« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の22件の記事

2007年5月31日

今日のレッスン(5/31)

DOTZAUER1巻終了目標の5月31日がやってまいりました!

○DOTZAUER34番
15小節目からメロディの肝になる音が悉く短い!!!との指摘あり。自分が思っているよりも長めに音を弾かないと相手には聴こえないという事を何度も言われた。
21小節からは強調して欲しい高音が全く聴こえない!との事。
それから♯の音は少し高めに、♭の音は少し低めに取って!と
言われた。その方が音の落ち着きがいいらしい・・・

との事で、目標達成できずーーー!!!
来週はレッスンはお休みなので、2週間後頑張るとしますか・・・

○Handel Largo
今日は先生のピアノ伴奏に合わせて気持ちよく弾けました!
ただ、ビブラートが全く出来なかった!
今週の月曜あたりに良い感じのビブラートが出来てたので
レッスン日にはいけるかな?と思ってたけど、期待を裏切り
全く全然自分の思うビブラートが出来ず・・・

でも、「なかなか良く弾けてると思いますよ」と言われて
今日でこの曲はおしまい!

次回からはっ!!!!!!
あのあのあのあの!!!!!!!

Bachの無伴奏チェロ組曲第1番 クーラントをしますっ!!
Bach_1
楽譜はベーレンライター版を使用する事になりました!(だけど全音から出てる日本語解説つきのヤツです)

それからLEEはまず1番から順にやっていこうという事に。ただし、レッスン時間が短い為、DOTZAUERとLEEを交互に持ってきて下さい!とのこと・・・

あまり気負いすぎると私はダメになるので、適当にがんばるとしますか・・・


2007年5月30日

緊張ーーーっ!

Largoのピアノ伴奏を録音しようと
久々にサウンドスケッチャーを出してきた。

Largoのピアノ伴奏の譜面がかなり簡単なので
録音も簡単に出来るだろうと高をくくってたんだけど・・・・


なんで”録音”というものは緊張するんですかねぇ~
心のどこかで「上手く弾いてやろう」っていう気持ちが
あるからなんでしょうねぇ~

順調に弾けてても、最後のページで気が抜けて
思わぬところでミスしたり、音を飛ばしてしまったり・・・
ううっ、こんな演奏に合わせて弾きたくないぞー!!!

とにかく、何回やっても満足する出来にならなかったので
ピアノ伴奏録音は後日再度チャレンジすることに。

その後、DOTZAUER34番とLargo,それとLEEの初めの1曲を
練習しました。DOTZAUER34番、シッカリと安定した音が出る
ようになってきたけど、よく間違って止まってしまう。
もう少しテンポを落として練習する方がいいのかなぁ?

2007年5月28日

届きました~♪

今日、学校から帰ったらコレが届いてました!

LeeMelodious and progressive Studies Volume1 S.LEE

メロディを歌うのが超ヘタな為、次回のレッスンよりこの本を使う事になりました。日本語に訳すと「旋律的で発展的な練習」っていうのかしら???(たいそうな・・・)
中をペラペラとめくってみた所、私の好きそうなちょっと物悲しい感じの曲が多いような気が・・・(まだあんまり見てないのでよく分かんないけど)

そういや、ピアノを習ってた時もメロディを歌うのがヘタで
ツェルニー50番をやりながらクラーマー=ビューロー
っていうちょっとメロディックなエチュードでメロディを弾く
練習をしてたっけ・・・
(このエチュードも美しい曲が多かったような・・・)

っていうか・・・
何をやってもメロディがうまく弾けないって事は
音楽をやる人にとって致命的なことなのかもしれないなぁ~

とにかく・・・
明日、この新しい楽譜を弾いてみよー

2007年5月27日

ゲゲゲの鬼太郎

実は昨日甥っ子と”ゲゲゲの鬼太郎”の映画を観にいく
約束していたのだけれど、あまり行きたくなかったので
忘れたフリをしていたら、物凄く泣かれて困った。

それで今日は朝から昨日の埋め合わせをするため映画館へ!

