« 秋の影 | トップページ | サンタマリアノヴェッラ »

2008年9月11日

チェロ入院

今日は急遽、昼から授業がお休みになったので
ようやくチェロを楽器屋さんに持って行きました。

今回はいつも行く工房ではなく新しいお店に持ち込み

初めて会う職人さんなのでドキドキして行ったんですけど
めっちゃ気さくな面白い方で、一気に職人さんワールドに
惹き込まれてしまった。


私「弦高が高くて、親指ポジションが痛いんですぅ」

職人「うーーん、親指ポジションを使わないで弾く!あ、親指の皮を厚くするのもいいかもーーー」

私「あぁ、そういう方法も・・・なんでやねん!」

という関西系ツッコミを入れつつも

・私の楽器は指板が4ポジのところで凹んでしまってるので
 いくら駒を低くしても弾きにくさは変わらないこと。
・少し費用と時間はかかるけど指板を削るとグッと弾きやすくなること
・弦をヘリコアに変えるのもいいけど、音色が変わるのと
 根本的な解決にはなってないからオススメしないということ。

と真面目な説明も受けた。


で・・・しばし考え・・・
指板を削ってもらい更に駒も少し削ってもらう事に。
だから少しの間、チェロ入院。

« 秋の影 | トップページ | サンタマリアノヴェッラ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

調整に出されたんですね。良かったです。指板は時々削るものですね。私も2年前に削ってもらいました。一生懸命練習すれば、指板もでこぼこになりますし。弾きやすくなると良いですね。直って試奏してまだだと思ったら遠慮せずその場で、直してもらうと良いですよ。
駒は作り替えても今時の弦よりやすいんですから、気楽に・・(確かそんなに良い駒じゃなかったような・・(^^;;)

goshuさま

ようやくようやく調整に出しました。
職人さんから「弦の高さはどれくらいが好み?」と聴かれたけど、よく分からなかったので「とりあえず標準で」とお願いしたんですよ。その時に職人さんも「後でまた削りなおす事も出来るから・・・」という風に言われてました。

「これで物凄く弾きやすくなるよ!」と言われてたので、仕上がりを期待してますっ!

「弦高のお好み」なんて聞いてくれたんですか・・私なら、できる限り低くというでしょうね。ピッチカートを弾いてもびりつかない程度と言うのが限界の低さ、今のレベルでは、弾きやすさ第一でハイポジションに慣れる、親指に慣れるのが先決だと思います。でないと、練習が先に進みません。物足りなくなったらその時に作り替えたら良いと思います。考え方の基準は今何が大切かと言うことで、本来は、とか本当は、とかではないと思います。レッスンでも同じことがいえますね。克服すべき障害はなるべく少なくしてよけいな苦労やへんな癖を付けないのが肝要。
 子供なら分数楽器を使って練習を始めるのに、体の固い大人がいきなりフルサイズで弾きにくい楽器と悪戦苦闘をするのは不合理と言うものです。工夫しませんと・・

指板削るんだー、私もこの間削ったよ。
とっても弾きやすくなりました♪
楽しみですねっ。

goshuさん

さてさて、楽器がどんな風になって戻ってくるのか・・・
楽しみであり、不安でもあります。
今回の職人さん、仕事が立て込んでるらしく、仕上がりが2週間後というのがちょっと不満なんですけど・・・

ま、気長に待つとしますかー


rikacelloさん

指板を削るの初めてなので、どんな風になるのかワクワク
あ、ところで・・・
rikacelloさんが持ってった職人さんのとこって、指板削りはどれくらいの値段でした?

聞かれてないけど・・(^^;;
私の場合、指板のはがれ修理、指板削り、駒を低くして・・その他調整で1万円位でした。今回のmihoさんのオーダーも同じでしょうから、ま、そんなものでしょう。

goshuさま

あ、やっぱりそんなモンなんですね~
こういうの相場が分かんないから
安心しました。

 なんだか私までそわそわしてしまいます。楽しみですねぇ(^^)

 調整には様々なものがありますが、いっぺんにたくさんのことをやらないで時間をかけて自分の手と耳で確認しながら少しづつやって行くと良いと思います。そのためには気心の知れた職人さんと親しくなることですね。
 一番良くないのは弦をやたらにとっかえひっかえすることかも(^^) 誰もがやることですが、何の基準もないのにこんなことしてもお金と弦の無駄になるばかり、でしょう。そこで無駄にする数万円で、必要なら魂柱を変え駒を変えエンドピンを換え、ストッパーを音の良いものに変えることができますね。音は見違えるようになるでしょう。慌てる乞食はもらいが少ない。
 今回職人さんの話で少しお分かりになったように、まずは楽器を正しい健康な状態にすること。それから自分の現状に合わせて弾きやすいように調整。それで慣れてから、求める音の追求をされたら良いと思います。
 時間はかかりますが、一歩一歩前に進むこと、ただ右往左往していても仕方ありません。チェロのレッスンと同じですね。
 以上私の長年の経験からの反省でもあります。

goshuさま

新たな職人さん、ひと目見た瞬間から「あ、この人私と合うな」と言うのが分かったというか・・・ご自身もチェロを弾かれるようで(本当はバイオリニストさんなんですけど)、私のつたない説明でも分かってくれて、色んな案を出してくれる所がなんだか嬉しくて・・・

多分これからは頻繁に職人さんの所に通う事となりそうです。それでどんどんこのチェロを自分仕様にしていこうと思ってます。

お返事遅くなりまして^^;
私、長いこと駒の交換をしてなかったので、
駒も交換したの。あとニカワの剥がれもあって。
指板削り+糸枕削り+ニカワ剥がれ修理+駒交換+魂柱調整とサービスで傷を何箇所か直してもらって3万5千円だったよ。
良心的な値段らしいです。
それでも財布はブリザードですが。

いえいえ、返事遅くないですよー
そんなけやってもらって本当に良心価格だ。
今回、持って行ったところは指板削りと駒削り、魂柱調整で1万5千円だった。相場なのかなー

もう親指も痛いし、財布も痛い・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の影 | トップページ | サンタマリアノヴェッラ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30