« 善き人のためのソナタ | トップページ | 買いすぎ »

2007年12月 9日

今日のレッスン(12/9)

今日は実質楽譜を弾いたのは3小節のみ!!!

延々々々々とボーイングの練習をした。

○DOTZAUER43番
またまたスタッカートの弾き方を注意される。(何度目?)
それから2小節目の拍の取り方を間違えてる事を指摘され
めっちゃ恥かしかった。

ここから弓先で弾く為のボーイング練習・・・

○Bach Cello Suite1 prelude
これも1小節弾いただけで、そこからボーイングの練習に・・・

私が弾くとこじんまりして、カクカクしてる感じらしい。
そうじゃなくてもっと広がりを持たせて、緩やかな動きで!

「はぁーー、毎回おんなじ事言われてますよね。進歩無い・・」

とボソッと言ったら

「えー、そんな事ないですよ。毎回違ってますよ。色々聴かせてもらえるのでこっちとしては楽しいです。」

と先生の慰めの言葉。
毎回違ってるのか・・・それは「安定感が無い」と言う事なのか?
(悪い方へ考えすぎ)かなり落ち込み気味にしてたら

「なんだかプレリュードも飽きてきちゃいましたね~
プレリュードが終わったら次はアルマンドなんてどうでしょう?」

とのお言葉。アルマンド一番好き!俄然やる気が出てきた。
ひゃっほー頑張るでぇ~と笑顔になったその瞬間

「あ、それから最近ビブラートの練習(たぶんLEEのこと)してないですよね。ちゃんと練習しといてくださいねっ!」

はい・・・がんばります・・・

(来週は私の都合でレッスンはお休みデス)

« 善き人のためのソナタ | トップページ | 買いすぎ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 善き人のためのソナタ | トップページ | 買いすぎ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30