« 冬休み第1日目 | トップページ | 今日のレッスン(12/23) »

2007年12月23日

ハマる音

最近になって漸く”音がハマる瞬間”が分かってきた。

弾いている時に音がポーンと広がる瞬間がある。
自分にとって凄く気持ちがいい音・・・・
その音は大抵チューナーの針が真っ直ぐ真ん中を示す音。

自分の精神状態が安定している時や練習を沢山していくと
その”ポーン”の瞬間が多くなる。
まぐれのような感じなんだけど、実は頭の中に明確な音見本
が出来上がっていて、それにただ合わせて行くだけで音程は合う。
スケールとかロングトーンとかは、その音見本を植えつける為に
やってるんですよね・・・(たぶん)

で、その音見本が出来ると、何の曲を弾いても弾きたい音の予測が
完璧に出来るから音が外れないわけで・・・

でもそれがなかなか出来ないワケで・・・


あ、そうそう
Cdurのスケールを弾いてると
「Hの音は高めでお願いします」と言われる。
先生の説明では「H音は早くC音になりたいからちょっと高めになる。」のだそうだ。
確かにそうやって弾くと自分の中でホッとするし
そうなる事を求めている自分もいる。

自分が気持ちが良い様に音を鳴らしていけば
いい感じの音が出るようになってるのかもしれないな

« 冬休み第1日目 | トップページ | 今日のレッスン(12/23) »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬休み第1日目 | トップページ | 今日のレッスン(12/23) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30