Geゲゲゲの鬼太郎

ストーリー:テーマパーク建設に反対する団地に住む小学生の健太は毎日のように出てくる妖怪に困っていた。それで鬼太郎に助けを求めるため妖怪ポストに手紙を出す。それと同じ頃、ねずみ男によって盗まれた「妖怪石」が忽然と消えてしまい、妖怪世界に衝撃が走り・・・

初めの方、妖怪の出てくるシーンで甥っ子は
ビクビクしていたんだけど、その後は楽しそうに観ていた!!!

映像は日曜の8時くらいからある仮面ライダーとかの
子供向け特撮と同じ作り。懐かしさを感じてしまう。
特に良かったのはキャスティング。イメージにピッタリ!!!
(ただし、ウエンツ以外・・・)
特に大泉洋が演じた”ねずみ男”はいい感じだった。
(でも、この役は大倉孝二がピッタリだと思うなぁ~)

あと、5年くらい前に私がはまってたピュア ラブって
昼ドラが放送されてたんだけど、そこに出てきていたお坊さん役の
人がチョイ役で出てた。
その時のイメージとは全く違った”嫌な刑事”役だったので
この人、良い役者なんだなぁ~って思った。


全体的には面白く作られてたけど、もう少し”ゲゲゲの鬼太郎”
が本来持つ、おどろおどろしさとか、ストーリーの深みとかがあっても
良かったんじゃないかなぁ~
小学1年生の甥っ子にはアレくらいがギリだったようだけど・・・

ま、全く期待してなかったのに、意外に楽しめてよかった☆

2007年5月24日

今日のレッスン(5/24)

○DOTZAUER34番
5月中に絶対終わらせる気でいたのに、終わりそうもない。
今日はメロディを和音で取りなさい!という事と
聴いてる人にこれから弾く和音を連想させるような第1音の弾き方
(深く、印象的な第1音を!)
それから、音がヘロヘロなので、左手をシッカリと弾く事
この3点を言われた・・・

○Handel Largo
今日は結構いい出来だったように思うけど、下記の指摘がっ!
・ビブラートが細かすぎ!
・付点の付いてる音のリズムが甘い!
・シッカリとブレスする!
・一緒に歌うような感じで弾く事。(実際に歌ってもいい)

私、メロディを歌う事がヘタクソで、それも超ド級なので
LEEのMelodic Studies Op.31ってのをする事になった。

苦難の道が続くなぁ・・・

バベル

Baberu昨日、友人とバベルを観に行った。

ストーリーは・・・というと一丁のライフルをキーにしてモロッコ、メキシコ、日本を舞台にした4つの話が錯綜するので・・・何とも書きようがない。

私の感想は・・・
観た直後はふーん・・・って感じだった。全ての話は理解できるんだけど、4つが合わさった時に「だから何?」と思っちゃったのだ。いつもは一緒に観にいった友達と映画の話をするんだけど、今日のバベルに関しては何もしなかった。なんだか頭の中が空白になってしまったような感じだった・・・

でも、家に帰ってから旧約聖書にのってるバベルの塔について調べた。
「バベルの塔」とは旧約聖書の創世記第11章に出てくる話で、もともとは同じ言語で話あっていた人々が天まで届く塔を立てようとして神の怒りをかい、塔を崩し、お互いの言葉を通じなくしてしまったという話。

あぁ、そうなんだ・・・
あの映画はモロッコの兄弟に関しては「一発の弾丸で全ての幸せを崩し」てしまい、打たれた夫婦は「危機が迫ることでお互いの大切さを知り」、メキシコの乳母は「幸せの絶頂から不幸のどん底まで落とされ」、日本の聾の女子高生は「自分を理解してくれる人が誰もいない淋しさ」を描いてるんだな・・・

「理解できない」 と 「崩壊」 がキーワードなんだと思う。

多分、この映画はこの「バベルの塔」の話を知っている前提で作られたものなのだと思う。だから全く知らない仏教徒の私が観た場合「ふーん・・・」となってしまうのだ。

この映画の評価が真っ二つに分かれる理由が分かるような気がした。

2007年5月22日

Bach好きの幽霊

今日は5時30分にCDプレイヤーが突然鳴り出した!!

