« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の28件の記事

2008年3月31日

たかが松脂、されど松脂

松脂って・・・どんなけ付けたらいいのか分からん。

毎回弾くたびにつけてたら先生から
「松脂つけすぎ!シャーシャー雑音が入ってる」
と言われるし、だからあまり付けずにいたら
「引っかからーん。ツルツル~」
って言われる。

未だその加減が分からず・・・


今日はバリバリつけて弾いてみたら
めっちゃ良い音でチェロが鳴った。
こないだからの不調は松脂が原因やったか・・・

これ、一体何度目や?
たかが松脂だと思ってたけどやっぱり重要やなぁ~

2008年3月30日

今日のレッスン(3/30)

チューニングを終えてバッハを弾こうと準備していたら・・・

「はぁ?今日それからやるっていってましたっけぇ??
カルテットの曲でしょカルテット!!!!」

何にも弾いてないのに怒られる。今日の先生かなり怖い。
ひぃ~


○Haydn Quartetto C-dur "kaiser" Ⅱ
この曲は主題がバリエーション1~4に変わっていくんです。
で、今日はバリエーション3から弾いたんですけど・・・
(先生がメロディ、私がチェロパートを弾く)

今日言われた事は
1.チェロが曲を進行させてることを肝に銘じて弾く
  (テンポは絶対に揺れない。一定に!!!!)
2.ビビッて弾かない。シッカリ音をだす。
3.メロディをシッカリと聴く!!!!
  (メロディに合わせた弾き方を!)

何度も「1人で弾いてるんじゃない!他の音を意識して!」と叫んではったけど、その時は完全に1人で弾いてたので「1人で弾いてるのに、他の音を意識するって!?そんなん無理!」と心の中で先生に吼えてた。そしたらそれが伝わったのか、更にガンガンと攻撃を受ける。

こ・・こんなハズじゃなかったのに・・・

なんか・・・私が思っているよりも先生が本気過ぎ。
”バッハのオマケ”的意識で弾いてちゃダメなんだ・・・

CDと合わせて練習するように!との事。


○Bach Cello Suite1 Prelude
今日はざっと一曲通して聴いてもらった。
そしたら・・・

「めっちゃ上手くなってるやん!どーしたん?」

とさっきの曲とは打って変わってべた褒め。
自分では相変わらず音が出てないと思ってたのにな・・・
この演奏の何が良かったのか?
(多分、テンポが一定だったから安定感があったのだと思う)


その後にダイナミクスがまだまだとの指摘あり。
盛り上がる所はもっと駒寄りを低速の弓で弾くようにとのこと。


ということで、今日も2時間のレッスンでした。

旧友交流week

看護学校に入ってから全く友達と会ってなかった。

いつも「会おうよ!」と声を掛けてもらうときに限って
次の日テストとか、実習中とか・・・
そんなこんなで半年~2年近く会ってなかった旧友に
この1週間ひたすら会って、ひたすら話をした。

みんな私の事を「偉い偉い!」と言ってくれるけど
私からするとキャリアを積んで年相応の生活をしてる事の方が
とても偉くて、スゴイ事のように感じるんですけど・・・
そういう”普通の事”が出来なかったから
今の私があるわけで・・・


そういえば、会った人のなかに
「中学生くらいから人生をやりなおしたい」
と言っている人がいた。

へぇ~、私は中学生をもう一度やるなんて凄く嫌。
今の自分が一番良いと思ってるし・・・
人生は低空飛行続きだけど、それなりに楽しいし。

結構私って幸せなのかもしれない。

2008年3月28日

弾けない!!!

春休みに入ってから結構な時間
チェロの練習をしてるんだけど・・・・

なんかだんだん弾けなくなってきた。
というか、音の出し方が分からなくなってきた。

毎回録音するけど、まだまだ満足できるモノじゃない。
それに、以前に比べて響きが少ないような気がする。

どうしよう、どうしよう、どうしよう。


いつものダメダメパターンに陥っている。
チェロと自分との距離が近づきすぎてる。

こういうときは少しの間チェロから離れるに限るな・・・

2008年3月27日

下りキツイ

下りキツイ
(写真は登りの時に撮ったもの)

ようやく下界に到着。これで私の厄年は終わった!

