« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の25件の記事

2007年3月31日

不思議な日

今日はとても不思議な日でした。
何年も会ってなかった友人に街中でバッタリ会うこと3人!!!
凄いと思いません!?3人ですよ!3人!

何かあるんでしょうかねぇ???
ちょっと怖いです。

2007年3月29日

今日のレッスン(3/29)

今日は朝からまた偏頭痛がでちゃって・・・
お薬を飲んだんだけどまだ痛い。絶不調デス。

○F mollスケール
なぜかG線のG♭の音だけをはずす。やり直し!

○DOTZAUER 31番
これはOKになった。

○DOTZAUER 32番
重音の所は思い切って弾くこと!(不安げに弾かない!)
C線からA線への移弦は素早く!
・そのときC線の音は深い音で。(今のでは軽く短すぎ)

○Vivaldi  SONATA in E minor
第3楽章
もう楽譜を覚えてしまったので暗譜で弾いてみたら・・・
音程をことごとく間違えて、もう一度弾いてきてと言われる。
それとピアノ伴奏をしっかり聴いて合わせて弾いて!とも・・
でも、ビブラートはなかなか良くなったとのこと。

第4楽章
一拍目の音をもっと出して、軽快に弾くこと
16分音符のところは弓を少なくして軽く軽く!
26小節の頭の音はシッカリ最後まで弾ききる。
28小節からは音程サイアク。指使いを変えてくること。

ふーーー、絶不調だわ~
またボーイングの指摘をされたわ~
まだ少しだけ肘の位置が高いらしい。だから少しキツめの音が出てるんだってさ。もう少し内側に肘を入れると響きのあるいい音が出るし、コントロールもしやすくなるからね!といわれた。
毎日G線とC線のロングトーンを欠かさずすること!

2007年3月28日

グッジョブ

今週月曜日からNHKで23:00から5夜連続放送で
グッジョブっていうドラマをやっているんだけど
これが凄く凄く面白いっ!!!!

とある会社の一般職OL達が主人公で、起こること全てが
「そういうの、あるある!!!」と自分の昔の姿を思い出しては
共感することしきりなのである。

ただ、松下奈緒さん演じる上ちゃんだけは
「こんな人おるかいな?」とちょっとウソ臭く感じるんだけど
まぁ、どっかの会社には一人くらいいるのかな???

しかし、5回で終わってしまうなんて知らなかった・・・
5回以上になるとマンネリしちゃうからかなぁ?

とにかく今夜、11時が待ち遠しいっ!!!!

2007年3月27日

これを1弦で弾く!?

今日も一人淋しくチェロの練習をする。

普段の練習を終えた後
先週、先生からG mollのスケールが終わったら
Carl Fleschのスケールシステムをしよう!と言われてたので
どんなもんか、ちょっとだけ弾いてみる。
(別に弾いて来いとも何とも言われてないけどさー)

Img017_1まず始めの始め、C durのページの1番を弾いてみようとしたんだけど、まったくもって無理。これ、楽譜の下にⅣって書いてあるって事は全部C線で弾くんかいな??

難しーい!!!!!!

2007年3月26日

ボランティア

昨日の地震、思った以上に大変な事になってますね。

春休みで時間があるし、自宅から被災地が近いという事と
昨年の自宅の火事で、家の片付けがどんなに大変かを
身を持って体験してるのでボランティアに行きたいっ!!
と朝から情報を集めてるんですけど・・・

今、即必要とされてるのは技術を持った人材・・・


まだボランティアを受け入れる体制が出来てないから
現地に来るのはもう少し待って欲しいと石川県のHPでも書いてる。
なんの技術も無い人が行っても、迷惑がかかるだけなんやなぁ~

とりあえず、今自分に出来ることって何かなぁ??
やっぱり義援金を送る事が一番のボランティアなのかなぁ??

2007年3月25日

チェロ愛

さっき地震があった!!!!

多分、震度3くらいかなぁ??
それで揺れだして直ぐに頭に思い浮かんだのが

「チェロ!倒れるかも!!!」

すぐに自分の部屋を飛び出して隣の部屋へ。
譜面台は揺れてたけど、チェロは大丈夫だった。

思いがけなく自分の中のチェロ愛に気づきフフフ・・・と笑う。

さぁ~、今日も練習するぞ!