初めはラジオが鳴っていたんだけど
その後”ピッ”という音と共に、またまた入れっぱなしにしてた
Bachの無伴奏チェロ組曲が鳴り出した。

それも・・・

第1番プレリュードとアルマンドが繰り返し繰り返し・・・
次のクーラントに行くと、途中でまた”ピッ”と言う音と共に
プレリュードが流れ出す始末・・・・

ウチの幽霊さんもプレリュードとアルマンドが好きらしい

おおっ!今はじめてサラバンドまで行ったぞ!!!!

なんだか気味悪いのをとおり越して
ウチの家の幽霊さんが私がBachを弾くのを応援してくれてる
ような・・・そんな気がしてきました。

2007年5月21日

ウニョウニョウニョ

今日も朝錬をした。

最近になってますます”ビブラートのやり方って?”という事に頭を
悩ませている。

だいぶん前に先生に「どのように練習すればいいんですか?」
と質問したら

「うーん、私、練習した記憶がないんで分からないんだけど
手首で振るんじゃなくて腕全体で振って見てください。
それからメトロノームで一拍2振りから始めて、どんどん振る数を
増やすやり方もありますよ。」

との事だった。初めはメトロノームを使って練習してたんだけど
最近めんどくさくて全くやってない。(これがダメなのか?)
たまに思い出してスケール練習時にビブラート練習をしたりする。
(けど、4になるととたんに出来なくなる)

先週、「4の指のビブラートってどうしてますか?」と先生に質問。
そしたら

「小指は弦の触れてる所だけ力を入れて、他のところは抜いてるな
それから親指はしっかりとネックにつけてる。
振るときは人差し指を指盤に当てるような感じで振ってるわ~
でもそんなにブンブン振らなくてもビブラートはかかるでー」

との事。うーーーん
まず、第1に弦に触れてる所だけ力を入れるのが出来ない
第2に小指だけで弦を押さえると腕が全く触れない
第3に無理やり振っても小指がガチガチに固まってしまう・・・

私にとってビブラートはとてもムツカシイ。
これをマスターする時が来るのかっ!!!!

強いな・・

3月にアレンジした花を片付けるのを忘れていて
水を1ヶ月以上あげてなかったので、もう完全にドライフラワーに
なっているだろうと久々に座敷に入ったら・・・

Ranこのランの花だけが枯れずに残っていた!!!!
この凛とした姿になんだか心打たれてしまった・・・

2007年5月19日

バッハ効果

2日前からバッハ効果がアリアリでチェロへの愛が再燃!
というか、ゴウゴウと燃え盛っている・・・

今日も朝から4時間近くチェロの練習をした。
今日は無伴奏チェロ組曲だけじゃなく、
ちゃんとDOTZAUER34番も一音づつ丁寧に音を取ったし
Largoは曲自体は弾いてないんだけど、
ビブラートの練習を色々と試行錯誤してやってみた。

それで無伴奏はアルマンドから丁寧に練習してみる。
今までは第1番はプレリュードが一番良いと思ってたけど
今は、このアルマンドが一番好きだぁー

YouTubeでロストロポーヴィチとマイスキーが弾いてる
プレリュードとアルマンドを見てみた。
ロストロポーヴィチのはサラッとタイプで
マイスキーのはコッテリタイプ。

マイスキーが弾いてるのをジーッと見てると
なんだかマシーンが弾いてるみたいに見えてきた・・・
すごいねぇ~、マイスキーロボだ!

