« クリスマスイブ | トップページ | 見つけたり! »

2007年12月25日

チューニングの仕方

恥ずかしながら私、最近になって漸く自分の耳で
チューニングが出来るようになりました!

私がやってるチューニングはA線だけはピアノかチューナーで
合わせて、そこから5度の和音で音を合わせていく方法です。

始めは弾いてる音の音のうねりを聞いて合わせてたんだけど
最近は5度の和音を弾いた後に残る残響音を聴きながら
ネジをクルクルと回し、うねりが無くなる所を見つける
方法を取ってます。

でも、最終的には和音を弾いて確かめるんだけど、
何度も弾く手間が省けてラクチンです。

さっき、チューニングの仕方についてこんなページを見つけました!

チューニング、どうしたらええねん!とお悩みのかたは
読んでみるといいかも♪

« クリスマスイブ | トップページ | 見つけたり! »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

mihoさん 実に正しい考え方してますねぇ 素晴らしい。電子チューナー大流行の時代、私は音叉を使っています。音叉の下の丸い部分を耳穴につっこんで音を覚えます。それから、ペグを回して調弦。後は5度で4弦を調弦します。チューナーを使ったら耳を鍛えることができないので、弊害だらけ。音を作るって、弦楽器の一番難しいけれど一番美しい部分ですね。

毎回レッスンで先生にジーッと見張られ・・・いや見守られながらチューニングをしなきゃいけないので、必要に迫られてなんですよ。レッスンではチューナーを使うなっ!と言われてるので・・・

でもカッコイイ事を書いてますが、家の練習の時は結構チューナーを使ってるんです。(気になる所だけチェックするだけなんですけど)

しかし、音叉はスゴイですね。
今までピアノの調律師が持ってるのしか見た事がないです。それにペグでチューニングって・・・微調整難しくないですか?

ペグでチューニングするのが一番楽ですよ。ペグの調整をチャンとしておくのが前提ですけど。ペグの調整をするためのクレヨンみたいなものが売られています。無いときは、クレヨンと白墨を塗ったりします。・・あれ?みんなどういう風にチューニングしてるんだろう・・・人により色々かも・・・

私はペグで大まかなチューニングをして、微調整はテールピースについてるネジでやってます。

ペグでするの私には難しいんです。
A線を合わせて・・D線を合わせているうちに何故かA線の音が半音くらい下がってたりします。ペグの調子が悪いのかなぁ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスイブ | トップページ | 見つけたり! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30