※この地震、かなり大きな地震だったらしく死亡者や怪我人が出てるそうですね。笑ってる場合じゃなかったな・・・と反省です。

2007年3月24日

お花のレッスン

最近、日記書きすぎだなぁ~と思いながら今日も2つ目。

フラワーアレンジの先生から「ちょっとやりにこな~い?」と
連絡があったので、ヒマだし久しぶりに行ってみた。


Hana今日のアレンジは私の好きなタイプ。
先生のお宅に伺ったら、私の元師匠Iさんが来られていた。同じ花材を使って同じ形の作品を作っても、師匠Iさんのは物凄くカッコイイ!なんでこんなにも違うようになる??(これは私が作ったヤツ。イマイチだねぇ~)

先生から「やっぱり感覚が鈍ってるねぇ~せっかくの技術を忘れないためにも1ヶ月に1回は必ず来なさい!」と言われ、来月も行く事になってしまった。
先生、うまいなぁ~

きなこもち ぱん

昨夜、何時に寝てしまったのか・・・・
今朝5時に目がさめてしまった。

朝風呂に入って、ちょっと小腹がすいてきたので
私って健康体やなぁ~と感心しながら朝食を食べる。

今日の朝食は山崎製パンの「ランチパック キナコモチ」!!
Vfsh0268京都のおたべの求肥ときな粉クリームをパンでサンドしてる食べ物。もしかしたら、「げげーっ!何それ!気持ちわる~」とか思うかもしれないけど、まぁ一度食べてみてくださいっ!凄くウマイです。
モチを入れずに求肥を入れた所がスゴイ!求肥のモチモチテロテロ感が上手くパンに合わさり、そこにきな粉クリームがミックスされ・・・・、普通のきな粉モチを食べるよりうま~い!

チロルチョコのきなこもちも好きだけど、こっちのキナコモチもなかなかでした。

2007年3月23日

ピアノの調律

火事になってから、本当は直ぐに見てもらったほうが
良かったのだろうけど、家の建替えとか色々あって延び延びになり
半年経った今日、ようやく調律師さんに見に来てもらった。

開けてビックリ!とはこの事ですねぇ~
ピアノの外観は、火事の直後に良く拭いたので綺麗だけど
外側の蓋やなんやらを全て取って見て見たら弦とねじがサビサビ~
特に低音弦と高音弦が真茶色に変色していた。

「あぁ~、今日の調律で弦が切れるかもしれませんねぇ~」

一応、弦の交換の費用を聞いてみたけど
工房までの輸送費+弦とねじの交換だけでも、ざっと見積もって
20万くらいかかるだろうとの事だった。

ひーー、そんなにかかるんかぁ!!!!


と、とりあえず・・・
今回は441Hzでいつもより低めに調律してもらった。
次回の調律では弦の交換も考えないといけないのかも。
私が生まれる前からあるピアノなので色んな部品にガタがきてる。
それも交換って事になったら、一体総額いくらくらいかかるのか????

コワイなぁ~

2007年3月22日

今日のレッスン(3/22)

○F dur スケール
コレはOK!次はF moll

○DOTZAUER 31番
結構練習していったツモリだったんだけど、
何度も弾きなおしてしまった!
これはもう一度。

○DOTZAUER 32番
・まず1拍目の音は”強い音”じゃなく”深い音”を出す!
そのためには弦の裏側を弾くような感じで深く弾く。
(骨盤で弾け!と言われた。骨盤・・・ですかぁ??)
・8分音符が短い!16分音符はすべる!
なので以下の練習をすること
1.全ての音を16分音符で弾く
2.リズム練習(2種)

・弓の準備が遅い。

○Vivaldi SONATA in Emajor
第3楽章
今日の演奏はとても慌ててて音もキツイ感じがする。
ビブラート、もっとゆっくり!ゆっくり!ゆっくり!
ビブラートは始めはあまり入れず、曲の後半に向かって沢山入れるとカッコイイ!
ピアノ伴奏と合ってないところがあるので、よく伴奏を聴いて!

第4楽章
時間切れ・・・


今日もダメダメレッスンだった。
疲れてて、目の調子が悪く、楽譜は見えてるんだけど
頭で理解して→指に伝達って作業が超スローに。
DOTZAUER31番、今日であがりになると思ってたから
かなり残念。

それから、スケールのこと。
今F mollを弾いてるんだけど、Gが終わったら
カール フレッシュのスケールシステムを使ってみよう!って事
になってしまった!
えぇ~、あれ弾けんの?私???

