« こないだの衣装 | トップページ | 針刺し事故 »

2008年5月 2日

どういう方向に

発表会が終わった後、なんだかやる気マンマンだった
チェロの練習・・・

しかし2日前くらいから、一体私はどういう方向に向かって
練習していけばいいんだ???と考えてしまった。

多分、来年の今頃にはチェロのレッスン、一旦お休みしないと
いけないんじゃないかなぁ~と思う。
そうなると分かってるのに練習する。
なんだかなぁ~

テンションが下がるなぁ~

DOTZAUER2巻をなんとしても来年3月までに終わらせる!とか
何か大曲に挑戦し、3月までに仕上げる!とか
そのあたりの目標を立てればいいのか??

はぁ~、悩むなぁ~

« こないだの衣装 | トップページ | 針刺し事故 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

わかるー、その気持ち。
勉強大変だろうけど、どこかのアンサンブルに所属出来たら、刺激になるよ~?
仕事始まってからだと、余計難しいと思うから、
今のうちにいかがでしょう。

”燃え尽き症候群”かしら??
ちょっとやる気がなくなってます。

こないだのカルテットから、アンサンブルの魅力に取り付かれてしまったけど、こんな田舎でアンサンブルしてる人達、いるのかな???

アマオケに行って知り合いを増やすかor先生に聞いてみる・・・かな?
アンサンブルはやっぱり楽しいですよね~♪

でもなぁ~、今は無理かも・・・
探す時間もないしなぁ~

今は将来のアンサンブルメンバーを夢見て自分の力を高めてく時なのかもしれないな。こないだのカルテットで「ココのメロディはハイドンだから、こう弾いた方がいいんじゃないか?」とか私以外のメンバーの人達が激論を交わしてたんですよ。

まぁ、みなさん音大を出ておられる方だったので、そんな高度な会話をされてたんだと思うけど、でもその会話を聴いて「ただ譜面を弾くだけじゃダメなんだなぁ」と思ってしまって・・・

rikacelloさんのコメントで目標が見えてきた!(ような気がする)

来年就職したら、チェロを弾く時間とかも本当になくなるでしょうね。だから、そんなときでもたった1人で弾いても癒やされるような、本当に自分の好きな曲をきっちりと(とりあえずさらったではなく)音楽的に弾けるように磨きを掛けておいたらどうでしょう。何度弾いても飽きない曲ってあるでしょ?
バッハの1番は全部やり終わったんですか?バッハは色んな要素があるし、疲れたとき滅入ったとき、色んな時々で感じ方弾き方も変わるでしょうし、奥が深いから良いような気がします。何が勉強になるではなく、本当に好きな曲をマスターしておいたら?

何度弾いても飽きない曲、好きな曲・・・
私の場合はやっぱりバッハの無伴奏ですね。

1番はサラバンドが残っていて、
今日のレッスンに持っていく予定です。

あと、前からやりたかったヴォカリーズか
パラディスのシシリエンヌもやってみたいなぁ~
こういうのを極めていけばいいんですねっ!

短い曲でも良いから、自分の曲というのを1、2曲持っていれば、それを弾くだけでストレス解消になるのでは?日常のあれやこれやを忘れて自己満足でいいから自分の世界に入れるって、そう言うのもこれからはあったら貴重ですよね。
私は、昔、「夢の後に」とかバッハのコラールを飽きることなく弾いていました。夢とか祈りとか・・自己満足の世界です(^^;)
ボカリーズは、それはそれはよい曲ですね。ロシア人の演奏が良いみたいですけど、私がよく聞いたのは、コントラバスのゲーリー・カー。すっかり真似しました(^_^) やってみたいのがあれば今のうちに最優先でやっておけば?勉強になると言うより好きな曲を。

今日のレッスンで、また左手の弱さについて指摘された。左手が弱いから音がハッキリせず、フカフカした音しか出ないらしい。上手くなったと自分で思ってたけど、本当はそうじゃなかった事に今日はガックリした。

だからこれからは左手を鍛える為にがんばります。
バッハがあの調子じゃあ、ヴォカリースする事ができるのか微妙な感じ。
いつでも出せるように自己練習しておこ~

左手が弱いですか・・前に聴かせてもらったときは全然そんな感じじゃなくて、初級者の域を超えてると思いましたが。望が高いんですね。いいことですけど(^_^) 見ないで言うのも何ですが、音がはっきりしないとすれば、左指の動きもそうでしょうが、右手とのタイミングも関係ありそう。どちらの用意もできていて、左指が弦にポンと落ちその瞬間に弓が弦を噛めば、力もいらずはっきりと良い音になるのでは?・・でも、この点が私が知っている同じレベルの他の人よりキチンとできていると思いましたけど・・。
 左指は、抑える力より早く指の根本から上に上げる、黙っていても自然に指は下に落ちる、と言う風に意識する方が良いらしいです。(自分じゃ満足にできないくせに言ってます(^^;) 大丈夫ですよ。上手です。ま、更に上を目指してがんばって!

