« 落ち込み | トップページ | ピタゴラス君、到着 »

2009年9月28日

今日のレッスン(9/28)

音程地獄に陥っている・・・・
かなり緻密な練習をして行ってるつもりなんだけど
先生は許してくれない。

ううう・・・ツライ・・・

○Scalesystem Cmoll 5番
このスケール、何ヶ月弾いてんだろ??
3度の分散和音。まだ音程が悪い・・・と言われる。
(音が暗いんだそうな)

今日やったことは
・まず歌ってみて、それから音を弾く。(必ず自分の声とあわせる)
・ポジションを一度取ったら動かさない。

これを何度も言われ、レッスン中に何度も練習。
自分で歌って音を出すというのがイマイチできてないみたいで
「mihoさん、自分の声と楽器から出る音がちがうんですけど・・・」
と何度も言われる。

ホント、微妙な違いなのだ。
指を動かさないで重みをかけてるところを数ミリ動かすと
先生が「あ、そこそこ。そこがピンポイントの音程」と言う。

それから、1と4の指の押さえが弱いとのこと。
コレも音を暗くしている原因だそうな。


○LEE Melodious and progressive Studies 11番
・始めのスタッカートは軽く音を響かせて弾く事。
・音が響いてないから、軽く弾こうとしてるところの音が全て短く聴こえる
・弓を返して弾く所でも、なるべくスラーに聴こえるように弾くこと。
(左手、右手の動きをもっとシンプルに!!!!)
・最後の和音は弓の毛を全部つけてキッパリと弾く事。
(弓のスピードをもっと速くすること!!!)


○Vivaldi Cello Sonata No.3 in A moll Largo
・リズム取りをシッカリと。ハッキリとしたリズムに聴こえる弾き方を。
・重厚な感じで!

音程、音程、音程・・・おんてい・・・ONTEI・・・

音色、発音の次はコレですか・・・
最近、先生からの音程攻撃がスゴイんですけど・・・
もう一音弾くたびに攻撃をくらう。


ハッキリ言って、弾くのが嫌になる。


みなさん、音程を取る練習ってどうやってされてるんだろう??

« 落ち込み | トップページ | ピタゴラス君、到着 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

ひたすら耳を澄まして練習してる・・・けど、
私も出来てないよぅ。
でも分散和音はほんと難しいと思う。

私は普通のスケールの時は、
頭の中で4度上の音を出して、それにはもる音で
次の音を取り、
分散和音の場合は、c-durならCを基準にはもる
音を出してます。
でもレッスンの時は、和音の真ん中の音が
ちょっと高くなりがち、と注意されてたよ~。

rikacelloさん

あ、基音をチューナで鳴らしながら練習しろと言われてたの忘れてた!!!

でも私、耳が悪いのかあまりハモってるのか、ハモってないのか分かんないんですよねぇ~
もっと耳を鍛えないといけないですね。

私よりはきっと耳いいと思いますよー、
だって、私いまだに重音のチューニングがスッキリしないくらいだから^^;

音を出して練習するなら
ちょっと高いけどOT-12というチューナーが便利ですよん。
普通のチューナーだと、
平均律の音が出ちゃうから、かえってあわせづらいかも??

rikacelloさん

おおっ!楽天で探したら2980円で売ってたので
即買いしてしまいました。
情報ありがとう!

これでむっちゃ練習して先生と戦うわっ!

えっマジ!?
私が買った時すごい高かったのに。
悔しい(笑)!

マジマジ。
新型のOT-120ってのが出たらしくて
それで安くなったみたいですよん。

 音程はとっても微妙なもので一生の課題と言われています。弦楽器奏者のです。私だけではなく。
 音程の練習には色々な方法があると思いますが、人それぞれの癖もあると思いますので、1つ1つの音程がいちいち違う違うっていうことより、その人の癖(問題点)を理解して、注意をするのが有効だと思います。狂うときのパターンってのがありますね。ポジションを下がってきたときの1の指が高い、とか、4の指が低いとか・・で楽譜に高いときは下向きの矢印、低いときは上向きの矢印を書きいれています。そんな風に注意しないとうっかり毎回同じような過ちをします。音程が悪いのは、悪くなるような弾き方をしていると言うこと。間違えるのには理由があり、その理由が分かれば、次第に修正できると思います。
 いちいちの音程についてちがうちがうと1対1対応するのは、あんまり意味がないというか効率が悪いですね。

goshuさま

癖についてはかなり指摘されてるんです。
(書き忘れてたんですけど・・・)

1と4指の押さえが弱いから音が低くなるだとか、ポジションを取った後に少し移動させてるみたいなので、それも音程が狂う原因だとか・・・

それから自分の音を聴いてない!とも言われました。
今回のレッスンでは、自分の頭の中の音と楽器の音を合わせる練習と、あとは音の幅を覚える練習をしたんです。一音弾くたびに指摘されてたのは、始め弾いた音と次の音との関係性が全く感じられない音程で弾いていたようなのですよ。和音で音を感じるようにと言われました。

なかなか難しいですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落ち込み | トップページ | ピタゴラス君、到着 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30