やっと・・・

明日、ピアノの調律師さんが来ることになり
さすがにベットとピアノの間が50センチくらいだと
調律がしにくいだろう・・・という事で
ボチボチとやってた隣の部屋への引越しを
かなりスピードアップしてさっき完了させましたぁ!!!

引っ越してみるとね、広い部屋にベットと机だけが置いてあって
ガラーンと寒々しいのです。
もうちょっとしたら天井までビッシリあるかなり大きめの本棚が
くるので、それが来たら部屋の感じが変わるかな???

今日はチェロのレッスン日。
外は”春の嵐”って感じで、雨と風が吹き荒れてるぅ~
私の体も引越し作業で疲れ果ててるぅ~
大丈夫かなぁ?またダメダメレッスンになるかもー

2007年3月20日

「わかる」技術

今日は朝9時からチェロの練習を1時間半くらいして
それからずっとこの本を読んでました。

Wakaru
畑村式「わかる」技術  著:畑村洋太郎 講談社現代新書

私がこの本を読んで”分かった”のは、自分の中に既にあるもの(テンプレートと著者は言ってる)と目の前の未知なものを比べ、それが一致した時に「わかった!」となるようなので、そのテンプレートを自分の中に沢山持っているとそれだけ色んなことが分かるという事(かな?)。
そして、この本にはそのテンプレートを作る為の様々な方法が書かれています。看護の勉強にもチェロの勉強にも使えそうな内容です。

チェロのレッスンで毎回ボーイングのことを指摘されるんだけど
これは私が心底「どうして肘が先に動かなきゃダメなのか」とか
または「手首が下がった状態がなぜダメなのか」
という事が分かってないからなんですよね。
一体なんでなんだろう??

「発音が悪くなるから」とか「弓に力が乗らないから」とか
理由は何となく知ってるんだけど、本当に分かってるとは
言い切れないので、毎回も同じミスをするんだろうなぁ
ココを自分なりに考え、実感して分かればボーイングを
会得することになるのだろう。

凄く興味深い本だったので、もう一度読み直してみます!

2007年3月18日

煎餅好き

私は無類のお煎餅好き。
それも醤油のかかったヤツよりもお砂糖のかかった
あま~くしょっぱいお煎餅が大大大好き!!!!
(だから太るんやな~)

その中でもよくスーパーで売ってる「雪の宿」が物凄く好き。
甘さと塩味が絶妙なハーモニーを口の中で繰り広げるんですけど
イマイチ、この美味しさを身近な人は分かってくれない!!!

Vfsh0267私にはこの「雪の宿」の製造元、三幸製菓のお菓子が舌に良く合うようで「このお煎餅おいしい~」と思ったら必ず三幸製菓のせんべいなんですよ~!!!!
今日も家にあった「黒糖みるく
という煎餅があまりにも私好みの甘しょっぱい味だったので、製造元を見てみたらやっぱり三幸製菓だった。

あー、美味しいなぁ~

2007年3月17日

ヘンデルについて

ヘンデルと次に弾く予定のラルゴについてネットで調べて見ました!!

George Frideric Handel(1685-1759 ドイツ→イギリス)

ドイツ・ハレ生まれ。大バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、「音楽の母」と言われることもある。
若い頃は父親の期待に従いハレ大学で法律を学んだが、音楽への情熱が断ち切れずハンブルクへ出てオペラで成功した。1710年ハノーファー(ドイツ北部に存在した国家)選帝候の宮廷楽長となったが、1712年にロンドンに移住し、1727年に正式にイギリスに帰化した。


ラルゴ(Largo)
またの名をオンブラ・マイ・フ(Ombra mai fu)(懐かしい木陰)
ヘンデルの作曲したオペラ「セルセ(Serse,Xerxes)」第1幕第1場の中のアリア。ペルシア王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。詩は木陰への愛を歌ったもの。

<歌詞>
これほどまでに親しく愛すべき
甘美な木陰は
未だかつてなかった


旋律素材はボノンチーノによるもので、ヘンデルの独創ではないとされる。本来カストラート(変声期前に去勢することで高音域を出すことが出来る男性歌手)によって歌われる役である。オペラの物語は滑稽なもので、主人公のセルセも「おろかな王」として描かれている。


ヘンデルがオペラを書いてたなんて知らなかった!!
それもこのラルゴは凄く美しい曲なのに、
オペラでは滑稽なシーンに使われてるのだとか・・・

しかし、本当にこの曲は美しい曲ですねぇ~
昨日からちょっと練習してるんですけど、
音は全て取れても、ビブラートが上手く出来ないデス。
特に小指!上手く動きませ~ん

<参考HP>wikipedia

愛に生きる

昨日は一日中”本の虫”になってました。
なんと!5冊も本を読んでしまった!!!!