しかし、登りより下りの方がシンドイ。足プルプル。
明日は筋肉痛やね。確実に…

今週はこれでもかーってほどダラダラしつくしたので、
これで私は生まれ変わるでぇ~


とりあえず、チェロと母性の宿題。
がんばろ

到着!

到着!
途中、写真撮ったりして15分ほどで本堂に到着。

今から厄除けのお札を返しに行ってきます。

今から

今から
厄除けの寺立木観音に来ました!
今から704段、登りますっ!

2008年3月25日

おまけ

おまけ
昨日、新たな巻物(ストール)を買ったお店でおまけでもらった指輪。

ちゃちい指輪だけど、何だかカワイイ。

うれしいな〜

2008年3月23日

左手鍛える??

こないだのレッスンで先生から

「左手を鍛えて来ーい!」

と言われたんだけど、左手ってどう鍛えたらいいのか
皆目検討がつかん・・・

その上、先生より
「ボーイングを崩したくないから弓は使わずに」
とも言われてたので、弓を使わずに左手だけで
曲を弾いたりする訳なんだけど・・・
これが”鍛える”ということなのか???


弦を叩きつけるのをもっと強くすればいいのか?
それとも叩きつけた後、強く押さえるといいのか??


なんか良く分からない~

2008年3月22日

潜水服は蝶の夢を見る

今日はこんな本を読みました。

Sensui

潜水服は蝶の夢を見る  ジャン=ドミニック・ボービー

世界的なファッション雑誌「ELLE」の名編集長として働いていた作者。ある日、突然脳出血で倒れ、ロックトイン・シンドロームと呼ばれる、身体的自由を全て奪われた状態に陥ってしまう。当時まだ働き盛りの43歳。病床にありながらも、唯一自由に動かせる左目の瞬きだけで本書を執筆した。自分が病床で感じた事をプロローグと28のエッセイにしている。


私は今まで行った看護学校の実習で、こういった状況にある患者さんをまだ受持たせてもらったことがない。
心の奥底で全く体が動かせず、コミュニケーションも取れない方を受持った場合、どうしたらいいのか?とずーっと不安に思い続けてきた。

で、そんな事もありこの本を手に取った訳なんだけど・・・

体の外側は全麻痺で、動く事も言葉も失ってる作者なんだけど
その心の中では、病気になってしまった後も、以前と同じように
物事を考え、感じている。
たとえ体が動かなくなっても、心の中は生きている。

コミュニケーションが出来ないから何も出来ないんじゃなくて
どんな状況においてもコミュニケーションを取ろうとする事が
大切なんだなぁ~


あ、そうそう
この本が映画化され、今公開中です。(但し、都会の方で・・・)

2008年3月21日

今日のレッスン(3/21)

今日は早朝からレッスンでした。

○Bach Cello Suite1 Menuet1&2
メヌエット・・・軽快な踊り・・・だからもっとテンポを上げて!と何度も言われた。けど、テンポを上げると細かい所が雑になる。ううう・・・

今日、特に言われた事は
1.弓のスピードが速すぎる!もっとゆったりと!
2.左手が弱い!左手を鍛える練習をすること
3.テンポは一定!
4.メロディの中でも効かせたい音は大切に弾くこと
  例えば、Menuet2の最後2小節。一つのメロディの中に2つのメロディがある事に注目して、それが浮き上がるように弾く事。

5.始めのGの音は深みのある音。2拍目のBは飛ばす音。


○Bach Cello Suite1 Prelude

これは「綺麗に弾けてきた」と言われた・・・けど
めちゃめちゃいっぱい直された。

今日一番初めに言われたのは「弓が浮いてる」って事。
CDを聴いてたら、穏かで小さい音で弾いてる感じがするので、その感じどおりに弾くとダメだといわれる。
常に弓の毛は弦に吸い付いてるような感じで弾く事。それから弓のスピードは超ゆっくりで!

2.左手の押さえが弱い
左手の押さえが弱いから音が響かない。
キチンと押さえておくと右手は微かな重みを乗せるだけでも音は響く。

3.29小節からの下りのスケール
始めのC音の発音。
向こうの方から微かに聴こえてくる感じで!
各スケールの最後の音D、C、H、Aが余韻として残るような弾き方

4.31小節1拍目 AGF#E
これは一塊に聴こえるように弾く事。
最後のEは次のF#に繋がるようなEで!

