« 今日のレッスン(2/2) | トップページ | 明日から実習デス! »

2008年2月 3日

白鳥

昨日の夜、テレビのチャンネルをピコピコ変えてたら
草刈民代さんがサン=サーンスの白鳥に合わせて
踊っておられた。

バレエで”瀕死の白鳥”っていうものがあることは知ってたけど
あの白鳥の音楽に合わせて踊ってるって知らなかった。

彼女の踊る白鳥は、ホンモノの白鳥のように優美でしなやかで
人間がこんなにまで白鳥になれるのかーーと驚いてしまった。

それで涙がポロポロ流れてゾクゾクして


なんで悲しい時だけじゃなく
感激した時も涙がでちゃうんだろう?
人間の体って不思議・・・

« 今日のレッスン(2/2) | トップページ | 明日から実習デス! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

涙腺(琴線)のツボって確かにありますよね。
詩や音楽にはしょっちゅう泣かされてしまいます。

また、そういう時に込み上げて来るものってものすごく暖かい涙なんですよね、そういう作品、事、人に沢山巡り合える人生でありたいものです。

前にも何処かで書いたけど
私は涙点が低い!(沸点みたいなもの)

ちょっとしたことでも感激してポロポロ泣いちゃう

みんな泣いてないのに私だけ泣いてるから
恥かしいなぁ~と常日頃思っていたのだけど
そういうモノに出会えるって事はステキな事
なんですよね。

これからも暖かい涙、流しますっ!!!!

うわぁぁぁぁーーー、私も見たかった(涙)
草刈民代さん、本を出してるけど、面白かったよ。一部抜粋。。。
「・・・踊ることや、それにまつわることに対して、こだわりを棄てられないところは、もしかしたら、私の偏った部分なのだ、とも思う。しかし、その偏りを修正しようとしても無理なのだ。何故なら、自分の中では、偏りなく、まっすぐに存在しているものだから」
私、踊りは見たことないんだけど、この本読んで泣けたとこ沢山あった。
お勧めよ~。

本当に綺麗でした。
踊りも綺麗だったけど、ただ立ってるだけの姿も
めっちゃ綺麗。

踊りに向かう姿勢とかも、これがプロってもんなんだなぁ~と思わせるほどストイックだし。

本出しておられるのは知っていたけど
まだ読んでません。
実習が終わったら読んでみようかな~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日のレッスン(2/2) | トップページ | 明日から実習デス! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30