« 今から勉強! | トップページ | デスノート »

2006年11月 9日

今日のレッスン

2週間ぶりのレッスン!

・Dmollスケール
これはOK。次はEdur

・DOTZAUER27番
この2週間、殆ど弾く練習が出来なかったので
左手の練習ばかりしていたら、左手はちゃんと出来てると言われた。
しかし、全く練習出来てなかったボーイングについての指摘が・・・
弦に充分腕の重みが乗るように弓の持ち方に注意し
移弦は肘から先に動かす事をまたまた注意される。

でも、今日ようやく自分のどこが悪いのかに気が付いた。
あぁ~、先生こういう事が言いたかったのねっ!!!
「バカの壁」じゃないけど、人って根本的には理解し合えてないのね~うまい事書けないけど、ちょっとした腕の角度と重みの乗せ方がポイントやっぱり先生の言う通りに弾くと音が全く違う。
ワンランク上の音になる~

○Vivaldi SONATA in E minor
まだ第1楽章で停滞・・・
・トリル等や和音から外れてる音(シャープが付いてる音)等は強調したい音。もっと大切に弾く事。
・休符は一呼吸おく感じで休みを入れる
・今の状態じゃ「一番盛り上がるところで盛り下がってる~」


今日のレッスンも殆ど練習せずに行ってしまったので
その結果がめいいっぱい発揮された形となってしまった。

あー、ヘタクソ

« 今から勉強! | トップページ | デスノート »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

>うまい事書けないけど、ちょっとした腕の
>角度と重みの乗せ方がポイント
>やっぱり先生の言う通りに弾くと音が全く
>違う。
>ワンランク上の音になる~

えぇ〜!!こんな大事なこと是非うまいこと書いてくださいよ。
 それから、ビバルディのソナタ第5番でしょうか。これは、弓を全弓でゆっくりなるべく大きな音で弾く練習を毎日2、3分やれば1週間で見違えるように楽にうまく弾けるようになると思います。それが全てで自然に左手もうまくいく(・・じゃないかな・・)

そんな書くほどの事じゃないんですよ~
ただ弓を手で吊り下げるように持ち、親指には力をいれず(触る程度にする)4本の指に腕の全ての重みを乗せるようにする事と手首を吊り上げた状態で固定し(そうすると自然に脇がしまる)その状態をキープするように左右に腕を動かすと、なんだか実のある充実した音がでるなぁ~というだけなんですよー。

ビバルディはそう第5番です。
なるべくゆっくり大きな音でですね~
何だか先生にも同じような事を言われました!
多分今週は日曜日に練習できるハズ。
がんばってみます!

あ、練習は開放弦でまずやるんです。
次に、曲を弓だけで弾く。左手は使わないってことです。先っぽで音が小さくならないように、いつもたっぷり充実した音で、胸を張って堂々と・・って1週間やったら、上手になっていると思います。うつむいてやってたら駄目、堂々と。

開放弦だけで弾く練習か・・・やってみます!
あ、DOTZAUER27番は開放弦だけで練習するように言われてました!(忘れてた!)
それも合わせて練習しよう。

先生ってすごいよね・・・。毎度毎度同じことを注意するあの忍耐力!私の先生は毎回C-durのスケールからレッスンが始まるんだけど、人差し指がほんの少しでもズレたらストップがかかります。弾いてる自分ですら気づかないくらいの、僅かなズレなのに。いくらお仕事とは言え、そんなとこ見逃しても、生徒は全然分からないワケで・・・。にもかかわらず基礎的なことを毎回注意して下さる先生って、ほんとにありがたいなぁと思います。3年前から言われ続けてることが、ようやく最近わかった!なんてこと、しょっちゅうです^^;今日のレッスンで出来てても、次のレッスンで忘れてたりする私・・・。怒らない先生が仏様に見えます~。

ほんと、あの忍耐力は尊敬に値するわ。
毎回レッスンの度に先生に毎回指摘される事をクリアしていきたいと思っていくんだけど、結局いつも同じ事を言われて帰って来ちゃう。まだまだ努力がたりません。

私の先生はたまーに怒ります。
それも静かに怒ってるので余計に怖い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/12622656

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のレッスン:

« 今から勉強! | トップページ | デスノート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30