« どどーん | トップページ | 衣装が・・・ »

2008年3月 8日

今日のレッスン(3/8)

今日もキッチリ15分遅れてしまいました・・・
スミマセン・・・

○Bach Cello Suite1 Prelude
今日のキーワードは「音色」と「テンポ」
1”良く響かせる為にはどう弾けばいいのか”
・響かせる為に特に力は必要なし
・自分が思ってるよりも軽い力で、弾く時にチェロの底板まで
弓を沈み込ませるイメージで弾くと良く響く音が出る。
・弓のスピードは早いのはダメ。角度も意識して!!

2.テンポは一定、さらに早く!
始めのG音を響かせようとするあまり、長く伸びてしまい
他の音にしわ寄せが来てる

3.変化を大切に!
和音進行の中の”異”に注目して、そこを丁寧に弾くこと
例えば第3小節の4拍目のFisなんかは
「次の小節のGに早くなりたい!けど、まだなれない!」
という"もどかしさ”(緊張感)を出して欲しい・・・って言われた。

前にビルスマのインタビューで「不協和音」の事が書かれて
いたけど、今先生が言ってる事がそうなのかな?違うか・・・

4.37小節目からの盛り上げ方
半音づつ上がっていく音 とその間に挟まるD音
D音は目立たないけど、抜ける音ではダメ。弓の分量を減らし、シッカリとでも小さな音で弾くこと。
あと、弓への重みの乗せ方・・・
半音階の最後E音くらいから、自分の全体重を弓にかける感じで!

6.最後の終わり方
とにかく一番最後の和音はG音が響くように弾く事
もし失敗したとしてもG音だけでも何としても弾ききる事
で、最後の最後、音が終わった後のポーズ?はカッコよく!

次はMenuet1&2を弾いてくる事


○Haydn Quartetto C-dur "kaiser" Ⅱ
もらった楽譜に指使いが書いてなかったので、適当に弾いたら
「その指使いは絶対にオカシイ!」と言われた。
それから、指を移動させるときに”ウニョーン”という音が入るのがめっちゃ気持ち悪い!と仰け反っておられた。


と言う事で、今日も1時間半のレッスンでした。
あ、そうそう
先生の家でレッスンを受けるようになって初めて他の生徒さん
の姿を見た。おお~、OLっぽいお姉さんだ。
このお姉さんも15分キッチリ遅れて来た。

世の中って上手い事回ってるな・・・と思ってしまった。

« どどーん | トップページ | 衣装が・・・ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

mihoさんのレッスン、具体的に書いてあって、すごく参考になる~。
「教会のような天井の高い建物で・・・」ってこの間書いてあったのも、すごく納得できて、そのイメージで弾いたら、良くなりました。
今、ゆっくりバッハのレッスンを受けることが出来ないので、かなり助けられてマス。。。

お役に立てて嬉しいです。

この曲をスグに弾けちゃうrikacelloさんってスゴイ!
私は何ヶ月も弾き続けてるのに、未だに上手く弾けません・・・

弾けてないですよー(笑)
綺麗な音、全然出てないデス。
最初にレッスン受けた時に、「もっと思い切り弾いて」って注意されたけど、ぴんと来なかったの。CD聞いてると、もっと力抜いて弾いてる気がしてね~。
で、先生にそれを言ったら「録音はチェロの近くにマイクを置いてるからそうなるの」って言われたけど、それでもぴんと来なくて。
mihoさんの「教会・・・」って言う文章を読んで、
「なるほどっ」とやっと分かった(笑)
美輪さんの言葉も良いね~!

私も始めはヘナヘナの音で弾いてたんだけど、
先生からこういわれて、バリバリ鳴らして弾いてます。
自分のイメージでは穏か~な曲だったのが、
今は元気なイメージに変わってしまった。

今はシュタルケルの弾くBachを目標に今は弾いてるんです。
多分同じ弓使いで弾いてるんじゃないかなぁ?
違うかもしれんけど・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どどーん | トップページ | 衣装が・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30