goshuさん
さっきのコメント、落ち込みすぎててヘンな文章でした。(箇条書きのような・・・)すみません・・・

左手と右手のタイミングが合ってないのはいつも言われてる事なんです。左手を置いてから弓を弦に置いて引き始める事が出来てないようです。

それから指の根元から上に上げる・・・ってのも出来てない。斜めから、滑り込みセーフって感じで指をポジションに置いてるらしいです。だから音がハッキリしない。

今後、速いパッセージを弾く事が多くなるので、これをシッカリと今のうちに身に付けておかないと弾く事ができないよ!と言われ、焦ってしまいました。

ピアノでいうハノンのようなテクニック練習をした方がいいのかな?と思って、さっき神戸楽譜にFeuillardのDaily Exercisesという教本を注文しました。(要らなかったかも・・と今後悔してるんですけど)左手、頑張って鍛えます!

Feullardの教本は1から順番にやっていくというものではなくて、必要なものを適当に選んでやると言うものだそうです。最初の曲は、左指の上げ下ろしのための筋トレになりますね。
 お勧めは、8番です。弓は、最初は3連符1つで返していく。なめらかに、左の手の甲がへこまないように、指板の上を並行にスライドしていくように。これは、ストレッチにもなるので練習の最初に必ずやっています。
 下行してくるときは、1、2、3、の指を一遍に抑える。その時正しい親指の位置、手の甲が指板と並行に平らになっていることがチェックポイントです。更に、移動する前に準備のために、上行するときは、3の指で弾いているときに1の指を3に近づけて移動距離を短くする。下行するときは、1の指で弾いているときに3の指を1に近づけて置く。
 以上です。(^_^)

goshuさん
まだ楽譜が届いていないので、どんな練習をするのか分かりませんが、実習中は"始めの曲”で筋トレを毎日してみようかと思います。(精神科実習、なんだかコワイです。)

それから1の指を3の指に近づけて~というのも、レッスン中よく言われてました。(今思い出しました。)いつもその曲が終わると忘れてしまうので、こういうテクニック本で練習して体に刻み込まないとダメですね。

なんだか中学校の頃に習った英文がフッと頭に浮かんできちゃいました。
"It's difficult to teach an old dog a new trick."

昨日のレッスンで、左手の使い方を改めて教えてもらい、1時間ずーっとその練習ばかりしていたので、左手が筋肉痛です・・・

ーー[精神科実習、なんだかコワイです。]
 昔、初めて精神科病棟を見学し、そこをでて医局向かう渡り廊下を歩いているとき、目眩を感じました。そのことを先輩に話したら、君は精神科の仕事をする感受性があると言われました。残念ながら私にはその能力はなかったのですが、何でもなれなれしく分かるつもりになってはいけないので、違う世界を感じて自分の存在が疑わしくなるような感覚はもっていなければならない、と言うことでしょう。想像を絶する言葉にならない苦しい体験。分かる部分については、なるべく、人間的に親しくするとしても、お世話をするとしても、そこには大きな亀裂があると言うことは知ってそう言うものとして尊重するというか分からないことは分からないとしなければならないと思います。でも、医療に関わる人は、何らかの形でそう言う人間としての節度を知ることが重要だと思います。高齢者などに接するときもそうでしょう。そう言う節度のあるまともな安定した人間であるために、自分の世界や楽しみを持っていることがとても大切だと思います。チェロを弾く看護婦さんなんてとっても魅力的です。
 余計なことを言いました(^^;)すみません。

”辛い思いを共感はできるけど、その人が体験している事全てを私が体験する事はできない”と言う事かしら?

相手の方がどんな状況であれ相手は人間であり、その部分は尊重しなくてはいけない。goshuさんから教えてもらったことを胸に実習に挑んできます!

毎日、自分を取り戻す為にチェロもちゃんと弾いて・・・

わかりにくいことをこんなオープンのコメント欄い書いてすみませんでした。今はただ自分の楽しみをしっかり持って、とだけ申し上げておきます。

いえいえ、話題を振ったのは私ですから・・・
それに私が上手く受け取れていなかったのかも。
私はgoshuさんのメッセージを自分なりの解釈で受け取ってますのでご安心を!

とにかく、実習の前準備が全く出来てないので今からがんばりますっ!!!(スクーターも練習しないとなぁ~)

私の楽しみ、大切にしますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こないだの衣装 | トップページ | 針刺し事故 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30