« 実習16日目 | トップページ | 今日のレッスン(3/1) »

2008年2月28日

久々に練習

昨日、ようやく新しい弦が届きました。

それで昨日の夜に付け替えて、今日弾いてみたんですけど
なんか今、かなり渋めの音色です。
新品の弦はなんだか心地が悪くって
少しでも早く弦を馴染ませる為に
今日は色んな曲を弾いて遊んでしまいました。

バッハの今弾いてる曲とか鳥の歌とか・・・

あ、そうそう
ジュリアン・ロイド・ウェッバーが編集したパブロ カザルスの
「鳥の歌」を半分くらいまで読みました。

Birdssong

「私はことあるごとに、バッハの曲はショパンやシューマンやその他大勢の作曲家の作品と同じように自由に演奏すべきだ、といってきた。でも演奏家によってはそうとは限らない。それでまぁ、時にはこうも言われるわけだ『バッハは冷たくて単調で・・・退屈だ』とね!」

やっぱり私の感じてた事は当たってたんだ。
彼のバッハはとても自由で人間的。
現代の人が弾くバッハはたまにキカイダーのように
感じる時もある。

どっちも好きだけど、ウチの先生に言わせると
「楽譜をキッチリ弾けるようになってから、自分の思うように弾いて!」

今の私はまだ自分らしいバッハを弾く段階にはきていないようだ。さぁ、発表会まであと2ヶ月、がんばらないとな!

« 実習16日目 | トップページ | 今日のレッスン(3/1) »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実習16日目 | トップページ | 今日のレッスン(3/1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30