« ウチん家だけかもしれないけど | トップページ | イメージにあてる »

2008年8月10日

おしゃべり目玉の貫太郎

最近、このブログに目玉目玉と書きすぎてるなと思うんだけど
今日も目玉・・・

Kantarou_2
おしゃべり目玉の貫太郎  鈴木 公子著


47歳の働き盛りの夫がゴルフのプレイ中に崖から転落し
コンクリートの側溝に頭を強打して意識を失った。
脳幹部の太い動脈に血栓が生じ、眼球しか動かない
ロックトイン症候群(閉じ込め症候群)になってしまった。
外の世界と繋がるのは唯一動く目玉だけ。
どうやって会話するの??どうやって食事をするの??
様々な困難を乗り越え、涙と笑いの45年間を綴った物語。

前に「潜水服は蝶の夢をみる」という本を読んだんだけど
あれはロックトイン症候群になった本人の目線で書かれた本。
今回のこの本はロックトイン症候群になった夫を介護する
妻が書いた本。

この本を読んで思ったことは「介護する人はこんな風に考えると
介護する事が少しは苦痛ではなくなるのかもなぁ~」ということ。

著者は自分の休憩と称して、夫をおいて山登りに出かける。
何でも「自分がしなくては!」と背負い込むのではなく
介護する人のほうにも、自分の人生を楽しむ時間を持つことは
とても重要であると思う。


それから入院している病院にいる看護師に対してのハナシも
時々書かれていて勉強になった。

やっぱり素晴らしい機器が備わってるとかではなくて
人と人として接する事が患者さん、患者さんの家族さんへの
満足度に通じるんだなぁ~と思った。

うん、やっぱりこの間インターンシップに行った病院に行こう!

« ウチん家だけかもしれないけど | トップページ | イメージにあてる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウチん家だけかもしれないけど | トップページ | イメージにあてる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30