« ご帰還♪ | トップページ | アマオケ見学 »

2008年9月27日

今日のレッスン(9/27)

2週間ぶりのレッスン・・・

それで今日は練習を全くしてなかったので
ボーイングと左手の練習を再度みっちりと教えてもらった。

○ボーイング
先生「ボーイングすごく気になります。変です。」
私「2週間弾いてなかったからなぁ~やり方忘れたんですかね」
先生「いやいや、その前からヘンです。」

というやり取りの後、もう一度ボーイングのやり方を教えてもらう。

1.肘は下げて腕や体の力を右手の人差指にかけるようにする
2.腕の重みは地面の方向に向けてかけること
3.常に弦に同じ重みをかけること
4.弓先で弾く時は毛の分量を多くすること

これだけの指摘を受け、いろんな弦でロングトーン。
とにかく、腕はだらーんとして体の重みを地面の方にかけると
”本来のチェロの音”が鳴る。

それを常に意識しながらロングトーンの練習をすると
音色も良くなるし、楽器自体も響く事を覚えるんだそうな。
チェロの裏側のエンドピンの上あたりがビリビリと振動し
部屋の床や壁がビリビリ振動するような音が出るように!
とのことだった。


○左手
先生「mihoさんは左手の押さえが弱いから音程が定まってない
   んですよねぇ~。ボヤーンとした音しか出てない。
   だからキッチリ押さえる練習をしましょう」

との事で、ポッパーの1番の楽譜をだしてこられて
それを左手だけで弾いて!と言われ弾く。

1.左手をキッチリと押さえる
2.押さえたあと次の音を弾く時の”はじき”が出来てないから
  発音がボヤボヤしている
3.常に左手は同じ形をキープして!


このボーイングと左手をマスターすれば、今よりも数ランク上に
いけるし日々の練習にこれを入れていって下さい・・・
とのことだった。


フカフカ音は前から気になってたこと。
そうか・・・コレが原因だったんだ・・・

« ご帰還♪ | トップページ | アマオケ見学 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

こないだはハイポジションの押さえ方を教えてくださってありがとうございました!次実践してみます!(返事が遅くなってしまいすみません…><

このレッスンメモもなんだか役立ちそうです。
「押さえたあと次の音を弾く時の”はじき”」ってなんだろう…次の音に行くときに勢いよく指を離したほうが良いってことでしょうか??

あいさん

私もいまだ良く理解してないんですけど、例えばD線で1stポジションを取ったときにGの音を弾いてFの音を次弾こうとした場合3と4の指を自分の左後ろに弦をはじくと左手だけでもFの音がポーンと鳴るんですよ。

それを常にやらないと、スラーを弾く時とかに音が独立して聴こえないらしいんですよね~

一応今の状態でも弾けているけど、さらに上を目指すならこれを身につけておかないと!という事で昨日はミッチリ教えてもらったんですが・・・
あまり理解が出来てないから出来ないんですよー

ふむ 難しいんですね…
できるようになったら強そうだなあ…|ω・`)

あいさん

ホント、強くなりそう~
でも出来なーい!・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご帰還♪ | トップページ | アマオケ見学 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30