« 蓮の種 | トップページ | 病院見学 »

2008年7月 4日

湿度80%

我がチェロ練習部屋の湿度80%
やっぱりこんなけ湿度が高いと鳴りが悪い。
ベロベロ~って感じの音がするよぅ~

急いでクーラーをかける。
湿度が下がるとともに、弾けば反応が直ぐ返ってくる感じ
でも木が水分を含んでしまってるから、本当は部屋の湿気が
下がっても直ぐには音に反映されないと思うんだけど・・・

気分的なもの?かな???


今週は実習のお休み期間なので、朝からチェロ錬。
これまで練習があまりできなかったんで長時間弾くと指が痛い。
特に小指がズキズキするので、練習時間は1時間が限度。

今日もDOTZAUER46番とバッハのサラバンドを中心に
練習してみた。
ロンドンデリーは恥かしくなるくらい歌って弾く事を目標に練習。
明日にでも録音してみよかな??

« 蓮の種 | トップページ | 病院見学 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

モイスレガートって知ってる?
ハードケースに張っておくと、随分違いますよ。
ちょっと高いけど、使う価値ありデス。

おぉー名前だけは知ってます。

ウチの先生が「衣服用の除湿剤を入れときゃーいいのよ」って言ってたけど、どうなんだろ???
やっぱり専用の物と違うんだろうか??

はぁ~もう梅雨明けですねぇ~
夏ですね~、毎日暑い暑い。
今年こそは胸当てを作ろう!

うん、違うみたいよ(笑)
保湿と放湿、両方やってくれるらしい。
といいつつ、私も買い換えてないんだけどね。
びんぼーで(笑)

ほほぅ~
今調べてみたらA5サイズが4500円だったんですけど
やっぱりチェロケースだったらこのサイズを貼るのかな?
2年間持つということだから・・・それを考えれば安いのかもしれない。

rikacelloさんが貧乏なら・・・
無職の私は極貧。買えないねぇ~

うん、そのサイズ。
もう一回り大きいのを張ってる人もいるけど、A5でじゅうぶん効くよ♪

そうなんだ。
極貧やけど・・・買ってみようかな~

こうやってドンドンお金が無くなっていくのです。

モイスレガート製造元です。記事を拝読致しました。今年は特に天候の移り変わりが激しいと思います。
記事の中にありました様に、気温が上がりますと
湿度は下がり、気温が下ると湿度は当然上がります。
楽器にとって一番悪影響なのは気温・湿度変化です。
モイスレガートの効能は、楽器ケース内の湿度を一定に保つ機能を長期間に亘り持続する機能を有してます。従来のシリカゲル乾燥剤との違いは、吸水性
高分子を使用しているため、シート自体が呼吸しています。だから天日干し等もいりませんし長期間使用
できるのです。価格は高いですが、大事な楽器をケア
するためには良いものをお使い下さい。暑い中、
ベストコンディションで良い演奏をお願いします。
湿度管理は演奏家の永遠の悩み!
突然の書き込み申し訳ございません。
今後ともよろしくお願い致します。
 

モイスレガート製造元さま

なんだか興味が湧いてきました。
一度買ってみようかな??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓮の種 | トップページ | 病院見学 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30