その中で一番いいなぁ~と思ったのがコレ
Suzuki愛に生きるー才能は生まれつきではないー 鈴木鎮一著

鈴木鎮一とは知る人ぞ知る、あの鈴木メソードを作った人です。鈴木メソードについては賛否両論あるので私には良いのか悪いのか良く分からないんですけど、しかしこの本は良いと思います。読んでるうちに励まされるし、やる気が出てきます。そんじょそこらの自己啓発本を読むより、この本を読んだ方がいいかもしれない。

鈴木メソードとは幼児音楽教育法なので育ちすぎてしまった私にはあまり関係がないのですが、そんな私でもこの本を読むと、今からでも”やり始める勇気”と”やり続ける根気”さえあれば、どんな事でも出来るかも!!!と希望が湧いてきます。

なんだか元気の出る本ですよ♪

2007年3月15日

今日のレッスン(3/15)

今日のレッスンも・・・辛かった・・・

○E minorスケール
これはOK 次はF dur

○DOTZAUER 30番
これもOK・・・・なんだけど
やっぱり移弦がダメのようで、ずっと「肘から!肘から!肘から!!!!!」といわれ続けた。
肘を先に移動させてから弓を移動させると言うのが頭では理解できてるんだけど、なかなか出来ない。
私の場合は肘と弓が同時に移動にしてしまってるようだ。コレだと次の音に移るときに発音が凄く悪くなる。
なので、開放弦で移弦の練習をすること!と言われた。

○DOTZAUER 31番
先生が「今日はココから弾いて!」と楽譜の途中を指差す。
先週私が弾けなかった所なんだけど、なかなかそこがどんなメロディだったのか思い出す事ができずモタモタしてたら
「直ぐに弾けないって事は”練習してない”って事だよね。じゃ来週。」
って言われ、今日は弾かせてもらえず・・・
き、厳しいよ、先生。

○Vivaldi SONATA in E major
・第3楽章
ビブラート以外はOK
この曲のビブラートは1拍に2つくらい入るのが良い
もっと振り幅を大きくしてみて!とのこと。

・第4楽章
全体的にはこの曲を良く理解して弾いてるようだけど、
メリハリに欠けるとの事。

3拍子の曲なので1拍目を大きく、leggeroだから軽く前へ進む感じ
27小節1拍目はupbowで弓元まで弾ききって!
32小節はsubito forteとpianoが交互に出てくるので、その落差をシッカリと付けることと、移弦をちゃんとしてから音を弾き出す事。
全体的に聴いてる側にもテンポが明確に分かるように弾く


だぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
「弾かせてもらえない」という事が初めて起こってしまった!
そういえば、今週は1曲を通す練習ばっかりしていて
出来ない所を取り出して練習ってのを一度もしていなかった。
はぁー、長い事練習してなかったので、練習の仕方も忘れてる。

しかし、最近先生、凄く厳しくなった気がするんだけど気のせい?
(こういうレッスンが普通なんでしょうかねぇ~)

あ、それから・・・
Vivaldiが終わったらHandelの「Largo」をするんで楽譜見といてくださいと言われた。
ぱっと見、今の曲より簡単そう。ビブラートの練習をするんかな??

理想の人

今現在、私の理想の男性はNHK朝のテレビ小説「芋たこなんきん」徳永健次郎役の國村 隼さん!!!

でもね、國村さん本人のことは良く知らないので正確には
このドラマの中の健次郎さんに惚れてる

私の理想の夫婦像はこのドラマの町子と健次郎みたいな夫婦。
良く考えれば、ウチの両親も似たような感じ。
ほんま、ああいう何でも話のできる夫婦に憧れるなぁ~

私もああいう人に出会わないかなぁ~

2007年3月14日

変身!