5.31小節2拍目~
弓の速度をできる限り遅くし、メロディとなる音を長く弾く
(というか響かせる!と何度も言われた)
そして、テンポは一定に!
35小節~は2拍毎に段階的に音量を落としていく

6.39小節~
第1拍目のGはビブラートをかけ響かせる(弓の速度は遅く)
次のGHGHはGだけが浮き上がって聴こえるように。
41小節の3拍目からritをかけて最後に持って行く
ここでも弓の速度は遅く遅く遅く!!!!!!


来週はどちらも絶対に暗譜してくる事!


○Haydn Quartetto C-dur "kaiser" Ⅱ

これは・・・「超ヘタ」と言われた。
メロディとメロディのつなぎの音とか、そういう大切な音を
丁寧に歌って弾く事。

他にもいっぱい言われたけど・・・忘れた。
めっちゃヘタやし、至急どうにかして来いと言われる。


と今日はココで終わり。

あ、そうそう!
レッスンの途中で、脱力して音を出す練習をしてた時
いきなり先生がチェロのエンドピン側を持ち上げ
チェロを水平に持ち上げた状態で、右手でボーイング
というのをやった。

この状態だと腕を持ち上げて弾くのが難しく
簡単に腕の重みだけでのボーイングができる。
そして、物凄くいい音が出る。楽器全体が響く音。

この音を常に出すように体で覚えて!!!と
結構な時間こうやって音を出していた・・・・


チェロって本当は力を入れなくても
深くて良く響く音がでるもんなんだなぁ~

2008年3月20日

映画鑑賞デー

この間、映画を見に行く事ができなかったので
今日は映画を2本立てで観てしまいました。

そして、デブノーの森へ
Debunoストーリー:ノヴァクというペンネームを持つベストセラー作家のダニエルが、義理の息子の花嫁ミラに誘惑される。2人は密会を重ねるが、それはスキャンダルに発展し、ダニエルの秘密の過去を暴き出していく。(ウーマンエキサイト)

フランス映画、久々に観ました。
ミラ役のアナ・ムグラリスのボディがとても美しい~


転々
Tentenストーリー:幼いころに両親に捨てられた孤独な大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)は、いつの間にか84万円もの借金をこしらえ、返済の期限があと3日に迫っていた。しかし、その期限の前日、文哉は借金取りの福原(三浦友和)から借金をチャラにする方法を提案される。それは、吉祥寺から霞か関まで歩く“東京散歩” に付き合うことだった。(シネマトゥデイ)

オダギリ・ジョー観たさに観てしまった映画。
なんか話は良く分かんないけど、所々に笑いあり、
最後はしんみりありで・・・
借金取りの三浦友和がいい味出してます。

ま、それよりもスーパーの3人がいい感じデス。面白い~
それから、私も街で岸辺一徳に出会いたい~
(映画を観てない人にはサッパリ分からない話ですね)


こういう映画を上映する滋賀県唯一の映画館 滋賀会館
知事!どういう形でもいいので残して欲しいです!

2008年3月19日

ポテトと汗の関係

今日で2年生もおしまい。
それを記念すべく、学校帰りに友達とランチ
そこでBLTEサンドを食べたんだけど・・・
(BLTE:ベーコン、レタス、トマト、卵のサンドウィッチ)

私の体、不思議なんです。
フレンチフライというんかな?マックとかのポテトを食べると
体から大量の汗が噴出すんですよねぇ~
前は、食べたら汗が出るって感じだったんですけど
最近はあの油の匂いをかいだだけで汗が出る。
それもダラダラと・・・

このBLTEサンドの横にもポテトがついていて
一口二口つまんだだけで、また大量の汗が出てきたので
仕方なく友達にあげてしまいました。


なんなんでしょうねぇ~コレ。
不思議でたまりません・・・

2008年3月18日

そうだった・・・

実習もテストも終わったし、日々ボケボケしていたら
この間書いたプチ論文を修正して19日に再提出しなさい!
といわれてた事をすっかり忘れていた。

こんなに気持ちよく晴れた日なのになぁ~
友人と映画を観に行く約束もしてたのになぁ~

仕方が無いので今からやろう・・・

2008年3月17日

緊張しそう(試奏)

