« のだめカンタービレ | トップページ | 理論とか・・・ »

2008年1月 5日

感動を胸に!

昨日ののだめで聴いたチャイコのバイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
を朝から聴きつつ、冬休みの宿題に取り組んでおります。

今聴いてるのはハイフェッツのモノ。
こないだテレビでやってた神尾さんのも良かったなぁ~

この曲、ホンマ美しいですよねぇ~
この曲を聴くと体がジンジンと痺れます。

ええわぁ~


と言う事で、今日はコレを聴きつつ一日宿題三昧です。

« のだめカンタービレ | トップページ | 理論とか・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいな~。新春スペシャルのだめ。みんな、この時期は、これを見るが為、帰国してるんですよね。私はあとでDVDで見ますが、音楽をやってるものとしては励みになるなぁ、とドラマを見るたびに思います。

1夜目は原作にかなり忠実でした。
片平の指揮が見られて凄く嬉しかったです。

2夜目は千秋とのだめの恋愛が主立ってて、観てて少し恥かしかったです。それにかなり話が変わってたし~
でも、もじゃもじゃ体操が聴けて良かったな。

のだめはプロの音楽家の話しだし、あんまり参考にはならないけど、天才でも悩んだり落ち込んだりしてもがいてる姿を見ると、みんな頑張ってるから自分もやらないと・・・という気持ちになりますね~

天才音楽家の成長記としては、おっしゃる通り、参考にはなりませんね、とんとん拍子でパリのコンバトに推薦される話も現実にはそうあるものじゃないし。プロの音楽家でも、毎日毎日、何時間も練習して何十年後にようやく「プロ」というタイトルがついて。最近は若手でもプロはいっぱいいますけどね。(最近のプロは才能だけでなく、ビジュアル要素も重要視されるとか・・・)

ドラマの中での、のだめのやりたいことに対する落ち込みモードや千秋くんに対する恋愛感情は、微笑ましくて、見ていて人間らしい、と思います。

そうなんですけどね・・・
ストーリーがちょっと変わってて、漫画の中じゃいい感じだったものがドラマになると何だか恋愛ばっかり取り上げられて、観てるこっちが恥かしいというか・・・

ま、この漫画は読むと自分まで”スゴイ人”になれた感じがするから不思議。実際は全く違うんだけど・・・

自分もステキな音楽が奏でられるように頑張りましょ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« のだめカンタービレ | トップページ | 理論とか・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30