« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の37件の記事

2008年5月30日

Cello Love

今日も読書・・・

Img088_2

Cello Love ニューヨーク・チェロ修行  石川敦子著

私と同じ苗字で、(それに兄と名前が一字違い)
ニューヨークでチェロをやってる方がいるんだーーー
と言う事で手に取った本。

この石川さん、ホントスゴイ人!
ブラリと行ったクラシックコンサートでヨーヨー・マと出会い、
チェロを習い始め、7ヶ月でバッハの無伴奏チェロ組曲を弾き
1年ちょっとで市民オケに挑み、イタリアのチェロ合宿へ・・・
ニューヨークで多忙な仕事をこなしてるのに
何故にこんなに上達が速いのかっ!!!!!

私なんてチェロ歴5年目にして漸くバッハ・・・
この違いは何!?

それは読み進むうちに分かってきた。
私との違いは「チェロへの情熱の傾け方」
絶対音感の持ち主というのも要素の一つだと思うけど
それ以上にチェロへの思いがとても強い。
私、こんなチェロに対する情熱を持ってないかも・・・
それにとても前向き思考。これは見習わなければ・・・・

それから、今から楽器を探される方には「楽器を買いに」
という章は凄く役に立つはず!

読んでると焦りを感じるとともに、
私もこの人のように音楽を楽しみたい~
という気持ちがムクムクと湧いてきた。

アンサンブルかオケ、私もやりたいなぁ~

2008年5月29日

言葉のミルフィーユ

久しぶりに読書

Img087
言葉のミルフィーユ  小澤征良

私が「あんな女性になりたいなぁ~」と憧れてる人の中の1人
小澤征良さんの本。
始めは筑紫さんとかドランクドラゴンのインタビューから始まり
中ほどはエッセイ、最後は大江健三郎さんとの対談で終わります。

この大江さんとの対談がなかなかいい!

常に人間であるということを忘れない事
”面白がる力”を失わない事
”注意深くある”という事
”繰り返し考える”という事

私も普段から大切だなぁ~と感じていることを
素敵な言葉で大江さんが語ってます。
これだけ読む為にこの本を買ってもいいかも・・・


あ、そういえば・・・
だいぶん前に友人から送られてきた
旅先からの絵葉書の内容

「mihoちゃん、大江健三郎って人知ってる?
旅行中に出会って、凄く親切にしてもらったねん。
めっちゃいい人やったで~」

めっちゃウラヤマシイ~

2008年5月28日

もし~終了

今日の模試の正答率75%。

なかなか8割にならないねぇ~
全く勉強してないから仕方がないんだけど。


最近の友達との話題は「就職先、どこにする~」が多い。
私はとりあえず2つの総合病院を考えてるんだけどさ・・・

で、友達同士で「○○ちゃんは○○科が合ってそう」
とか言い合ってるんだけど、私の場合
「mihoさんは看護教員やな」と言われる事多し。

喋りが説教臭いからか??
それとも高校教師の免許を持ってるからか??
(一度も使った事無いけど・・・)

まぁ、何にせよ一度は臨床に出ないとダメな訳で・・・
どこにしよっかなー

2008年5月27日

明日模試なのに・・・

突然思い立ってこんな演奏会にいってきました!

Img086

京都・国際音楽学生フェスティバル2008

京都府立府民ホール アルティで開催されてる
世界各国の音大生による演奏会。
今日はラフマニノフのチェロ ソナタが演奏されるとの事で
急遽チケットを取り行ってきました~


5月27日 ノルウェー・ロシアDay

=ノルウェー国立音楽大学=
・E.グリーク ホルベルク組曲 作品40番
アンコール
・E.グリーク 叙情小品集より民謡

=チャイコフスキー国立モスクワ音楽院=
・S.ラフマニノフ チェロ・ソナタト短調 作品19番
アンコール
・S.プロコフィエフ バレエ「石の花」よりワルツ

合奏
・E.グリーク ペール・ギュント第1組曲 作品46番 4手連弾
・I.ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3章 2台ピアノ
アンコール
・A.ハチャトゥリアン 剣の舞 


とにかく!ピアノの2人が凄かった!
最初のグリークの「ホルベルク組曲」は北欧の風景が
目の前に浮かんで来そうな感じで、とてもよかった。
この曲を聴けただけでもこの演奏会に来て良かったと思う。

そして「ペトルーシュカ」はあの”のだめ”に出てきた曲。
とにかく、音の洪水!って感じで凄かった~
そしてアンコールの「剣の舞」
なんだか凄くジャズっぽい。この曲、こんなんやったっけ?
編曲されてるのかなぁ?めっちゃカッコイイ!!