なんだか最近”弓への憧れ”が強い。
弓を変えたら、もしかしたら、もっと上手くなるかも~??
なーんて思えてしまって、欲しいなぁ~と思い続けてる。

昨日、大阪の楽器店さんのヴァイオリンフェアに連れて
いってもらった。
(ヴァイオリンフェアだけどチェロも置いてあった。)

今まで楽器自身への興味がこれっぽっちも無かったので
どれがスゴイ楽器なのかと言う事も分からず、
「今の楽器よりも良いやつを弾かせてください。」
と頼んだら、170万もするフランスのオールド楽器を手渡された。

この楽器、見た目から”オールド”って感じで傷だらけなんだけど弾いてみると、楽器自体が凄く響いてまろやか~な音がでた。

"楽器が鳴るってこういう事なのかぁ~”

ウットリしながら、Bachのプレリュードを弾いたんだけど周りの人が弾いてる曲が凄すぎて(チャイコのヴァイオリン協奏曲とか)ちょっと音が萎縮気味。かなり小さめな音で弾いてしまった。


その後手渡されたのが、ストラディヴァリのコピー(フランス)90万。これはとても弾きやすい楽器で、音色も私好みだった。
次はクレモナで作られた有名な職人が作った500万の楽器!

「持ってるだけで緊張するので、この楽器はいいです・・・」

とお断りしたんだけど、まぁ弾いてみて!壊さなければいいから・・・と言われ、お言葉に甘え弾かせてもらう。
この楽器は30年モノで、店員さんも「まだ音色が荒い」と言ってた通りなんかザラザラした音だった。


と色々と楽器を弾きまくってたら、店長さんが出てきて
初めに弾いたオールド楽器を持たれて、おもむろに曲を弾き始めた。


ウ、ウマイ!!!
ポッパーのハンガリア狂詩曲だぁーーーーー


で、弾き終わった後に「これが本当のチェロの音です」
と言われた。ほんと、ステキな演奏・・・


この楽器店で聞いた話によると・・・
 最近のユーロ高で楽器の値段がどんどん高騰してしまってて、前なら30万くらいで手に入った初心者向けの楽器が今は40万以上出さないと手に入らない。それに工房自体も安い楽器を作ろうとしないから、安くて良い楽器ってのがだんだん数が少なくなってきている。
 それからオールド楽器についても、チェロは破損しやすい楽器なので、買い付けに行き1000本楽器があったとしても、実際に使える楽器は半数以下だと言う事。その上、各国で私のような”大人のチェロ愛好者”が増えてきて、皆がオールドを求めるから、流通する数が全く少なくなってしまっているらしい。


別に私はオールド楽器にこだわりは無い。
こんなに値段が高くても買う人がいるんだなぁ~と思うと
なんだか経済の格差を感じる。
(音楽家でそれが生活の糧なら仕方がないけどさ~)

それに今の世の中が”より新しいもの”へ皆の興味が行く中で、楽器の世界だけは、古いものが良しとされる。
面白い世界だなぁ~と興味津々でお話を聴かせてもらいました。


で、弓・・・
高級楽器に目を奪われ、店員さんに"ハイ”と手渡された弓で色々と弾いてたんだけど・・・値段を知らないまま弾いて知らないまま返してしまったので、いくらか分かんなかったけど、とても弾きやすい弓でした。

でも、今の弓とそんなに大差が無い感じがしたので「弓の違いが分かる女」になるまで、弓探しはお預けにしとこかな~

2008年3月15日

今日のレッスン(3/15)

今日は時間を間違え、30分も早くに到着。
先生、今帰ったところだったらしくメチャメチャ驚いてた。
ごめん・・・

・Bach Cello Suite1 MenuetⅠⅡ
1.テンポを一定に!
テンポがゆっくりな所と速い所が混在していて聴き心地が悪い。メトロノームを使ってテンポを一定にしてくること。

2.キーになるバスの音をシッカリと響かせる
これもプレリュードと同じで、脱力してシッカリ音をだす。

3.音を飛ばす感じで!
例えば始めの2拍目、GDHと上向する音の形だと最後のHの音は、空高く飛ばす感じで弾いてください・・・とのこと。

4.MenuetⅡの入りは自分のテンポで

簡単だと思っていたメヌエットでかなりの指摘をくらい
ちょっと自信喪失気味になってしまいました。
ボーイングと指使いも沢山変えられてしまった。
また覚えるのが大変だなぁ~


・Haydn Quartetto C-dur "kaiser" Ⅱ
だいたい良い感じに弾けてる・・・けど・・・
音程がめっちゃ悪いので次の時までになんとかしてきて!
って言われた。
それからVar.2のチェロがメロディを歌う所は、歌うことに
集中するとテンポが揺れ動くので一定に!

