の半音ずつメロディーが上がっていくところの音程が
イマイチなのでそこを注意すればいいんじゃないかな?

○ドッツァー24番
音程取りがちょっと難しい・・・
でもその他は別に難しく感じないので、これもいけるかも・・・

曲は何にしよう・・・
出来ればヴォカリーズかパラディスのシシリエンヌが弾きたい。
こんな事を言ったら先生、どんな反応をするんだろうなぁ?

2006年8月23日

ラーセン&スピロコア

昨日、チェロの弦をA、D線をラーセンソリストに
G,C線をスピロコアに替えたんですけど・・・
なんだか変なんですっ!!

G線を弾くと残響音っていうんかな?がビヨーンビヨーンと鳴って
とても気持ち悪い。そのほかの弦は音が適度に響いていい感じ
なんですけどね~

セッティングの問題??
弾き方の問題??
それとも楽器に合ってない??

ここだけ違う弦に替えた方がいいんでしょうか?
ちょっと悩み中です・・・

2006年8月22日

案外早く復活

先週の家のトラブルから1週間が経ちました・・・

実は私の家が火事になってしまい、この1週間ホント大変でした。
家族の不注意で起こってしまった火事なんですけど
近所の方々の早い消火活動のおかげで2階の一部分のみが
焼けただけで消火することが出来ました。
本当にご近所のみなさん、消防署の方々ありがとうございました。

しかし、火事の後処理が凄く大変でした。
家中ありとあらゆる所が煤で汚れてしまって掃除を何度しても綺麗になりません。
家具や洋服等々、家の中の物、半分以上処分してしまいました。

幸いにも火元から近いところにあったチェロは無事。
ただチェロケースが煤で汚れてしまい、金具が錆び錆びに・・・
煤って本当に恐ろしい・・・
弦もちょっと錆びた感じがしたので、新しいのに交換しました。
今回はラーセン&スピロコアの組み合わせです。

家族も怪我人は1名いるけど、みな元気です。
これから「一からやり直し」を合言葉に、皆で頑張って行こうと
思っていますので、よろしくお願いします。

またコレを読んでる皆さん、
火の始末には充分注意してくださいね~

2006年8月17日

少しの間お休みします

突然なんですが・・・
家のトラブルによりチェロの練習が出来なくなってしまいました。
それに発表会も急遽出演を取りやめることに・・・

何とか9月には練習再開したいんですけど、どうなることやら・・・

ちょっとの間、チェロをお休みします。

2006年8月13日

追加レッスン①(8/13)

暑い、暑い日曜日・・・

今日はチェロの二重奏を相手の方に合わせるのと共に
ソロの追加レッスンもしてもらった。

・ロココ 二重奏
相手の方は前回の発表会で一緒になった方だった!
最近レッスンでお顔を見なかったので「辞めたのかな?」
と心配してたんですよねぇ~。再会できて嬉しいっ!

しかし、あまり上手くない二人の二重奏は困難を極めました。
なんとかあと2回合わせる機会を作ってもらったので、
そこで何とかできるかな??
でも、アンサンブルするのって楽しい~


・ROMBERG SONATA in C major
昨日、今日と沢山練習したにも関わらず、思ったように弾けない。
今回先生から言われた事は
・焦らない!(難しいと思う所ほど落ち着いて弾くのと弓の配分)
・体を充分脱力させて弓に体の重みを乗せて弾く事
・音をシッカリ出す所とPのメリハリをつける
・P部分は柔らかな音を出す事
・ピアノ伴奏をシッカリと聴くこと!

二重奏の時はシッカリと音が出てたのに、
ROMBERGになると肩に力が入ってしまい音が出ない!
とにかく先生からは「パーツパーツは全部弾けてるのに、頭で難しいと思い込んでるから上手く弾けないんですよ!もっと肩の力を抜いて気楽に!これは音符を弾くんじゃなくて音楽を奏でるんやで!出来ないところばっかり考えずに、音楽全体を流れでとらえて!」という事を言われた。

はぁ~、あと2週間デス。
これで間に合うのか??

