« 故障 | トップページ | 今日のレッスン(2/8) »

2007年2月 6日

ひーーー!

最近テストが続いてて、なかなかチェロの練習が出来ず
今日久っさしぶりにチェロケースを開けてビックリ!

ひーーーーー!!!!
弦が全部ユルユルに緩んでる~!!!

げーーーーー!!!!
こ、駒がエライ場所に移動してしまってる~!!!

なんと正規の場所から逸脱した所に斜めに向いて立ってた。
またしても、またしても、エライコトです~!!!

とにかく、もとあった場所に駒を置いて、
ちゃんと直角に立ってるか確かめて
それから弦をちょっとづつ締めて
A線からチューニングしたんですけどーーー

最近、全くかまってやれてなかったのでチェロ君の反逆???
ごめんよー。これから頑張るからさー。
ゆるしてー

« 故障 | トップページ | 今日のレッスン(2/8) »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

ふぉ~!びっくりだね。急に寒くなったのかなぁ?それは楽器屋さんに行ったほうがいいかも。私も何年か前、冬場に朝起きたらペグが飛んでたことがあってびっくりしました!ペグがゆるかったみたいで、調整したら最近は大丈夫なんだけど。デリケートだね、弦楽器って。

楽器屋かぁ~。今月は行くヒマがないので、とりあえず明日先生に見てもらおうと思ってます。

ペグが飛んでるのってスゴイなぁ~
それはまだ経験した事がありません。

冬は低音で乾燥するので、ペグはゆるみます。ゆるむだけならまだしも、駒が移動するのはひどい、もっと最悪は駒が倒れ、その衝撃でテールピースが楽器に落ちて傷を付ける、または、駒が倒れ圧力のなくなった途端魂柱が倒れる。こうなると楽器屋さんに行くしかありません。

駒は、エフ字孔のエフの横線の下の先が、駒の真ん中に来るように駒を置くのが普通です。

楽器は立てないで横置きにして、コマの回りにタオルを挟んでおくのが安心かも・・

今の部屋がとても狭くて、ピアノとベットの少しの空間にチェロを立てて置いてるんです。さらにそこはエアコンの風直撃ポイントなので、こんな事態になってしまった・・・

チェロだけでも隣の部屋に移動させて、横置きにしといた方がいいのかもしれませんね~

あいや〜大変そうですね(お気の毒です)
わたしも購入当初、つい嬉しくて楽器を出しっ放し(常に目に入るように)にしていたら、昼食時に「ペキッ」っと乾いた音がしたので、お隣の部屋(居間です)のチェロに駆け寄ってみると、AとDがダルダルになっていました。
家を建てる時は出しっ放しが可能なお家にしたいです。パッと練習も出来そうだし!

私がチェロを購入した時、一度チューニングをしようとA線のペグを回したとたん弦が切れたので、触るのが怖くてあまりケースから出さなかった記憶があります。

あの頃に比べると、チェロの扱いがむっちゃ雑になってきてるので、少し反省です。

弦が切れる件
ひょっとすると、もし何回もそういう風に切れる場合、糸巻きと指板の間にあるナットという部分、そこに溝が切ってあってそこを弦が通るところが、狭いと言うこともあります。狭くて滑りが悪いとそこで弦が止まってしまうので、糸巻きの中で弦が切れることになります。これはよくあることです。で、鉛筆などでその溝をこすって、スムーズに弦が動けるようにすると良いです。

チェロを購入して間もない頃の話なんです。
あの頃は買ってきたラーセンのA線の弦を一度も弾かないままに切ってしまった事多数・・・
今思い返しても悔しい!

その頃はペグを回す力加減が強すぎたのだと思ってたんですけど、goshuさんの言われるように滑りが悪かったからなのかも。
今は全く大丈夫です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/13814315

この記事へのトラックバック一覧です: ひーーー!:

« 故障 | トップページ | 今日のレッスン(2/8) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30