お目当てだったチェロは・・・・
ウマイのになんだか物足りない感じ。
席が悪かったからかもしれないけどね


明日模試やのに、アホや私・・・
でもあのピアノが聴けて本当に良かった!

明日は国家試験対策模試

なのに、朝からチェロの練習をしてます。

レッスンの帰り際、先生から
「絶対来週でジーグは終わりにしましょう!」
と言われたので、頑張ってるんですけどね・・・

録音して自分の演奏を聴いてみると
「あぁ~、先生の言ってる通りだなぁ~」と
反省する訳で・・・

始めのアフタクトの音と次のGの音がボヤボヤしてて
超カッチョ悪い。うへぇ~
あとはリズムが時折崩れるし
音程外してるなぁ~
音もちょっと悪いなぁ~(キツイ音すぎ)
最後も凄くカッコわる~

よしっ!今日はコレで終わりにしよ。
とにかく
今から私の本分をキッチリやろうではありませんかっ!

2008年5月26日

タイルカーペット

タイルカーペット

近所のDIYでタイルカーペットを買ってきた!!
何に使うのかと言うと・・・

自宅専用 エンドピンストッパー
(持ち運び出来ないわけでもないけど・・・)

先月京都の楽器屋さんに何度かレッスンに行ったんだけど
そこでエンドピンストッパーの代わりにコレを使ってくださいって
言われたんですよ・・・

防音用のタイルカーペットは下に分厚いゴムが付いてるから
ピンが突き抜けないし、滑らないし、刺すとこ豊富だし・・・
1枚148円なのになかなかスグレモノ!!!

080526_002_4


こんなの普通に使われてるのかもしれないけど
ちょっと感動してしまったので書いちゃいました!

<<後日談>>
カーペットの裏のゴムが汚れてくると
かなり滑るようになってしまいました。
今まで使ってたものに逆戻りです・・・

2008年5月25日

今日のレッスン(5/25)

今日もコテンパンにやられた・・・


○DOTZAUER45番
1小節弾いたら音がキツすぎると指摘を受ける。
そんであんまり力をかけないように弾いてみたら・・・

「なんでこんなにフォームが崩れてるん!」
と、ここからボーイングフォームを直され、直され、直され・・・
でも、どんなけ直しても肘が高く上がってしまうらしい。

「こんなフォームじゃヘロヘロの音しかでーへんやん!
今日はこの曲やめ!来週までにフォームを戻してきて!」

ううう・・・ココで少し泣きそうになってしまった。


○Bach Cello Suite1 Gigue
これは昨日結構上手く弾けてたから自信を持って弾き始めた

けど・・・・

1.3拍目の音が全て短い
2.スタッカートを弾く時、手先だけで動かすんじゃなく、上腕を使ってもっと弓も使って弾くこと。そうすることでハッキリとした音が出る。
3.アフタクトの音。次に続くメロディに合ったアフタクト
4.6/8のカウントで弾く。(今は1.2.3.4.5.6.って数えてるのが丸分かり。)
5.ビブラートを効果的に使う
6.最後は「最後」に相応しい終わり方で!

この曲もボーイングフォームがなってない!と何度も指摘される。
それに小手先だけで演奏してるから、音がハッキリしないとも。

うううう・・・・撃沈。


<今日の敗因>
昨夜やった「二の腕やせ筋トレ」が原因と思われる。
もう上腕が筋肉痛でパンパン。弓がめっちゃ重く感じたしさーー
今後、レッスン前日に筋トレはしないでおこう。

2008年5月24日

久々音楽鑑賞

久々にYouTubeで音楽鑑賞。
久石譲のコンサートDVDから・・
(これ、いいんかいな・・・と思いつつ埋め込み)

Piano and Nine Cellos Madness

とにかく!カッコイイ!!!


Path of the Wind(totoro)

チェロの音がなんだか中国の胡弓(こんな字?)っぽい。
いい感じの音ですねぇ~
それに・・・弾いてる方トトロっぽい。

チェロ日記が・・・

なんだかまたチェロ練習日記じゃなくなってきてる・・・

精神科の実習が終わったので
昨日はほぼ一日チェロの練習をした。

内容は・・・・
リハビリを兼ねてバッハの無伴奏チェロ組曲第1番を
全曲ユックリと弾く・・・・それだけ・・・

昨日はメヌエット2が自分の中でシックリと来て
何度も何度も弾いて、弓への重みの乗せ具合を変えたり
ちょっとテンポを揺らしてみたり・・・
録音してないから、それが良いのか悪いのか良く分からないけど
でも楽しくて、気持ちいいからそれでいいや。

全く練習できていないジーグも何故かいい感じに弾けてる。

もしかすると明日のレッスンでOKになるかもしれない。

次はサラバンドか・・・
重音苦手。思いっきり不協和音。
練習あるのみ!

