« ちょっとした自慢 | トップページ | Largo »

2007年5月14日

思うとおりに歩めばいいのよ

金曜から4日間でまたしても5冊くらい本を読みました。
その中でよかった本がコレ

Omoutouri「思うとおりに歩めばいいのよ」 ターシャ・テューダー著

ターシャ テューダーについては前から知ってたんです。というのも、10年くらい前にトヨタの車屋さんが作ったカレンダーに彼女の絵と文章が載ってたんです。凄くカワイイ絵の横に、思わず唸っちゃうような文章が書かれてあって、物凄く印象的だった。それで、図書館でこの本を見つけて嬉しくなって借りちゃったワケです。

彼女はアメリカのバーモンド州に住む高齢の女性・・・
住む家や洋服、また生活スタイルまで何もかもが
大草原の小さな家とかに出てきそうな感じの
ナチュラルライフを現在でも続けておられます。


私がスゴイと思った本の中の文章を少し記しておきます。

「死さえ、恐いとは思いません。
つまり人生に悔いがないという事なんでしょうね。」

「近道を探そうとしないこと。
価値のある良いことはみんな、時間も手間もかかるのです。」

「夢に向かって自信を持って進み
思い描いた人生を生きようと努力するなら
思わぬ成功を手にするだろう」(ソローの言葉)

特にソローの言葉は今の私に勇気を与えてくれました!

« ちょっとした自慢 | トップページ | Largo »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!音と風です♪
この本素敵ですよね~。本屋を歩いていたら、思わず目に止まり、立ち読みしてしまった事がありました。

‘近道を・・・’と、‘死さえ・・・’という言葉・・・、私も読みながらすごく印象に残った言葉だったので、驚きました! 価値あることというのは、‘時間も手間もかかるもの’だし、かかって良いものなんだなぁ・・・と思い、(立ち読みにもかかわらず)とっても感激したのを覚えています。

以前、NHKでドキュメンタリーのような物を放映していたのですが、うっかりしてしてしまい、少ししか観る事が出来ませんでした。が、短時間でありながら、非常に面白かったです。おっとりされているようで、ものすごく芯の強い方なのだなぁと思いました。

悔いのない人生を送るためにも、ちょっとずつ、ちょっとずつ頑張るしかないですよね♪

私もそのNHKの放送を見ました。

何年も生きてこられ、充実した人生を送ってこられた方だからこそ、発せられた言葉なんですよね。

なんだか、この学校に入ってから「死」が身近なものになり、自分の最後はどんな風に死にたい?とか良く考えてしまうんです。

でも、誰もが最終的に辿り着くゴール地点。
その時に彼女のように考えられたらいいですよね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとした自慢 | トップページ | Largo »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30