2006年8月12日

指がボロボロ

2日ぶりにチェロに触った。

それで久しぶりに朝から3時間ほど練習してみる。
今日は16分音符の所を符点練習をしたりして出来るだけ
早く綺麗に弾けるように練習してみた。
また目の前に鏡を置きボーイングコントロールとビブラートの研究。

今までビブラートをしているつもりだったんだけど
鏡に映してみると殆ど腕が動いてないのが良く分かる。
大きく振るとウニョウニョと綺麗にビブラートが入るんだけど
次の音が気になって、最後の方の振りの幅がどうしても小さくなる。

ボーイングも無駄な動きを少なくしているつもりでも
鏡で見ると、先生が模範演奏してくれたときの動きに比べると
物凄く沢山弓を使い過ぎてるな・・・という感じ。

あと先生から、録音して客観的に自分の演奏を聴くこと!と
言われていたんだけど、なかなかコレは勇気が無くて出来ない。


ふーっ、久しぶりに長時間チェロを弾いたので
指の皮がボロボロになってしまった・・・

2006年8月10日

今日のレッスン(8/10)

早くレッスン室に着き「さぁ~先生が来るまで練習!」と
楽器を出し始めた時、レッスン室のガラス戸に
チビッコが3人張り付いてこっちを見てるのを発見!
あの子達、生でチェロなんて見たの初めてなのかもしれないなぁ~
背中に痛い視線を感じつつ練習を始める。

○ROMBERG SONATA in C major
今日はあまり練習できてなかったからか、つっかえて止まる事多し・・・

・ピアノ伴奏をよく聴いて、伴奏と調和する演奏を心がける事
(伴奏者のタイミングを背中で感じるように!(はぁ?難しいよ!))
・今回もボーイングコントロールについての指摘
・先生からは指摘されなかったけど、音程が変な所多発!

このレッスン以外に日曜日に特別レッスンをしてもらう事になった。
本番が近づいてきたんだなぁ~って気持ちになってきた・・・

2006年8月 8日

嵐を呼ぶ女

すみません・・・
私、この間の日曜日に洗車をしました・・・


ふふふ、何のことだか解らないですよねぇ~
実は私、洗車をすると嵐を呼んじゃうようなんです・・・

前に県の機関で仕事をしていた時、
そこの職場は天気予報で警報が出たら職員が夜残らないと
いけない事になってたんですけど、私が洗車をする度に
台風が来て当直をしないといけないので、
みんなから「洗車はしないで欲しい」と頼まれた事があるんですよねぇ~

それの名残で今もあまり洗車をしないんですけど・・・
(いや、タダ単なるズボラなだけなんだけど・・・)

今回も4ヶ月ぶりの洗車。
長い事続いた梅雨も明けたし、砂埃や水垢で物凄く汚くなった
わが車を思い切って洗車したら、やっぱり台風が来てしまったっ!
本当に私って嵐を呼ぶ女なんだわっ!

今日予定されていた琵琶湖の花火も中止
関係ないとは思うけど、なんだか責任感じちゃってます・・・

2006年8月 7日

注文してしまった!!

発表会用に真っ赤なドレスを注文してしまった!

この間、発表会の全貌が明らかになったんだけど
ドレスなんて着て出たら浮いちゃうようなラフな内容なんですよねぇ~
一応、黒パンツとブラウスで出ようと思ってたのにさ~

ま、今後何かあるかもしれないし・・・

あぁ~、オケに参加する事なんかがあるかもしれないし
黒ドレスにすれば良かったよぅ~

私ってアホ・・・

2006年8月 6日

高慢と偏見 本

Pride_25年ほど前に過ぎ去った私の「高慢と偏見」ブーム。この前、プライドと偏見の楽譜を探したあたりから再燃!

数年間、全く触ってなかった文庫本の数々を出してきて並べてみました!
結構なコレクションでしょ~

・自負と偏見 ジェーン・オースティン 訳:中野好夫 (新潮文庫)
・高慢と偏見 ジェーン・オースティン 訳:富田彬  (岩波文庫)
・高慢と偏見 ジェーン・オースティン 訳:阿部知二 (河出文庫)
・高慢と偏見 ジェーン・オースティン 訳:中野康司 (ちくま文庫)

私は英語が苦手なので、原文を読んだ事が無いんですけど
色んな訳者が訳した本を読んで、その違いを楽しんでました!
本当に訳者によって、本の印象がガラッと変わるんですよ~