2008年5月22日

実習12日目

今日で12日間の精神看護実習が終わった・・・

今回の実習、出来た感じがしーひんわ・・・と
何日か前に書いてたんだけど、実習結果は”優”でした。
受け持ち患者さんとはいい関係が作れたし
自分のコミュニケーション技術に関して振り返る事もできた。
うーーん、なかなか学びのある実習だったなぁ~


あ・・・そういえば・・・
最後の個人面談の際に先生からこんな事を言われた。

「mihoさん、頑張りすぎてない??無理してない??」

今までこんな事誰にも言われたことがなかったのでビックリした。

そういえば私ってグループ内のムードメーカーにならなきゃ!と
ヘンな使命感を持ってるしなぁ~

実習に出てる時は”シッカリモノのmiho”を演じてる。
それが、あの先生からみたら”無理してる”ように見えるのかな?
はぁ~、無意識のうちに頑張ってたんやなぁ~私。

次の実習が始まるまでの2週間、
ひたすらチェロを弾いて、本来の自分に戻ろーっと。

2008年5月21日

実習11日目

今日は病院を飛び出して授産施設の見学へ・・・

授産施設って何!?と思われるかもしれないけど
精神保健福祉法で、精神障害者の社会復帰施設の中で「働く場」として授産施設と言う所と福祉工場というのがあり、授産施設は社会復帰するための訓練と指導を行うための施設なんです。

電子部品の組み立てとか、パン作りとか
地域によって様々な仕事の訓練を行い少額の賃金が出る
ところが一般的。

今日行った施設でも、電化製品の部品の組み立てをやってて
私も利用者さんと一緒に作業させてもらいました。
パッと観た感じは簡単そうだったのに、
やってみると案外難しくて、利用者さんの観察をしないと
いけなかったのに、作業に夢中になっちゃいました。

就業へのステップとして頑張っておられる方や
施設内で自分の役割を見つけ生きがいを感じられてる方
様々な方がおられます。

看護の勉強をするまでは全く知らなかった世界でした。

2008年5月20日

実習10日目

今日は気分が物凄く落ち込んでしまった日。
別に何があったという訳ではないんだけどさ・・・


今回の実習、なんだか達成感が全く感じられない。
凄く楽しい実習だったけど、自分が何かをやったという
感じが全くしないのだ。
立てた看護計画もあまり実施できてないしさ~

あーーー、今回の実習の評価は微妙だな。
初めて”優”じゃなくなるかもしれないなぁ~

2008年5月19日

実習9日目

朝ごはんを食べてる時に、アツアツのお茶をふぅふぅして
飲んでたら、手からコップが滑り落ちて足と腕をヤケドした。

幸い、直ぐに冷やして薬を塗ったら
発赤や痛みが引いてきたので実習へ・・・
金曜のコンタクト落とした事といい今日のヤケドといい
疲れてるんかなぁ~私・・・

実習記録を病棟で殆ど済ませてしまったので
今日は早く寝る事にしよう。

2008年5月18日

できてるんだなぁ~

最近、レッスンに行くたびに先生にビシビシやられてるので
自信喪失気味・・・・
(自信を喪失するだけの腕が始めからあったのか???)

ついこないだまで「音」の事ばかり言われてたけど
それが言われなくなったと思ったら、次は「発音」。

綺麗な発音、クリアな発音・・・

どうして私には出来ないんだぁ~~~~


同年数くらいチェロの練習をされてる方々のブログを読ませてもらうと
あまり「音」や「音程」や「発音」をレッスン中に言われてる人
いないんですよね。
と言う事は、みなさん”出来てる”って事なんでしょうねぇ~
みんなに出来る事が、何故に私は出来ない???


やっぱり練習量の違いかなぁ??

曲のあがりも遅いし・・・
今のジーグだって何ヶ月弾いてるんだ???

