« 今日のレッスン(8/3) | トップページ | 高慢と偏見 本 »

2006年8月 5日

ささやかな夢

発表会のパンフに掲載するとかで
先生から自己紹介を書くようにと小さな紙を手渡された。

色々な項目が書かれていて、その項目に沿って書いていくスタイルのものだったんだけど、その中の”将来の夢”という項目でちょっと考えてしまった。

同じ年代や大人からチェロを始めた人の”将来の夢”って何なんだろう?もっと若かったら「プロになる」とか「外国に留学」とか考えるんだと思うけどこの年で始めると”自分の限界”が分かってしまってるのでそんな大それた夢は掲げられない。

漠然と考えてる夢と言えば
「色んな仲間と一緒に音楽を楽しめたらいいなぁ~」とか
「チェロが弾けるカッコイイばーさんになりたいなぁ~」とか
「ちょっと難しい曲を弾けるようになりたいなぁ~」とか
その程度のもの。

こんなささやかな夢しか持っていないので、なかなか上達しないのかな??


とりあえず今回の自己紹介文には
”チェロの弾けるばーさんになる”と書いてしまった!

みんなどんな”夢”を持って練習してるんだろう???

« 今日のレッスン(8/3) | トップページ | 高慢と偏見 本 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

「ささやかな夢」ですか。恐らく皆さんそれぞれの想いを掲げられて練習に励んでいるのでしょうね、趣味の範囲で外国音大のFoundation Courseのみに行かれる方も同世代にはいたりして色々可能性はありますね。でも結局楽しんで弾くものだもの。とかいいながらささやかな野望とか持ってたりするんですよね。頑張らないと。

上手くなる上で”野望”は必要!(だと思う)
でも、自分の中で「もうこの年じゃこんな夢は叶えられないやろな」という諦めや、「大人じゃここらが限界やろ」と限界を作ってしまうんですよね。
多分、そういうのが無いともっと自由になれるんだと思うけど
なかなか回りの状況や自分の置かれた立場を考えると
制限をつけない訳にはいかない。

何も考えずに一直線に進んでいけたら
もっと可能性が広がっていくんだろうな。

日本の環境ではそういう制限を生み出しかねないですね、ここやその他外国諸国では年齢制限の範囲がかなり大きいのです。何も考えずに、というよりむしろ自分の可能性に掛けて一直線に進んでいる友達を昨日中国へ送り出しましたが、すごい勇気です。私も可能性と自分のセンスを信じて前に進みたいと思います。がんがんやりたいことをやる、想像する、実行する、諦めない、できないことはないから、と言い放ったのはまだまだ私たちは夢が持てるんだね、と言って昨日が終わりました。

自分の可能性に掛けて突き進む為には、その勇気に見合うだけの今までの努力が必要なんだろうなぁ。それがあってこそ、その勇気の上に可能性が生まれてくる訳で・・・

私のチェロの世界はとても狭く、もっと想像力や行動力があれば、自分の限界を作らずに何処までも世界は広がっていくのかもしれませんね。

「こうでなければいけない」という制約は、努力をしない言い訳に過ぎないのかもね~

何であれ「弾きたい、楽しい」であればいいと思います。私もその範囲で「楽しむ」ことを忘れず更に上を目指し、自分の中で最高の「自分」が生み出せるよう努力をします。私が今もしここの世界を知らずにいたら分らなかったこと、出会わなかったこと、チェロだけではなくいっぱいいっぱいあり、それが可能性をつくりあげてきたと信じてます。どこまで出来るか、自分の中で試してみたいのです。転びながら、でもいいから。

そうだよね~。
自分がしたいようにすればいいんだよねぇ~

今日、久々に練習を30分ほどすることが出来たんですけど
なんだかダメなところばかり出てきて、どーしよ~と焦り気味。
明日こそ、定時でしっかり終わって早く帰るぞ~

今の時代、自分がしたいことをすればいいんですよ、やんないと損です。日本に到着後、先生に携帯メールしたら「Holidayはきっちり休みなさい)でなければ僕が取る、僕?コンサートの練習をしているんだ!笑)」となんかすごく不思議な感覚に捕らわれました。私が日本にいた頃、先生のことチェロのこと知らずに生活していた、でも今は知って、でも2つの生活を知りながら、違う空間でおしゃべりしてる・・・分かるかな、とりあえずすごくシンガポールでの生活がHOTだと感じました。ね、27日にはお互い緊張の日がくるというのに。ビール飲みながら書いてます。スミマセン。