あとは4月に入ってからの他のメンバーとの合わせで
バイオリンのトップの人に合わせてやってください。とのこと。


今日は開始時間が30分早まったせいか
レッスン時間が2時間だった。いいのか?先生!!!

2008年3月14日

実質明日から

今日、今まで受けたテストが全部返ってきましたぁ~

なんやかんやと言ってましたが全部通った!
それも殆どが90点だった。うれしいなぁ~

あとは19日の終業式のみ。
だから実質、明日から春休みなんですよぉ~
うれしいなぁ~

チェロの発表会が近いから、毎日朝から晩まで練習だっ!
それから来年の国家試験に向けても勉強だっ!

昨年の春休みみたいにダラダラしないように
今年はがんばるぞー
(きっと無理だと思うけど)

DNAネックレス

ちょっと面白いモノを発見!!!

MoMAstore(ニューヨーク近代美術館のショップ)を見てたら
こんなアクセサリーを見つけました!

DNAネックレス   5400円

DNA=デオキシリボ核酸は、すべての命の形を決めるらせん状の物質。私たちの細胞の中で大切な遺伝子情報を司っています。らせん状につながったニッケルメッキの真ちゅうビーズでひとつ一つ、ていねいに作られたDNAシリーズ。生まれながらに持っていたアクセサリーになる遺伝子を、ヴァレンティーニが美しいネックレス、ピアス、ブレスレットにデザインしました。やさしくねじったりひねったりして、あなたが心地良いと感じる長さやフィット感をお楽しみください。(MoMAstore)


真鍮ビーズが2重螺旋構造になってるのねぇ~
良く考えたなぁ~と感心してしまいました。

すごいよ!

Yahoo!のニュースを読んでたら

「機内で男性客が心肺停止、乗客の看護師が救う」

という記事があり、おおっ!と思って読んでみたら
インドネシア・バリ島行きの旅客機内で、心肺停止状態になった男性客を乗客の女性看護師が心臓マッサージなどの緊急措置をして一命をとりとめていた・・・とのこと。

で、その続きを読んでみるとその女性
なんと近所の病院のナースさんだった。

すごいです。


前に「飛行機の中とかで看護師さんいませんか?と言われても
手を挙げないタイプだな・・・私」と書いた記憶があるけどそんな事してちゃいけないなぁ~と思いました。

なんか、ちょっと感動。

2008年3月13日

まんがまつり

今日はテストも実習も終わったし・・・
明日のレポート評価とテスト返しが恐怖なんだけど
ちょっとリラックスタ~イムってことで
1人まんがまつり・・・

Nodame20
のだめカンタービレ20巻

ついこの間19巻を読んだと思ってたのに
今日は20巻の発売日
今回はのだめ自身の話が多めです。
今、この本の中に出てきた曲を一曲ずつ聴いてます。
ショパンのピアノソナタ・・・好き。

Su

結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日

夫なし男なし35歳独身
貯金200万
嫌いな言葉 自分探し・・・

ははは・・・私に似てると思いつつ本をパラリ

結婚もせず子どもも持たず、
おばあさんになったら、どうなるんだろう?

っていう主人公すーちゃんの言葉から話が始まります。

結婚のススメ!的な内容の本ではなく
どちらかというとその反対・・・
自分が漠然と持ってる”将来への不安”ってものを
この本の中に出てくる人達も持っていて
「あー、同じ事考えてる~」と共感する所が多いです。

だから安心するというか・・・


結構、胸にズンッと来て泣けるところもあります。
でも最後は「幸せの形っていろいろあるのかもなぁ~」なんて
思いました。

なかなか良いマンガでしたよ!