どうしたら他の人みたいに、サクサク進む事ができるのか?
やっぱり練習量か・・・

2008年5月17日

今日のレッスン(5/17)

今日 もーーーーーー
弓を置く、置く、置くーーーーーーー!!!!
と言われ続けたレッスンでした。

先生、怖かった・・・

○DOTZAUER45番
29小節目、始めのDを全弓のスタッカートで次の1オクターブ高いDをG線で取る所が全くできず。

左手を置いて→弓を置いて→重みを乗せて弾く

これが出来てないから、フカフカのボヤボヤな音になってしまう。
それで、延々とこの練習。

○Bach Cello Suite1 Gigue

今日も第一音目から指摘を受ける。
次に繋がる音で、次のGは一拍目だからハッキリと深みのある音。
3拍目が短い。ターンタ、ターンタというリズムを常に意識。
1拍毎にメロディが切れてるので、メロディラインを良く考えて弾くこと

9小節~も左手のポジション移動(1拍毎)時に曲が切れるので注意。
28小節~ダラダラと続く感じで弾くのではなく、メロディラインの切れ目でキチンと弓を置いて空間を入れる事。
31小節2拍目~A線を弾くときに必ず弓を置いてから弾く事!
それからC→D→Eと盛り上がるように弾く。特に最後のEを弾くためには十分用意をして、深みのある印象的な音が出せるようにすること。

最後の1拍目は走り抜ける感じでもいいけど、転ばないように!
2拍目、34小節の1拍目は頭の音を意識して弾く事。


この1週間、全くチェロに触れないままレッスンへ・・・
前回と全く同じ指摘を受け、
「ホント申し訳ない・・・」と言う気分と、
「途中で帰っちゃおうか」と思う気分が混ざり合う。

来週の木曜で実習が終わるので、
次のレッスンはもう少し練習してから行こう。

2008年5月16日

実習8日目

朝イチ、洗面所にてコンタクトを流してしまった。
なんか朝からツイてない。

朝から手術室にてECTの見学。
初めて手術着を着て、キャップをかぶってマスクして
手術室に入室し、見るポジションに立って、ドキドキしてたら
手術室の看護師さんから
「あ、マスク裏表反対につけてるよ!」
って言われ、ヘコむ。

もう直せないですしーーー

別にマスクなんてホントはどーでもいいんだけど
見学してる間、気になって気になって仕方なかった。
治療が終わり、患者さんを送り出して、
うつむき加減でソソクサと手術室を後に。

もう二度と間違えないですぅ~


それから、ECTが終わった後は精神集団療法へ・・・
午前中だけでもう疲れはててしまった~

この後、患者さんやナースさん、師長さんにタメグチ炸裂。
あ・・・アカン。疲れすぎてて看護学生を演じれん!

はぁ~、金曜日ですぅ~
今日は早く眠りにつきますぅ~

2008年5月15日

実習7日目

昨夜(というか今朝)結局寝たのが4時。
1時に起きてー、お風呂入ってー
2時から看護診断と看護計画を立ててー
結局4時。

2時間で出来るなら、実習から帰って直ぐやれば
遅くとも10時までには終わるハズなんだけどねぇ~
全く私ったら・・・

今日、先生に今朝やったものを見てもらったら
コテンパンにやられてしまった・・・

看護が介入できるもの
看護が介入できないもの

その視点を忘れてはいけないな・・・
所詮、私は医者ではなく、病気を治療できる訳ではない。
(看護師の業務は診療の補助と療養上の世話やし)
そこんところをキモに命じとかないと、
全くカンチガイ甚だしい看護診断があがってくる。

との事で、看護診断はやり直し。
しかし看護計画はそのまま実行してよし!とのこと。
(優先順位第2番目までしか看護計画を立てないので
その後の看護診断が間違っていても影響なかったから)

それから・・・
本当はもっと実習の中身を書きたいのだけれども
一般病棟と違い、かなりその患者さんの個人的な事に対して
日々の看護援助をしているので、なかなか書けないでいる。

でも、精神科実習に行き、患者さんに触れ合ってみて
精神科ってなかなか面白い(興味深い)科やなぁ~と
思ったことは確か。
急性期の患者さんを見てないからかもしれないけど・・・

ジブリ占い

涼子さんのページに書いてたジブリ占いをやってみた!