チェロの将来の夢・・って良いテーマですね。始めたばかりの人と経験を積んでいった人ではかなり変化すると思います。最初の頃なら、チェロを始める動機になったような好きな曲「白鳥」とかを弾けるようになりたい、と思うでしょうが、チェロを始めて30年の私は、何のための練習かと言えば、いつか訪れるかも知れない気に入ったメンバーと気に入った室内楽(ブラームスのピアノ四重奏曲)を演奏するチャンスが巡ってきたときに、それを弾けないからとかの理由でフイにしたくない、ということですね。そういうチャンスはこれまでもなかったし今後もないかも知れないけれど、千載一遇の好機が訪れたときに備えて日々を過ごすというのも一興。(^_^) 室内楽の主要なメンバーとして魅力ある演奏ができるようになっておく、ということ。テクニックだけできても駄目、音楽に対する理解やコミュニケーション技術も含めて・・・幸福は一瞬でありそれはそれに備えて待ち続ける人以外には訪れない、と思っています。

ナナさん
私はナナさんとは全く違う生活をしていますが、その気持ち分かるような気がします。今の私の生活もそんな感じかも。(ちょっと違うかな?)何にせよ人間は日々変わっていくもの。今日より明日、明日より明後日と少しづつでも成長していきたいですよね~
その為に常に何かに挑戦していかないと!

goshuさん
「幸福は一瞬であり、それはそれに備えて待ち続ける人意外には訪れない」私も同感です。人それぞれ”幸福”と思える事は違うんだろうとは思うけど、それを手にする為に努力しないと何時まで経っても自分の手中には入ってこないんですよね。
近々の私の夢は、発表会で自分の納得できる演奏をしたい!それを手に入れるべく、今は練習しないと!その小さな夢を一つずつクリアしていく事で、最終目標へ到達する事が出来るんだろうなぁ~

いつか本当になりたいと思う「自分」になれるよう日々がんばりましょうね。まずは目の前にある発表会。本当に聞きにいきたかったですが常夏の国で応援してます。私はコンサートですが、頑張りますよ。そうそう、目の前にある物事をきちんとひとつひとつクリアにしていってその過程を楽しめるよう、私も努力していきたいです。

みんな色んな夢を持って練習してるんだなぁ~
それに結構高いレベルに自分の目標を設定してる人ほど
上達が早いみたい。私も目標設定を変えるべきか?

発表会は自分の通過点の一つにしか過ぎないんやなぁ。
でもその一点をキチンとこなす事で、新しい自分が発見できる。
最近、なんやかんや言って、練習をおろそかにしてしまってるので、ちゃんとしなきゃ!と自分に喝を入れました

頑張ってね。私も早くチェロに触りたい。お盆休みは楽典の試験勉強に頑張ろうと思います。ひとつひとつクリアにして本当に頑張りたい。今日は先生のコンサートで(年に一回リサイタルやコンサートがあるんです)今年はいけなくて残念でしたが、来年こそは・・・。今日も練習頑張れ!

お盆休みかぁ~
日本に住んでいながら”お盆”って具体的に何日ごろなのか良く分からないでいます。父親の会社が明日から休みだと言ってたので明日から17日くらいまでのなかな??
楽典の勉強、頑張ってくださいね!(私には皆目分からない~)
私の方はご声援を頂いていたにもかかわらず、今日も練習できずじまい・・・明日は絶対にやらないと!!

お盆の帰省ラッシュに巻き込まれ、とてつもない疲労がでました。お盆なんて私も頭になく、なんでこんな人が多いのか最初はちょっと考えました。明日から16日位、皆さんお休み取られてますね。私もイメージトレーニングを頑張ろうっと・・・。

今日は3~4時間程チェロの練習をしました。
久々に長時間練習したので指の皮がボロボロになってしまった!出来なかったところを重点的にやったつもりなんだけど、明日のレッスンでどういわれるんだろう・・・
発表会の曲ばかりで飽きたので、他の曲もチョロチョロと見てみたんだけど、なんだか指がヘロヘロで上手く弾けない。
今日のところはコレでやめとこ・・・

昨日、今日あたりお盆ラッシュなのかぁ。
私は家でゆっくりとチェロと戯れよう・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/11274669

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな夢:

« 今日のレッスン(8/3) | トップページ | 高慢と偏見 本 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30