« 来た! | トップページ | ちょっとした欠点 »

2009年9月 8日

ローズ&グールド

ローズとグールドのベートーベン チェロソナタ第3番をYou Tubeで発見!

チェロソナタなのにピアノがメインって感じの録り方に
面白さを感じてしまった。

今まで知ってるベートーベンとなんだか少し違うような気がしたんだけど
私のカンチガイかな??

« 来た! | トップページ | ちょっとした欠点 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

通奏低音付きあるいはチェロのオブリガート付きのピアノソナタって感じですね。ローズは昔来日したとき日比谷公会堂で聴きましたが、殆どまるで聞こえなかった。これで見ても芯のない音で、録音のせいかもしれませんが、特にこれはピアノ中心だし(^_^)、それにしてもグールドは面白い。でも音はクリアでこの音は好きだなぁ。

グールド、おかしい(^^)。
違うような気がするのは、繰り返し無しで弾いてるせいかも。

goshuさま
グールドほんと面白いですね。
私が昔に弾いた事があるイタリア協奏曲という曲を
グールドの演奏で聴いたら、全く違う曲に聴こえました。
なんか音の捉え方(いやメロディの捉え方)が人と違うというか・・・

今回のこのピアノも、他の人の演奏では出てこない音を
浮き立つようにして弾いてるので
私には時折ちがう曲に聴こえちゃうのです。

いや、本当に面白い。

yoshiさま
こんなピアノ伴奏だったら
私なら気になって弾けないかも・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来た! | トップページ | ちょっとした欠点 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30