結果はジジ!(魔女の宅急便の黒猫)

ジジ(魔女の宅急便)さんは、何事にも粘り強く、とても忍耐強い頑張り屋さん。与えられた環境のなかでコツコツと努力を重ね、自分なりのペースで物事を進めていきます。腰を落ち着けてじっくりと考えるタイプなので、スタートこそややのんびりしていますが、いざ行動を開始したら周囲が驚くほどパワフルに突き進みます。途中で投げ出したりしないため、着実に物事を吸収していけるでしょう。恋愛面でも同様で、自分の恋を一途に守り続けていくタイプ。家庭的で、どちらかというと古風なところもあるため、好きな人には惜しみない愛情を注いで一心に尽くすことでしょう。ただし、ケンカになったら急に意固地になりそう。持ち前の忍耐強さで、良く話し合うことが大切です。


粘り強く、頑張りや・・・・
当たってるのかなぁ?

でも、ネコ好きだからジジは嬉しい!


しかし・・・真夜中に何やってんだ私。
看護計画を立てて明日持ってかないといけないのに
まだ1行も進んでおりません。
現在2時。
うーーーーーー

2008年5月14日

実習6日目

今日は患者さんとデート・・・じゃなく、病院内を散歩。
昼過ぎだったので、窓から入ってくる日差しとか
とっても気持ちよくて、患者さんと話をしつつ歩く歩く。

病院の正面玄関まで来たときに
玄関脇で赤ちゃんを抱いて立ってた女性が
妙に私の事をジーッと見てるので、

「誰かな??」

と思いつつ、知らない人だと思って通り過ぎようとしたら
その女性、両手がふさがってるから、体全体を振って
私に向かって大アピールをしてきた。

「だれや???」と思って良く見てみたら
前職場で半年間だけ一緒に働いてたアルバイトのAさんだった。

おーーーっ!痩せて美人になってるから分からんかった!!

と、言う事はっ!!!!
白衣を着てるのに、分かられてしまったと言う事は
私はあの当時のまま(20代後半)変わってないってこと!?

まぁいいけどねぇ~

実習中だったので、それ以上の会話はできず
別れてしまったんですけど、赤ちゃん産んだんだ~
みんな、幸せそうでいいやねぇ~

2008年5月13日

実習5日目

今日は初めてSSTに参加。

SSTとはソーシャル スキルス トレーニングの略で
「社会生活技能訓練」とか「生活技能訓練」とか言われてます。
SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい治療法で
今日は対人関係を中心とする社会技能訓練を行いました。

と書いても「はぁ??」って感じなんやけど
具体的に言うと、患者さんが日常生活上で思っている
「こんな事を上手くなりたい」とか「こんな時どうするん?」とか
いう場面を出し、ロールプレイの中で練習するというものでした。
(たとえば「電話の掛け方がわからない」とか)

それでロールプレイが終わる毎に、今のロールプレイでの良い点を
あげていったり、改善点を話し合ったりするんです。
その練習の中で自信をつけてもらうような関わりを
私たちはしなければいけなかったんだけど、
今日が初めてだったので難しかった・・・・

なかなか奥深い療法ですね。
来週がんばろ・・・

2008年5月12日

実習4日目

今行ってる病棟、若くてカッコイイ医者多し。

こんな事ばかりに気を取られていたので実習に集中できず。
(なーんて、もっと他にも理由はあるんだけど)
今日、チームのメンバーから色々と指摘され
はぁーーーーー、何してんだろ、私・・・・
ってな感じで落ち込んでしまった。

それから
患者さんとの距離が近くなりすぎているかもしれない。
始めに指導者さんから注意されたように
ちょっと離れて接しないとダメなんだなぁ~
なんか患者さんにドップリ浸ってしまって
全体像がよく見えてない。

今日は落ち込んでばかりの一日だった。

2008年5月11日

物欲

今、私は物欲の権化と化している。

権化ってなんだ??自分で書いてながら分からない。
「ある思想、精神などが具体的に人間の形をまとったもの。」か・・・
まさにその通りだ!

今、すごく欲しいもの

・ミシン
・ビルケンのサンダル
・ウェッジソールのサンダル
・大人な洋服

この中でも一番ミシンが欲しい~
今までの人生で2回しか洋服を作った事ないので
「ミシンを買って使うか?」と言われれば
「使わんだろう・・・」と即答できちゃうんだけど・・・
チェロの胸当てとか、
黒のギンガムチェックのチュニックとか
シンプルな形の麻で作ったワンピースとか作りたいっ!
(きっと買うより安く出来るはず!)