役になりきる

テストは終わったんだけど、まだ授業あり

今日は1日を費やしての学内実習がありました。
何をしたのかというと「医療安全(転倒・転落)のロールプレイ」

先生が患者役Aで、学生1が患者役B、学生2が看護師役

患者役A,Bはあらかじめどんな事が起こるのか知っていて
後から来る看護師役の子がその起こる事に対してどう対処するかをビデオで撮影し、後で振り返りを行うと言うものでした。

私は患者役Bだったので、すご~く気楽に実習に挑んだんだけど先生から

「役になりきって!!自分は女優だと思ってやってください!」

と言われ、セリフは1つしかなかったんだけど
(「すいません!看護師さーん!」というのを連呼する)
思いっきり役になりきってやりましたよ~


後でビデオを見て振り返りを行ったとき
自分の声が自分の思っている以上に低かったのに
驚いてしまいました。
(それに病人なのに元気な声だし・・・役になりきれてない)


やる前は嫌だったけど、結構面白い体験をさせてもらいました。

2008年3月12日

おわったぁ~

今日で2年生で受けることになってたテストが
ぜ~んぶ終わりました・・・

がっ!!!

きっと昨日、今日受けたテストは再試になるんじゃないかな
結構勉強に時間を費やしたのになぁ~
昨日から今日にかけてなんて一睡もしてないのになぁ~
なんか・・・報われない最後だなぁ~

まぁいいや、一応は終わったし・・・


帰り際、同級生のOちゃんが「みぽり~ん」と駆け寄ってきて
こんなものがついたペンをくれました。

080312_0011

先日の実習中にOちゃんが持ってたキティちゃんのペンが
とても可愛くて

「私も欲しい~。でももっとヘンなキャラクターのヤツがいい」

というリクエストに応えてバイト先から貰ってきてくれました。
薬屋さんが置いていくペンらしいです。

クラビット点眼液0.5%って書いてあるからウサギなのね・・・

2008年3月 9日

衣装が・・・

今度の発表会に前に買ったドレスで出ようかと思ってたので
今日着てみたら・・・・

「は、入らん・・・・」

買ったときからやばそうだなぁ~と思ってたけど
1年半の間に私は確実に成長してしまっていた・・・
仕方が無いので、ネットで代わる衣装探しをしていたら
こんなページを発見!

おおーっ!バロックなカツラが売ってるぞ!!
ジャック・スパロウにもなれるみたい・・・

でも・・・
こんなので出たら、怒られることマチガイナシやな。

是非、どなたかココで衣装を揃えて出てみてください~

2008年3月 8日

今日のレッスン(3/8)

今日もキッチリ15分遅れてしまいました・・・
スミマセン・・・

○Bach Cello Suite1 Prelude
今日のキーワードは「音色」と「テンポ」
1”良く響かせる為にはどう弾けばいいのか”
・響かせる為に特に力は必要なし
・自分が思ってるよりも軽い力で、弾く時にチェロの底板まで
弓を沈み込ませるイメージで弾くと良く響く音が出る。
・弓のスピードは早いのはダメ。角度も意識して!!

2.テンポは一定、さらに早く!
始めのG音を響かせようとするあまり、長く伸びてしまい
他の音にしわ寄せが来てる

3.変化を大切に!
和音進行の中の”異”に注目して、そこを丁寧に弾くこと
例えば第3小節の4拍目のFisなんかは
「次の小節のGに早くなりたい!けど、まだなれない!」
という"もどかしさ”(緊張感)を出して欲しい・・・って言われた。

前にビルスマのインタビューで「不協和音」の事が書かれて
いたけど、今先生が言ってる事がそうなのかな?違うか・・・

4.37小節目からの盛り上げ方
半音づつ上がっていく音 とその間に挟まるD音
D音は目立たないけど、抜ける音ではダメ。弓の分量を減らし、シッカリとでも小さな音で弾くこと。
あと、弓への重みの乗せ方・・・
半音階の最後E音くらいから、自分の全体重を弓にかける感じで!

6.最後の終わり方
とにかく一番最後の和音はG音が響くように弾く事
もし失敗したとしてもG音だけでも何としても弾ききる事
で、最後の最後、音が終わった後のポーズ?はカッコよく!