どちらかと言うと私はロストロさんの方が好みだけど
マイスキーのも凄くドラマティックでいい感じ!!!

今日も一日頭の中はチェロ一色でした・・・

2007年5月18日

バッハバッハバッハッハ!

(フェレットさん、いただきました!)

今日は朝1時限目の授業が無かった。
いつもならダラダラゴロゴロしてるんだけど
今日は9時から1時間、チェロの練習をしました。

そう、無伴奏チェロ組曲をする事になったので
昨夜から弾いてみたくて仕方なかったのです!!!
本当はDOTZAUERも次回から新しい曲になるので
練習をしなきゃダメなんだけど、そっちは一切触れず・・・

まずは第1番からということで、プレリュードからジーグまで
6曲全部弾いてみた。

これが、結構弾けちゃうんですよー

もう5年近くCDを聴きまくってるせいか、
体にメロディが完全に入ってるんですよー


で、でもね
私にとってコレはキケンな徴候。
こういうときに限って先生からガツーンと言われる。

気を引き締めて、一音一音大切に弾かないとねー

2007年5月17日

今日のレッスン(5/17)

3週間ぶりのレッスンです!

○F moll スケール
やっとやっとOKになりました!

○DOTZAUER33番
これもOKになりましたよ!
1箇所だけ音程のチェックをされたけど
その他はOKとの事!やった!!!
次は1巻の最終曲、34番デス!

○Vivaldi Sonata in E minor第4楽章
これは自分自身納得いかない演奏だったけれど先生が
「もうこの曲終わりにしたいんですけどー。mihoさん的には
どうですか??」と言われたので、私も終わりにしたい旨
伝えた。思えば全楽章を半年以上弾いてた事になるなぁ~
その割には・・・ヘタ・・・

○Handel Largo
今日は「テンポを死守する」という目標でレッスンに挑む
自分ではずーっと同じテンポを維持出来たので満足してたら
先生から「なんだか間延びした感じのところがある。
1.2.3.と数えるんじゃなくてピアノ伴奏を思い浮かべて
弾いてみて!」といわれた。

それからビブラートの事、今日は殆ど入れずに弾いた。
けど、次回は絶対に入れてくるようにといわれる。
それもワイドにしたり細かくしたりしてメロディに合うように
入れてきてください、とのこと・・・
ビブラート、どうしたら綺麗に入れられるんだろう・・・


あと、今日はスッゴク嬉しいことがありました!

とうとう!!!!!!!
Bachの無伴奏チェロ組曲に挑戦する事になりました!
それも9月に発表会があるようで、それに向けて練習です!
(しかし、9月は病院実習があるので参加できるか不明)

わーい!わーい!

2007年5月15日

Largo

こんなCDを買ってしまいました!

LargoLargo 藤森亮一

このCD、ジャケ買いしてしまいました!カッコイイですよねぇ~
藤森亮一さんはNHK交響楽団の主席チェロ奏者です。(説明がいらないくらい有名人だと思うけど・・・)Largoと名前が付いてるとおり、私が今弾いているヘンデルのラルゴとか、ゆっくりしたテンポの有名な曲が14曲入っています。

で、このCDの感想は・・・
なんだか1.2曲目を聞いた感じ”音が地味だなぁ~”と
素人ながら思ってしまったのです。
なんでなんだろう??良く分かんないけど・・・

私がこのCDでいいなぁ~と思ったのは
シモネッティ:マドリカル
バッハ:アンダンテ(イタリア協奏曲第2楽章)
ショーソン:インターリュート
ブルッフ:アヴェ・マリア
かな・・・

今日から2日間、このCDを聴いて
ラルゴのイメージを脳に植えつけよう!!おー!