あーー、欲しい欲しい欲しい欲しい~

無職でお金もないのに、欲しいものだけは一人前。
買えるお金なんて無いのに、ミシンショップのHPを見て
機能の比較検討をしてる毎日です。

まぁ、こういう時が一番楽しいんですけどねぇ~

ビビリン対策2

いつも本番前に私が思ってしまうのは
「いつもより上手く弾きたい」
「みんなにカッコいい所を見てもらいたい」
ということ。

そういう気持ちがある反面、
「みんなの前で演奏して、失敗したらどうしよう」
「暗譜忘れたらカッコ悪いよなぁ~」
「音程はずしたらどうしよう・・・」
「あんまり練習できてないしなぁ~」
という思いも湧き上がってくる。

こういう自分の”理想”と"失敗への不安”があるときに
必ずといって”緊張状態”になるような気がする。


<じゃあ、どうして”緊張”するんだろ??>

人前で弾く事へ不安を感じると、それがストレスとなり
交感神経の亢進から、副腎髄質からアドレナリンが分泌される。
アドレナリンは心拍動の促進、気管支拡張、瞳孔散大、筋肉の緊張
を起こす働きがあり、体が勝手にストレスへの戦闘態勢に入る。
(体が自分の思うように動かなくなる。)

そして脳の中では記憶の保管庫である海馬にストレス情報が
伝わり、過去に失敗した記憶がよみがえってきて不安が
不安を呼ぶ・・・・

これがエンドレスで延々と続いていく状態が”アガリ”。
(はしょって書いてしまいましたが・・・)


<じゃあ、あがる人とそうじゃない人がいるのは何故??>

”緊張”とは人間がストレスから体を守るメカニズムなのに
なんで緊張する人としない人がいるんだろう???

きっと人によって、ストレスの感じ方の違いがあるからかなぁ??
人前で弾く事に慣れてる人はストレスをそんなに感じないだろうし、
十分練習できてなかったり、自分で納得出来ない状態で舞台に
あがったりすると、不安要素が多くてストレスが大きくなる。


<じゃあ、どうしたら本番で緊張しないんだろう??>
そういう不安要素を全てなくしたら、緊張しないのでは???


とまぁ、今日はココまで。

2008年5月 9日

実習3日目

前に、今回の実習チームのメンバーがイマイチで
この1年間修行やな・・・ なーんて書いたような気がするけど
実習が始まって3日間が過ぎ、自分の見方が間違ってる事に
気がついた。
このメンバー、凄くいい!!!!!

何が良いって、カンファレンスが楽しい。
意見が出なくて困った事なんて一度もないし
出てくる意見が個性的で、質のいいものばかり。
聴いてると「あぁ~そういう考え方もあるんやなぁ~」と
物凄く学びがあるし、終わった後の充実感がとてもある。

みんな頑張る子ばかりなので「ぼーっとしてられん!」と
刺激を受け、いつもより記録は早く書けるし・・・

とにかく、ホンマに最高メンバーなのです。
きっと日本一の実習班だと私は思うな・・・

2008年5月 8日

実習2日目

毎日、ブログに実習日記を書くように!と
学校の友達から言われてるので、書く書く書く。

受け持ち対象者さんとの関係はとても良好で
でも、1日2日では信頼関係なんて築くことは無理なので
毎日、ジリジリと患者さんに近づいていってる感じ。

患者さんは回復期に入っており、特になんの問題もない。
これから看護計画を立てるにあたって、殆ど問題がないのに
どんな計画を立てればいいのかっ???

今日、先生に相談してみたけど良く分からず。


まぁとにかく、今日は病棟で記録を全部書いたし
あとはちょっと病態関連図とかアセスメントしたことを用紙に
まとめればいいだけ。
早く寝られるぞ~
うれしいぞ~

2008年5月 7日

左手を鍛えるために

今日、神戸楽譜サンからこの楽譜が届きました。

Img082_2

Feuillard  Daily Exercises

この表紙はなんじゃー?
と思ってたらメトロノームなんですね。

で、中をあけてみると

Img083_3


これまた、なんじゃ???
この本は左手と弓とトリル、スケール、アルペジオ、重音の練習をする本らしいです。

ちょっと弾いてみたけど、面白くなーい!!
こういうのが延々と続きます・・・

なんか使い方がイマイチわからない・・・
毎日一つずつやればいいのかな??


実習1日目

とうとう!今日から実習が始まってしまいました!

バイクで行くのがとても不安だったので
朝、7時半に家を出たら、7時45分に病院に着いた。
ウチの病棟の集合時間は8時50分だったので
早く着きすぎた~失敗!と思ったけれども
更衣室に入ったら、もう既に沢山の人達が来ていてビックリ!