昨日の夜来たメールの中に「そうだなぁ~」と感心した文章があったので、それをご紹介します。

○すぐやる(10秒ダイエット3月14日号)
 勉強が苦手な子供は、机に座ってすぐにテスト勉強を始めません。まずお部屋の掃除をして、漫画をパラパラとめくって、お茶を飲んで…、ずいぶん時間がたってから、やっと勉強を始めます。
けれどもできる子は椅子に座ったその瞬間から、すぐに勉強を始めます。これは何についても言えることです。すぐにやるって、実はすごく大きな能力のひとつです。

”勉強が苦手な子=私の姿”そのまんまです。
そっか、出来る子は椅子に座った瞬間から勉強を始めてるのねぇ~
そういえば、私がライバル視してるTちゃんも、どんな状況でも
集中して勉強が出来る人です。

勉強でも、チェロでも同じなんでしょうねぇ~
なので、今日から「すぐやる人」に変身します。

2007年3月12日

上手くいかないねぇ~

最近、色んな事が上手くいかないんです。
細木数子の占いで、大殺界に入ったからでしょうか?
(関係ないとは思うけど)
はぁ~、なんだか憂鬱。

チェロの事、全く書いてないんですけど、
毎日練習はしてますよー

先週のレッスンが終わってから、ボーイング中心練習。
今やってるDOTZAUER30、31番共に良く似た感じの練習で
いくつかの音がスラーで繋がってるので、一弓で弾くんですけど、
今回は移弦が全くダメとの指摘を受けたので一音づつ弓を返し、
肘の移動とあと音程を確認する作業をしました。

4日ほどそれをやったので、出来るようになったような・・・
(やっぱり地道な練習ってのが一番良いんですね。)


あ、それから
先週のレッスン記録には書かなかったんですけど
この練習曲で上手く弾けないところは重音で練習してきて!
と言われた事を思い出したので、明日はそれをやってみようと思う。

DOTZAUERをやってる方のブログを読ませてもらってると
進度が凄く速いんですけど、みんなコレをスムーズにマスター
して弾いてるんですよねぇ。

スゴイなぁ。なんで私には出来ひんのやろ???

2007年3月11日

コゲぱん

今現在、私、シナモンロールにハマっております。

最近、学校が終わるのが早いので
家の近くのスターバックスでカフェラテを飲みながら、
読書をするのがマイブーム。
昼ごはん時だと、そのお供にシナモンロールを食べます。

うーー、シナモンの香りがたまらんっ!!!

1年も前にみた「かもめ食堂」でシナモンロールを作るシーンが
あった事を思い出し、あれなら自分でも出来るかも!!!
ということで、今日一念発起して作ってみたんですけどね・・・

あえなく、失敗!

シナモンロールってパンなんですね。
イーストを入れて1次、2次発酵させるんですけど
2次発酵までは上手く行ってたと思うんですよ。

ここで母が「フライパンで焼くと簡単やで~」
と助言してきたので、オーブンよりお手軽やな!と
フライパンで焼いてみたんですよー

そしたらね、火加減が分からず丸コゲになっちゃいました。
あー、助言を聞かずに本の通りするんだった・・・・

こういうもんは自分で作るもんじゃないですねぇ~

ダイエット・ダイエット!

春休み中に頑張りたいと思ってることが3つある。

1.チェロの練習
2.学校の勉強の復習
3.ダイエット


まだ春休みには入ってないんだけど
今現在、半春休み状態に入ってるので
そろそろ実行しないとなぁ~と思ってるトコロ。

1.2については、ボチボチ頑張るとして
3のダイエットは本当に緊急を要するので
(もう全ての服がパツパツなんですよぉー)
1週間に3日を目標にしてウォーキングを始めた。
(別に3日といわず、毎日したっていいんだけどさー)

コースは自宅から元職場の大学の前まで。往復1時間強!
アップダウンのキツイコースなのでかなり心拍数が上がる。
あと、平地ばかりを行く自宅から市役所までのコースも
用意してるんだけど、こっちは近所の人に目撃されて
後から「mihoちゃん、がんばってるねぇ~」とか言われるので
なるべく夜に行きたいコース。

このウォーキング、もう2週間続いてるので
次は自転車こぎを追加しようかと思ってる。
コースは山の上の県立図書館まで・・・
できれば1日おきくらいに行って、そこで本を1冊借りて
勉強して帰ってこようかと思ってるんですよね。

だからオススメの本とかあったら、皆さん教えてくださいっ!!!

