« チェリストの物語 | トップページ | 知らんかった♪ »

2007年8月30日

今日のレッスン(8/30)

テスト勉強の合間にレッスンに行ってきました!

○DOTZAUER 37番
付点の次の音での弓の引っ掛けがまだ足りないとこのと
それから、リズム取りがオカシイと言われ、以下の練習を
してくるようにとの事。

・全ての音を32分音符で弾く
・スラーを全て取って弾く

○LEE 3番
最後の方でちょっと間違えてしまったけど、この曲はOKに!
まだビブラートが早すぎるので、1拍に2つ入れるのを目標に
ゆっくりと大きなストロークで表情豊かに入れるように心がける事
次は4番

○Bach Suite 1 Courante
良い感じで歌えてるのでこの曲はOKに!

でも・・・・・
急いでる感じに聴こえるので、落着いてカウントしながら
弾いた方が心地が良いとこのと。
Curanteの意味を理解すればもっと曲が変わってくると思うよ!
って事だったのでCuranteって何なのか調べてみた!

Curante・・・2分の3拍子あるいは4分の6拍子による、フランス起源の宮廷舞曲。

ふーん、宮廷の舞曲ねぇ~
もっと雅(みやび)な感じで弾けって事かしら???

次はMenuet1.2をしますっ!!!


9月から実習やらテストやらで木曜日のレッスンに通うのが
めっちゃ厳しくなってしまった。
なので土曜日のレッスンに変えてもらうことに・・・
だけど、次のレッスンは9月の後半になりそう。

当分チェロのレッスンはお休みデス。

« チェリストの物語 | トップページ | 知らんかった♪ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェリストの物語 | トップページ | 知らんかった♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30