« 案外早く復活 | トップページ | 久々にドッツァー »

2006年8月23日

ラーセン&スピロコア

昨日、チェロの弦をA、D線をラーセンソリストに
G,C線をスピロコアに替えたんですけど・・・
なんだか変なんですっ!!

G線を弾くと残響音っていうんかな?がビヨーンビヨーンと鳴って
とても気持ち悪い。そのほかの弦は音が適度に響いていい感じ
なんですけどね~

セッティングの問題??
弾き方の問題??
それとも楽器に合ってない??

ここだけ違う弦に替えた方がいいんでしょうか?
ちょっと悩み中です・・・

« 案外早く復活 | トップページ | 久々にドッツァー »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

私の低弦は、スピロコアのタングステン弦ですが、大昔、スピロコアを使っていたことがありますが、スピロコアは弦がほかのに比べて少し細いような気がします。で、ブリッジとか弦の通る溝に微妙な隙間があるのではないでしょうか。どこか当たる感じでび〜んと響くのでしょうか。あるいは楽器のどこかが共鳴するか。(これがどこが共鳴しているか弾きながら押さえてみないとわからない。アジャスターだったり、糸巻きだったり・・)スピロコアは安くて長持ちで明るい音だから、楽器に合えば良いように思うのですが、私の場合は楽器に合っていませんでした。高いけどタングステンも試してみれば? でも、弦より前に、楽器の調整が非常に肝心で、これにより、どの弦がベストかも変わってしまいます。調整以前の私の楽器は、タングステンはびゃーびゃー言ってとても弾けなかったけど今ではベストです。私はだいぶ前50万円かけて、ネックの差し替え、バスバー、駒の交換、オーバーホールという感じで大改造?して、とても弾きやすく、音もしっかりするようになりました。
 ちなみに、弦を取り替えるだけで音が良くなるならプロはいらないと佐々木バイオリンの佐々木さんは言っていました。弦を変えたら必ず楽器の調整を見て貰うように、とのことです。なこといってもそうそうおいそれといけないでしょうが でも、本当に楽器の調整と言うことは楽器を弾く人にとって重要なことです。これがわかるのに20年以上かかっているのですが・・(^^;)

えぇっ!弦を替えるたびに調整してもらわなきゃダメなんですか?それは・・・私には無理かも。
 とりあえずタングステン巻きに替えてみようかと思います。しかし高いなぁ。これってG線はタングステンでC線は普通のとかでもいいんでしょうか?
 しかし、goshuさんのチェロってスゴイですね。50万で大改造ですか。私のチェロが2台くらい買えそうです。

タングステンといってもいろいろあり、メーカーにより特性も違うようです。何でしたら、1年ほど使った古い弦(もう使わないけど、切れたときの予備で捨てないでとってあるだけ)、C、G 試しに使うのでしたら送りましょうか?失敗すると高い損失ですから。合うか合わないかは張ればすぐわかりますので。

ええっ!いいんですか?お願いします!
ここには住所が書けないんですけど、
どうすればいいんでしょう??

メールくだされば(^_^)

メールありがとうございます!
直ぐにメールさせていただきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/11573879

この記事へのトラックバック一覧です: ラーセン&スピロコア:

« 案外早く復活 | トップページ | 久々にドッツァー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30