2007年3月10日

ささやかだけれど、役にたつこと

この間、”気づき”という題の日記を書いた時に
rikacelloさんから「レイモンド・カーヴァーの”ささやかだけれど、役にたつこと”という小説を思い出しました!」というコメントを頂いたんですけど、私、レイモンド・カーヴァーという作家の名前すら知らず「ささやかだけれど、役にたつこと」と言った小説も読んだことが無かったんです。

という事で、早速図書館にこの本を探しに行きました。

「レイモンド・カーヴァー傑作選12」訳:村上春樹

この中に”ささやかだけれど、役にたつこと”が入ってるんですけど、
読んでみた感想は、

「人が日々何気なく繰り返してる基本的なことは
ある苦境を前にすると、その何気ないことがとても重要だと気づく。
看護で勉強した事と良く似たことを書いてるなぁ~」

とこんな風に感じました。

この本の中には短い短編が12本入ってます。
1篇毎に村上春樹さんの解説が入ってるのがいいです。
この「ささやかだけれど、役にたつこと」の他に私は「大聖堂」という
話もなかなか良いと思いました。

どの話も普通の人が主人公で、読み始めは「は??だから??」
と思っちゃったんだけど、後でじんわりと意味が分かってきます。

結構面白い本でした♪

2007年3月 8日

今日のレッスン(3/8)

きっかり1ヶ月ぶりにチェロのレッスンに行ってきました♪

やっぱりというか何というか・・・・
最初から最後までボーイングの指摘ばかり
先生、きびしー

・E minorスケール
コレは2オクターブ目のFの音とAの音が低いということで
何度か弾きなおしたけどダメでした・・・

・DOTZAUER 30番
イキナリ始めのCの音を間違えて弾き始めてしまった。
そこから今日の苦難のレッスンが始まった訳で・・・
とにかくボーイングと移弦がなってない!とのこと
肘から移動、肘から移動とワンフレーズ弾く毎に注意を受ける
ヘロヘロの音しか出ない原因はボーイング!と言い切られた。

・DOTZAUER 31番
5度のアルペジオ(?)が出てくるところで、ずーっと指を押さえ続ける事が私には難しくて先生に助言をもらった。
(どこが難しいのか分からないんだけどーと先生から言われた)
とにかく指を押さえる時の力の入れる方向が違うらしい。
自分の背中に向かって左手は押さえないとダメとの事。
それからコレもボーイングについてかなり沢山指摘された。


今日は今年一番のヘタヘタ演奏だった。
(といっても今日で今年3回目のレッスンなんだけどさー)
ワンフレーズ毎くらいにボーイングの指摘をされ、
あまりのヘロヘロ演奏に途中

「先生、たぶんこれ以上弾いても今日はダメだと思います」

と弱音を吐いてみたけど、先生は取り合ってくれず
何度も何度も弾きなおしさせられ、
移弦のチェックと音程のチェックをした。

くそー、以前にも増してヘタヘタになってしまった自分が許せん!
春休みで汚名返上だーーー!!

2007年3月 6日

かわいいっ~

今日、久々にスーパーに行ったら
めっちゃカワイイお菓子を発見!!!!!

森永サブレ DEAR

Sabure2
味はめちゃめちゃ普通のサブレですが、どれを取ってもまんまる笑顔なので凄く幸せな気持ちになれます。

このサブレをみてたら君といたとき、いないときという絵本を思い出しました。

2007年3月 3日

気づき

ここんところテストばっかりで
それで今まで良い点数しか取ってなかったから
そのレベルを落とさないように必死に机に噛り付いて
一日中教科書読んで、友達に負けないように頑張った

けど・・・

とうとう昨日、私の成績表から”優”が一つ消えた。

勉強しかしなかったこの2月。
なのにテストの成績はどんどん下がる。

なんで????

多分、”楽しむ事”を忘れてたからなんだろうなぁ~

なんでこうなんのかなぁ~とか
人間ってスゴイなぁ~とか
ここ2、3ヶ月の間、そういう事をすっかり忘れてしまって
ただ友達に勝ちたい!成績表を全部”優”で埋め尽くしたい!
って事しか考えてなかった。

”勉強する”ってこういう事じゃないよなぁ~

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30