次はMenuet1&2を弾いてくる事


○Haydn Quartetto C-dur "kaiser" Ⅱ
もらった楽譜に指使いが書いてなかったので、適当に弾いたら
「その指使いは絶対にオカシイ!」と言われた。
それから、指を移動させるときに”ウニョーン”という音が入るのがめっちゃ気持ち悪い!と仰け反っておられた。


と言う事で、今日も1時間半のレッスンでした。
あ、そうそう
先生の家でレッスンを受けるようになって初めて他の生徒さん
の姿を見た。おお~、OLっぽいお姉さんだ。
このお姉さんも15分キッチリ遅れて来た。

世の中って上手い事回ってるな・・・と思ってしまった。

2008年3月 7日

どどーん

080307_001

これからこの本やコピーを読まなきゃ!!!
11日に提出予定の、ケーススタディというプチ論文のような
ものを書かないといけないんですよねぇ~
これはそのための資料です。

今回書こうと思っているテーマは
「痛みをもつ患者への看護-日常生活援助を通して考えたこと-」

漠然としているんだけど、こないだの実習で行った自分の看護
を振り返って15枚ほど書くだけなので大丈夫・・・かな・・・

できれば、この土日で書き上げたいので頑張るで~

2008年3月 6日

疲れております・・・

今週予定されていたテストが今日で終わった・・・
あまり出来は良くなさそうだけど、再試にはならんやろ。

で、今日は学校が早く終わったので家に帰って
チェロの練習をしたんですけど・・・


なんだか気分が乗らないっ!
弾いててもちっとも楽しくないっ!
思うように音が鳴らないっ!


今日は「弾かない方がいい日」なのかもー
こういう日もあるさー

ということで・・・
チェロの練習は早々にやめて
明日のケーススタディ(症例研究?)の内容決めの面談準備と
今日の帰りに買ってきた本をボチボチ読んでみようかなぁ~

2008年3月 4日

精神的な強さ

この間行った実習の評価が今日文章になって返って来ました。

それを渡してもらう時に先生から言われた言葉

「mihoさんは知識的には今でも十分看護師として働けるだけのものを持ってるけど・・・精神的に弱い所があるわ。看護師っていくら知識があってもアカンねん。(ある事には越した事ないけど)それをビビらず実行していく力がないと。こんな状態で臨床にでたら、きっと潰れてしまうわ。もっと精神的に強くならんと!」


”精神的な強さ”

1年の実習からずーっと言われている事。
それに看護の事だけじゃなくて、チェロにも他の全ての事にも
この精神的に弱いばかりに上手く行かないでいる。

どうすれば精神的に強くなれるんだろう???

2008年3月 1日

今日のレッスン(3/1)

ボケボケしてて15分遅刻してしまった!!

○Bach Cello Suite1 prelude
始めに言われたのが「一曲通して一貫したテンポ感で」
ということ。同じテンポの中で大きくなったり小さくなったり
する曲だと言う事を改めて言われた。

次に「全ての音を響かせて弾くこと」
始めのGの音は更に響かせ、他の音も一音ずつ丁寧に
弾いてる感が出るように弾く事。
今も音は響いてるけど、半径1メートルくらいの中で響いてるので、教会のような天井の高い建物の中で隅々まで音を響かせるようなイメージで弾いてきて!との事だった。

あとは「一つ一つは弾けてるけど、1曲通すとバラバラ」
今まで出来ない所を取り出してバラバラに練習していたので、1曲通したときの統一感が全くない。これからは全て通して弾く練習をすること。

最後に「テンポを3段階に分けて練習」
超ゆっくり、普通、ちょっと早め(本番のテンポ)で練習する。
”超ゆっくり”はテクニックを確実にマスターするために必要
”普通”は全体を通して弾く時の統一感を出す為に必要
”早目”は本番の時のテンポで!

必ずメトロノームを使用して練習すること!!!!!
録音も毎回必ず行い、自分の弾いてるものを客観的に聴く事。


○HAYDN Quartetto Cdur”Kaiser" 第2楽章
とりあえず今日は先生がチェロでメロディを弾き、
それに合わせてチェロパートを弾く練習。

一個一個音を弾くんじゃなくて、流れを感じて弾く
それから全員の弾くタイミング、ピッチ、全て合わせるように
楽譜はなるべく暗譜してくること。


とまぁ、今日はこんな感じで、レッスン時間が1時間30分くらい
になってしまいました。
カルテットの曲、先生と合わせただけだけど楽しかった~
4人になったらもっと楽しいんだろうなぁ~

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30