« 思いがけなく花見 | トップページ | 早速練習 »

2007年4月12日

今日のレッスン(4/12)

○F mollスケール
低音部の音程が悪いのでもう一度

○DOTZAUER 32番
ふふふ、これはあがりました!
それも先生から「すごく練習したんじゃない?良く弾けてるよ~」
とグルグルの三重マルをもらった。うれしい!!!!

○DOTZAUER 33番
この33番って、かなり転調しまくるんですよ。
どこで転調するのか楽譜をぱっと見ただけでは分からないので
転調するメロディの上に小さくコードを書いてたんですけどね・・・
今改めてみてみたら、悉く間違ってるんですよ!!!
先生が「う???」と小声で言ってた意味が今分かったよ~
は、はずかしい・・・・・

○Vivaldi SONATA in E minor
・第3楽章
やーっとこの曲あがりましたっ!!!!
めっちゃ良く弾けてるし、時折”色っぽいビブラート”が
聞こえてきたよーと先生から言われた!ウレシイ!!!!
(全部がその”色っぽいビブラート”になればいいねぇ~といわれたケド・・・)

・第4楽章
最後の3小節が上手く弾けず・・・
先生は「最後が少し残念だけど、この楽章が一番良く弾けてるし今日で終わり!」と言ってたんだけど、あまりにも最後の3小節が悔しくて、もう一度弾かせてくださいっ!とお願いしてしまった。だから、また来週もう一度弾く事に・・・

○Largo Handel
前半少しだけ弾いた所で
「この曲の歌詞知ってる??楽器を弾く前に歌ってきて」
と言われた。全く歌い方がなってないらしい。
それに「”美しい艶のある音”で”伸びやかに歌う”事をこの曲で練習したいから、それを意識して練習してみて下さい。」との事だった。


今日のレッスンのキーワードは
「艶のある音  色っぽいビブラート  深い音」

なんだか自分自身に足りないモノを言われているようだ・・・

« 思いがけなく花見 | トップページ | 早速練習 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

上がったんだ、おめでとうー♪(ウラヤマシイ)
私もあやかりたいです。頑張らなくては~。

ありがとう!!!
でも1巻を終わらすにはあと2つ。
次のは何とかいけそうだけど、
最後の34番が私には難しいのです。
音がとれな~い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いがけなく花見 | トップページ | 早速練習 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30