と言う事で、バイクでの通学は難なくクリア。

次は本来の目的の”精神科実習”はというと・・・
病棟の雰囲気やら、患者さんの様子を実際見たところ
自分の思っていたのと全然違うっ!!!!!
なんか、特に一般病棟と変わりない感じ。

今日は病棟のオリエンテーションと患者さん決定だけで
一日が終わってしまった。
明日からが本格的な実習になるんだろうな。

けど、私はこの患者さんに何をする事ができるんだろ??
とりあえず、話を聴くところから始めよう。

2008年5月 6日

明日から実習デス~

とうとう明日から3ヶ月間に及ぶ実習が始まる・・・

始めは精神科から・・・
一応、授業でどんな疾患があるだとかの勉強はしたけど
やっぱりなんだか怖い。

なんで怖いのかというと、知らない部分が多すぎるから。
明日行けば、実際の所が分かるし
それを見るのは楽しみではあるんだけど・・・


まぁ、それよりも・・・
担当教員から出された課題がまだ終わらず。
終わらないままで明日を迎えるかもしれないと言う事のほうが
もっと怖い。

はぁ~、私ってば連休中何してたんだぁーーーーー

2008年5月 5日

ビビリン対策1

何をするにも緊張してしまって、私の人生この"緊張”の為に
上手く行かなかったといっても過言ではない。

幼い頃は、人前でピアノを弾くのが大好きで
普通の練習の時よりも、舞台上のほうが数倍良い出来!と
先生から言われるほど、緊張など全く意識しなかったのに・・・

あるピアノのコンテストに出場した時に、暗譜を忘れ
一瞬止まってしまった経験を境に、物凄く緊張する体質に
なってしまった・・・

さらに歳を重ねる毎に、色んな"失敗例”を想像できるようになり
出番の前にそんな事ばかり考えてしまって、体がカチコチになり
心配していた通りの結果に終わってしまう事が多々アリ・・・

何としてもこの”緊張”と戦わなければっ!!!

と言う事で、次いつあるか分からない本番に向けて
ビビリ対策を色々と調べていこうかなぁ~?なんて
我がブログ初めての企画モノに挑戦しようかと思います。

何か”こんな方法をいつもやってる”とか言うのがあれば
教えてください。

パッシパシ

左指を鍛えようとDOTZAUER45番とジーグを弾く時に
意識的に指を上に上げてパシッと音が鳴るくらい
指板を叩く、叩く、叩く・・・・

押さえるときは叩く、離すときはハジく。
弓を使わなくても、これだけで音が十分になるのです。
で、これができるようになればフカフカ音とオサラバだ!

今までこんな風に弾いてなかったので左手は筋肉痛。
そして1時間でダウン・・・・


ちょっと休憩・・・とテレビをつけたら
バッハの無伴奏チェロ組曲第1番アルマンドが流れてきた。
フランス人チェリストのオフェリー ガイヤールという人の演奏。
めっちゃ軽やか、めっちゃ楽しそうに弾いてる。
うわ~、素敵~

で、ジーッと左手を見てたら
やっぱりジーグの時はパシパシ系の指使いだった。

そうかそうか・・・とまたチェロに向かいパシパシ練習する。
次のレッスンまでになんとか身に付けて
先生を驚かせてやるぅ~


ジョルカブ

ジョルカブ

我が人生初めてお付き合いするスクーター

ホンダ ジョルカブ


1999年に発売されたスクーターで(2003年に生産停止)
ジョルノという人気車種のボディにスーパーカブのエンジンを搭載!
なんと足元にはギアチェンジが付いてる!!!

家にコレが放置してあったので、これが普通のスクーターとばかり
思っていたけれど、普通のスクーターには足元のギアチェンジは
ついてないんですってねぇ~ へぇ~

昔、マニュアル車で走ってた頃の事を思い出し
1速、2速とギアチェンジしていくんですよ。
慣れれば、これが楽しいわけで・・・


前のカゴを外せば、かなり可愛い形のスクーターなんだけど
実習の荷物の多さには、このカゴは必要だろう。

と言う事で、今日も実習病院までスクーター練習。
スピードもかなり出せるようになり、15分で到着しました。
明日は辞書とかの荷物を載せて走ってみよう!

2008年5月 3日

こわっ!!!

7日からの実習の為に今日もスクーターの練習。

初めて家の敷地外にでた。
というか、実習病院まで行ってみたら・・・・

涙が出そうなほど怖かった~


一番怖かったのが、道路のわだち!
帰り道、わだちと道路の亀裂がいっぱいある道に
でくわし、わだちにタイヤを取られフラフラする。
めっちゃ怖かった・・・

家に辿り着いたら、手がブルブル・・・
こんなんで実習、出来るんやろか???