2007年5月14日

思うとおりに歩めばいいのよ

金曜から4日間でまたしても5冊くらい本を読みました。
その中でよかった本がコレ

Omoutouri「思うとおりに歩めばいいのよ」 ターシャ・テューダー著

ターシャ テューダーについては前から知ってたんです。というのも、10年くらい前にトヨタの車屋さんが作ったカレンダーに彼女の絵と文章が載ってたんです。凄くカワイイ絵の横に、思わず唸っちゃうような文章が書かれてあって、物凄く印象的だった。それで、図書館でこの本を見つけて嬉しくなって借りちゃったワケです。

彼女はアメリカのバーモンド州に住む高齢の女性・・・
住む家や洋服、また生活スタイルまで何もかもが
大草原の小さな家とかに出てきそうな感じの
ナチュラルライフを現在でも続けておられます。


私がスゴイと思った本の中の文章を少し記しておきます。

「死さえ、恐いとは思いません。
つまり人生に悔いがないという事なんでしょうね。」

「近道を探そうとしないこと。
価値のある良いことはみんな、時間も手間もかかるのです。」

「夢に向かって自信を持って進み
思い描いた人生を生きようと努力するなら
思わぬ成功を手にするだろう」(ソローの言葉)

特にソローの言葉は今の私に勇気を与えてくれました!

2007年5月13日

ちょっとした自慢

私、自分の容姿にかなり自信が無いんだけど
一つだけ自慢していいと思ってるのは”自分の声”

昔、ある職場で館内放送の係に任命されて
水曜日になると「今日は定時で帰りまショウ・・・」って
放送をしてたんですよねぇ~
(別にそれが主たる仕事じゃないんですけど・・・)

第一回目の放送後、各課の男性職員が一斉に
「あのアナウンスの主はどんな美人なんだ!!!」と
言って、私がいた課にやってきたんですけど、
実物をみて、皆さんガックリして帰って行ったんですよー

ははは・・・実物がこんなんですまんね・・・
(またこんな事を書くと友達に怒られるかな?)
この後も数々の”声伝説”を作り上げてきたんですけど・・・


この間、学校の授業でクラスの人達の前で”一口コラム”の
ようなことを話す機会があり、それが終わった次の授業で
19歳のMちゃんから「お天気おねえさんのようだった」
とか「話し方がプロ」とか色々言われて
こんな昔のことを思い出してしまいました。

2007年5月12日

好きだけど嫌い

333DOTZAUER33番練習中です!
私、一定のテンポを刻み続けるのが大の苦手。自分の気分の高揚と共に早くなったり、苦手な所も”早く過ぎ去れっ”って感じでテンポが速くなる。(特に16分音符が続く下りのメロディがキケン!)

先生はそれが耐えられない様子で「音符の長さが分かってない!」とか「リズム取りがオカシイ」と何度も指摘される。
それで毎回

「メトロノームをキチンとつかって練習してきてっ!!!」

と言われる・・・
最近は肌身離さず練習をする時にはちゃーんと使ってるけど
メトロノームの束縛に耐え切れず、気がつけばメトロノームの
カチカチを完全無視で弾きまくってる事、多々アリ。

今日の練習でも16分音符=186で練習いたしました。
メトロノーム、好きだけど嫌いです。

2007年5月10日

風邪をひいてしまった

昨日、喉が少し痛いかな?と思ってたら
今日になって急激に気温が下がってしまったからか
授業もあと1時間で終わりという所で
猛烈な頭痛と吐き気に襲われる。
本格的に風邪をひいてしまったようだ。

必死に1時間ガマンして
授業が終わるチャイムと共に教室から飛び出し
家に帰った・・・

だから、今日のチェロのレッスンはお休み。
来週こそ頑張ろう・・・

2007年5月 9日

憧れの彼女

チェロを始めるちょっと前に
少しの間だけバイトに行ってた所で出会った
カーペンターズの歌が上手くて、とてもカワイイ女の子
7歳くらい年下なんだけど、
とってもいい感じの雰囲気を持っていて
当時、私は密かに彼女に憧れてた。

バイトを辞めてから、殆ど会うこともなく
私の中で「過去の人」になってたんだけど・・・

つい最近、NHKでカーペンターズの特集をしてたり
また学校の課題で拒食症の事を調べてたら、
カレン・カーペンターズの事が必ず出てくるのでそのたび

「あの子、どーしてるんかな?」と思ってた


そしたらね・・・
昨日その彼女からメールが来たんですよ!