私が一番好きなのは新潮文庫から出てる中野好夫訳。
これが私の中で一番しっくりくるし、読んでて面白い~

しかし、自分の中で何かが変わってしまったのか
昔ほどこのストーリーにのめり込めないんですよねぇ~


あ、それから
今「ジェーン・オースティンの読書会」って本を読んでるんだけど
なんだか思ってたより面白くないんですよねぇ~
ガックリ・・・

2006年8月 5日

ささやかな夢

発表会のパンフに掲載するとかで
先生から自己紹介を書くようにと小さな紙を手渡された。

色々な項目が書かれていて、その項目に沿って書いていくスタイルのものだったんだけど、その中の”将来の夢”という項目でちょっと考えてしまった。

同じ年代や大人からチェロを始めた人の”将来の夢”って何なんだろう?もっと若かったら「プロになる」とか「外国に留学」とか考えるんだと思うけどこの年で始めると”自分の限界”が分かってしまってるのでそんな大それた夢は掲げられない。

漠然と考えてる夢と言えば
「色んな仲間と一緒に音楽を楽しめたらいいなぁ~」とか
「チェロが弾けるカッコイイばーさんになりたいなぁ~」とか
「ちょっと難しい曲を弾けるようになりたいなぁ~」とか
その程度のもの。

こんなささやかな夢しか持っていないので、なかなか上達しないのかな??


とりあえず今回の自己紹介文には
”チェロの弾けるばーさんになる”と書いてしまった!

みんなどんな”夢”を持って練習してるんだろう???

2006年8月 3日

今日のレッスン(8/3)

今日は朝から今話題のピラティス教室に行く予定だったのに
朝二度寝をしてしまい、気がついたらもう既に始まってる時間・・・
バイトが休みの日は、体内時計が緩んでる~

○ロココ二重奏(Reinagle)
なんと!この曲、先生と弾くんじゃなくて他の生徒さんと
弾くそうな・・・それも私がリードするようにとの事。かなり心配・・・

・第2パートの人が合わせやすい曲の入り方(呼吸とタイミング)
・3拍子の曲なので、1拍目大きく2,3拍目は小さく弾く事
・いつもの如く、難しいところが速くなる
・曲調が変わる所は、変わる前でちゃんと曲を終わらせてから次のバリエーションに進み、入る前で第2パートの人に入りのタイミングが分かるような呼吸と弓使いを心がける

○ROMBERG SONATA in Cmajo
・ボーイングコントロールを再確認する事。
(その曲に合ったボーイングを心がける。無駄な動きを無くす。)
・超ゆっくり練習で、ダイナミクス再確認。
(もっと大げさにダイナミクスを付ける)
・テンポがバラバラなので、同じテンポで最後まで弾くこと。
(一定のテンポで1曲通して弾く練習をする事)
・弓はちゃんと置いてから弾き始める
・弾いた音は最後まで弾ききる


今日はものすごーく内容の濃いレッスンだった。
先生もかなり熱が入ってて、ちょっと怖かったんやけど・・・
それに、ちょっといつもより時間が長いなぁ~と思ってたら
2時間もレッスンを受けていた!!!!(うひゃー)
先生、お疲れ様でした・・・

しかし、先週のレッスンが幻のように今日は全く弾けなかった!
なんとか来週は時間を作って練習しないとな・・・

2006年8月 2日

ムムムッ

昨日からバイト先に新入りさんが入ってきました。
私と同じく学生アルバイトさんなんですけど
私より(だいぶん)年下の上級生なんです。

それが・・・
わたしが5日目で漸く職場の仕事内容やチビッコ達に
慣れたというのに、彼女は半日にしてもう馴染んでるっ!

「すごいなぁ~」

と感心することしきりです。
始めて入る環境なのに、凄く自然体でいいなぁ~と憧れます。
別に張り合う事もないので、私は私のペースで行こうとは
思ってますが、ちょっとジェラシー・・・なのです。

2006年8月 1日

あっという間に

あっという間に8月になってしまいました。

今行ってる病院のバイト、まだツライです・・・
一緒に行ってる友人と指折り数えて終わる日を待ってる状態。
今までの人生でやってきた事が全く通用しない世界だし
あぁ~、新しい事を始めるってこういう事なんだなぁ~と
日々実感しています。

とまぁ、ボヤキはこのくらいで・・・

バイトに行ってからというもの、チェロの練習が全く出来ない
でも何かしないと不安で不安でたまらないので
昨年の年末に読むと宣言していた「あがりを克服する」という
本に書かれていた事をちょっとづつやってみています。

今日やった事は
・音名を口に出しながら、拍をとりつつ歌ってみる
・楽譜に書かれていることをシッカリと見る

この本には沢山の練習方法が書かれているんだけど
まだまだ最後まで読めてないし、「コレ出来そう!」と思った
物からやってみる事にしました。

これで本当にアガリを克服できるのかなぁ??

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30