今日のレッスン(5/3)

発表会なんて遠い昔のオハナシ・・・

今日は”発音”を重視したレッスンだった。

○DOTZAUER45番
今日は5小節のみ・・・
先生から言われた事は
1.左手が弱いのでモゴモゴして聴こえる
  移動しながら指を置くんじゃなくて、音を弾く時には既にその音のポジションの真上に指が来てて、真上から指を叩く。また一度置いた指を浮かせない!

2.弓先でのスタッカート
 upbowの時に音を弾く前に弓が置けてない

3.親指はいつも2の指の後ろに!(音程が悪くなる)
4.拍を感じる弾き方を!


○Bach cello suite1 Gigue
これは3小節だけ・・・
これもDOTZAUERと同じことを言われた。

とにかく左手が弱いからフカフカした感じに聴こえる。

今日のレッスンで、昨日悩んでた事が吹っ飛んだ!

ちょっと上手くなったと思ってたけど、全く基本がなってない。
左手の叩く、はじくが出来てないから、リズムのハッキリとした
曲が弾く事が出来ないのだ。

ショパンのエチュードやハノンを弾くように
チェロの左手も左指一本一本を独立させて弾けるような
練習をしなくてはいけないとの事。

その為には、意識して叩くはじくの練習をすること!

もう一度、基本からやり直し。

2008年5月 2日

針刺し事故

今日は実習前の最後の授業日でした。
これから3ヶ月間、3週間が1クールの実習が3回あります。

実習に行く前に、看護技術を練習しよう!
と放課後友達と吸引とか血糖値測定をやってたんだけど
その際に私、針刺し事故を起こしてしまいました。

と言っても、血糖値測定後に自分に使った穿刺針を穿刺具
から外そうとカバーを取った瞬間に針を自分の親指にグサッと
刺してしまったんですけどね・・・

だから「あっ!」と思いつつも、そんな大した事じゃないと
ヘラヘラしてたら、練習に付き合ってくれてた先生から
真顔で怒られた。

「今のは自分に使った針だったから良かったけど、
臨床で同じ事が起きたら、感染してしまうんだよ!!
もっと慎重に扱いなさい!!!」

すいません・・・とヘコむ。
それから、この件は事故の報告をするとのこと。

はぁ~、失敗。


なんだか実習前にピリッと気が引き締まる出来事でした。
最近ダラダラしてたので、この件が起こって良かったのかも。

どういう方向に

発表会が終わった後、なんだかやる気マンマンだった
チェロの練習・・・

しかし2日前くらいから、一体私はどういう方向に向かって
練習していけばいいんだ???と考えてしまった。

多分、来年の今頃にはチェロのレッスン、一旦お休みしないと
いけないんじゃないかなぁ~と思う。
そうなると分かってるのに練習する。
なんだかなぁ~

テンションが下がるなぁ~

DOTZAUER2巻をなんとしても来年3月までに終わらせる!とか
何か大曲に挑戦し、3月までに仕上げる!とか
そのあたりの目標を立てればいいのか??

はぁ~、悩むなぁ~

2008年5月 1日

こないだの衣装

時間が経ってしまいましたが・・・
こないだの発表会の衣装、こんな感じでした。
(ピンボケしてるので、そのまま載せちゃえ~)
080426_001_2

ヒット数、激減したらどうしよう・・・
あ、それから当日の演奏は未だ聴けず・・・

いいもーん!

甥っ子が中学生になり、吹奏楽部に入ったと連絡があった。

でも一つ嫌な事があるみたい。
それは「男が僕1人だけ」ということ。

そんなんでよく入ろうと決心したなぁ~
甥っ子って凄く意志の強いヤツだったんだ・・・
ちょっと感心してしまった。

そういえば私、昔吹奏楽をしていて担当がトランペットだった。
楽器もちゃんと持ってたんだけど、その楽器数年前に吹奏楽団を
立ち上げたA君に貸したまま戻ってきてない。
(結構良い値段の楽器だったんだけど・・・)
それを今の今まで忘れていた。

そういえば、私の持ってた楽器のメーカー名はなんと!

BACH!(アメリカ読みで”バック”)

その楽器を返してもらって、甥っ子に吹かせよう!
と思って「トランペットやらない?教えてあげるし~」と言ったら
甥っ子は「いい。僕はベース楽器がやりたい」とのこと。
たぶん、チューバがしたいんだろう。

やっぱり男の子はチューバがいいのか・・・

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30