「mihoさんに言われた事を思い出したからメールした」
という内容だったんだけど・・・
5年ぶりのメールに正直、驚いたし
でも、めっちゃ嬉しかった!

私、こういう事が自然に出来ないから
また彼女のこと、スゴイなぁと思った。

それから
彼女の作るページが凄く良くて
またまた彼女に憧れた。

2007年5月 7日

ギョエーーー

さっきね、私の持ってるCDプレイヤーが突然鳴り出した
んですよ!!!!!!

誰も(というか部屋に一人)スイッチを入れる人はいないし
私が今いる場所からプレイヤーまでは2mはある!!!
なのにイキナリ

「ピッ」

と電子音がしたかと思ったら
昨日から聴き続けていた無伴奏チェロの調べが流れてきた!

前から、私は付けた記憶がないのに
CDプレイヤーの電源が知らないうちに入ってる
という事が頻繁に起こってたんですよ!!!!

かと思えば、全然何にも触ってないのに
突然電源が切れたりさーーー

コレって心霊現象!?
ただ単なる機械の故障!?
コワーイ

2007年5月 6日

倦怠期

先週のレッスンから10日間、チェロに触れてません。
こんなにヒマを持て余して、数独なんかやっちゃってるのにねー
完全にチェロ君への愛が冷めてしまってますな・・・
やっぱり私には一つの事を長く愛し続けるという力に
欠けてるんでしょうかっ???

久々に今日は私のチェロの原点、フルニエが弾く
Bach無伴奏チェロ組曲のCDを朝から聴いてます。
チェロの音、やっぱりいい。

今日も家に人がいるし、学校の宿題は片付いてないしで
チェロを弾け無さそうだけど、色んなチェリストのCDを片っ端から
聴いて”チェロ愛”をもう一度復活させたい!!!

ロストロさんのCDも出してこなくちゃね~

2007年5月 4日

イメチェン

ここ1年ほど、全く髪型を変えてなかったので
今日はイメージチェンジって事で髪を切ってきました!
と言っても、今までしていたショートボブから普通のショート
に変わっただけ。だけどサッパリした!

それからヘアカラーも少し落着いたブラウンへ変更!
美容師さんの勧めでちょっとオレンジが入ったブラウンに
染め上げられた私の髪・・・
ええやん、ええやんかぁ~!!!


髪型を変えると気分も変わりますねぇ~
さぁー、学校の課題やらないとなー

2007年5月 2日

素直さに負けた・・・

この間、学校で3学年合同の運動会があったんだけど、
そこで、あまり今まで話した事のなかったAちゃんと
同じチームになった。

Aちゃんは”清楚”で”素直”なお嬢様。
ガサツな私は彼女と何を話していいのやら分からず
彼女が高校時代にブラスをしてた事を思いだしたので
その話から振ってみたんだけど・・・

私「Aちゃんはブラスやってたんだよね?楽器はなに?」
A「クラリネットやってた」
私「うわー、クラリネットって感じがするわー」

少し会話が弾んで来たので

私「私もブラス部やってんけど、何の楽器してたか当ててみて!
結構みんなが言ったヤツ当たるねん!」

と言ってみたら、Aちゃんはすかさず

A「チューバ?」

と答えたので、思わず絶句してしまった。

チュ、チューバかよ!
私の中ではチューバは”男の子のする楽器”ってイメージなので
そんな楽器が答えに返ってくるとは思わんかった!ビックリ!
まぁ、やっても可笑しくない体型やけどさー

Aちゃんの素直さが私を物凄く傷つけたのでした・・・

(正解はトランペットなんですよー)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30