« 全然違う | トップページ | これから »

2009年6月22日

今日のレッスン(6/22)

今月初レッスン!

○Scalesystem C moll 5番
音は合ってるはずなのに、ハーモニーが感じられない。
一つ一つの音がバラバラで統一感がない。
”前の音”と”今の音”との関係性を意識して音程を取ること。
そのためには全ての音を前の音と重音で取る練習をすること。

○DOTZAUER51番
Img1191

スラーがかかってるこの2音を何度も何度も弾かされる。

①弓はずーっと同じスピードで
②始めの音で沢山弓を使い、だんだんとディクレッシェンドして
③次のスタッカートの付いた音はフワッと響きを残しつつ終わる

コレがなかなかできず、何度も何度も練習する。

それから、テノール記号が出てくるあたりから左手がバタバタしてる。
行き当たりバッタリで音を取ってるので、もっと楽に音を取れるように
指の動きの関係性を見出してくること。
それから、親指の位置がダメダメ。中指の後ろが親指のポジション!


○Faure  Elegie

今日でアガリ!という意気込みで持っていったのにぃ~
ダメだったぁ~~~

・始め~ピアノがメロディのところまではOK!
・次のa tempoから、メロディが切れないように弾く事。
例えばここ
E11

それにここ
E12

・それから6連符の前のGの音について
 もっと肘を落として、弦に弓をベッタリとつけて
 腕の重みを弓に乗せて深くシッカリした
 音を出すようにすること。

・最後のa tempoの箇所は、もっと指板側を弓で弾くこと
 弾く上での注意はさっきのa tempoのところと同じ。


うーーーー
エレジーなかなかあがりません。
でもさ、録音したのを聞いていても気になっていた箇所なので
こう弾けば美しく弾けるんだなぁ~と思うと勉強になったと思う訳で・・・

綺麗に聴こえるように弾く・・・

ほんのちょっとしたポイントを注意するだけで
メロディが生きてくるんだねー
(逆に、ほんのちょっとの事でメロディが死んじゃう訳だ。)

« 全然違う | トップページ | これから »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全然違う | トップページ | これから »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30