« またスンドゥブ | トップページ | 今日のレッスン(12/9) »

2007年12月 8日

善き人のためのソナタ

ずーっと前から観たいと思っていた「善き人のためのソナタ」。

ついこの間、WOWWOWでやっていたのをHDDに録り
今日みてたら、ちょうど2時間経ったところで

ブチッ

画像が途切れる・・・

「あ”ぁーーーー&%#$%¥@*!!!!」

一番良いところでなんでぇ!!!!!

大至急車を走らせてDVDを借りてきた。

Yokihito「善き人のためのソナタ」

ストーリー:東ドイツのシュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に魅せられ……。(シネマトゥデイ)

ヴィースラーが何でドライマンとクリスタを助けようと思ったのか?

私にはその動機が良く分からなくて・・・
舞台でクリスタに一目ぼれしたのか??と始めは思って
みてたんだけど・・・

まぁ、別にそんな事分からなくても良いかもしれない。

DVDを借りてきて観る事が出来た12分間
いや、最後の最後のシーンで涙涙です。

この映画は絶対最後まで観ないと後悔しますっ!!!!

ホント借りてきて良かったぁ~

« またスンドゥブ | トップページ | 今日のレッスン(12/9) »

映画」カテゴリの記事

コメント

mihoさん、ほんとエライところで「ブチッ」でしたね(笑)しかし、ほんと一寸前っていう時代のお話なので、見終わった後も色々考えさせられた映画でした。

エライ目にあいました。
でも感動して泣けたから許す!

しかし、私が10歳の時に東ドイツではこんな事が繰り広げられてたとは・・・(今でも何処かで行われているかもしれないけど)

自分の”自由”ってものは、あって当然だと思っているけど、本当はこの”自由”が守られている事はスゴイ事なんだな・・・と思いました。

高校時代に買った定規にW-GERMANYの文字が。
ちょっと前のお話なんですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またスンドゥブ | トップページ | 今日のレッスン(12/9) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30