« 既に遅し・・・ | トップページ | 今日もお休み »

2007年2月20日

ビューティフル・マインド

Beautifulmaind今日の精神看護学の時間に2001年アカデミー賞受賞のビューティフル・マインドを観ました!

ストーリー:プリンストン大学の数学科に在籍している数学の天才ナッシュは、念願のマサチューセッツ大の研究所で働くことに。ところが彼のもとに諜報員バーチャーがやってきて、雑誌に隠されたソ連の暗号解読を依頼する。彼は承諾するが、そのことがやがて、彼の精神を侵していくことに…。

主人公のジョン・ナッシュは統合失調症という病気なんですけど、この映画はその病気の人たちの世界が良く描かれている映画です。

私はこの作品をアカデミー賞を受賞した直後に一度観てるんですけど、その時は”統合失調症”とういう病気の事など何も知らず「頭のいい人がかかる病気なんやなぁ。特に奥さん、大変やったなぁ。私やったら逃げてるな」という程度の感想しかなかったんです。しかし、今は看護の勉強をしていて統合失調症という病気の事も少しは勉強したし、身の周りにも統合失調症の方がいたりしてるので、この作品がどんな意図で作られた作品なのかという事が漸く分かり、物凄く感動してしまいました。

”現実”と”非現実”
今、私の見えてるものが本当に”現実”なのか??
もしかしたら”非現実”(幻覚)もあるんじゃないか???
もし非現実な部分があったとしても、自分はそれを”現実”だと思ってるんやし、まさか自分が病気だなんて思わへんやろうなぁ~

この統合失調症という心の病気は稀な病気ではなく結構ありふれた病気のようです。
最近では新薬が出来て、かなり軽症化してきたとのこと。こんな映画をいろんな方に観ていただいて、どんな病気なのかを理解してもらえれば・・・なーんて、まだまだ未熟な看護学生ですが、そんなことを思いました。

« 既に遅し・・・ | トップページ | 今日もお休み »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/13987815

この記事へのトラックバック一覧です: ビューティフル・マインド:

» 赤面症 [赤面症を克服!]
赤面症・対人恐怖症・あがり症・多汗症などの症状を克服する方法を解説! [続きを読む]

« 既に遅し・・・ | トップページ | 今日もお休み »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30