« 今日のレッスン(9/28) | トップページ | 中秋の名月 »

2009年9月30日

ピタゴラス君、到着

rikacelloさんオススメのチューナー
KORG OT-12を楽天で購入!!!
ピタゴラス音階で音が合わせられるみたいなんだけど
ピタゴラス音階ってなんじゃ???

その他にも古典音律でチューニングできるみたいです。
(私には訳がわかりません!!!)

ま、とにかく
このチューナーを鳴らしながら音を取る練習をして
先生の「音程攻撃」と戦うぞ!!!


でも、今日は深夜勤。
朝は日勤で仕事をしてきたので、今から寝ます。
おやすみー

« 今日のレッスン(9/28) | トップページ | 中秋の名月 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

私もわかんない(笑)
でも重音で調弦した開放弦の音程は
たぶんピタゴラスなんだと思う。

ピタゴラスと、たまにミーントーンを使うくらいで
あとの機能は使っていない・・・。

ミーントーンってなんですかー??

コレ、こんな私には勿体無いシロモノなのかもー

薦めといてアレなんですが
詳しい説明は私もわかんないです(汗)
間違ってるかもしれないと思って読んでね^^;

重音で調弦したら、
下3本はほんの少しずつ低くなっていくやん?
だから普通のチューナーでCを出しっぱなしにしても
(Cの分散和音を練習する場合)
最初の音からして違ってしまう。
(チューナーの音の方が高くなる)

OT-12だと設定をピタゴラスにしとけば
ちょうどいいCの音を出すことが出来るから
練習しやすいんじゃないかと思います。
両方のチューナーで比べてみたら
分かりやすいかも?

けど、ピアノと合わせる時とか
室内楽の時は、
そのようにチューニングすると
CやGが低くなり過ぎるから
ちょっと高めにチューニングしたりとか
色々あるらしい・・・奥深すぎてよくワカラン。

ミーントーンは、
私の中では妥協の音律というか、
何にでも合わせやすくて
チェロカルの個人練習をする時とかには
これを使ってました。
日本名は中全音律っていうらしいよ。

音程や音律のこと
たまにガーッと勉強するんだけど
いつも難しくて途中で挫折しちゃうんだよね。
だから、あまり音に反映されてない気がします(笑)

色々使ってみて、
なんか発見したら教えてねー♪

rikacelloさん

音律のことをこんなに語れるrikacelloさんってステキ・・・

なんか私、今まであんまりそういう事考えて
音を合わせてなかったよなぁ~
合わせる基準が「気持ちいいか」「気持ち悪いか」だしー
自分の本能に頼り切ってますな・・・
(その本能もアヤシイんだけどさー)

また少し勉強してみます。


ところでrikacelloさんって今日誕生日??

私の場合は、むしろ音痴だから
しょーがなく勉強した、という感じよ・・・^^;
チェロ始めるまで、世の中の音はみーんな
平均律だと思ってたしさー。
気持ちいいか悪いか、って一番大事だと思うわ。
そうそう、ひとつ年取りましたよ(笑)!

rikacelloさん

お誕生日おめでとー!
新たなステージの幕開けだねぇ~
今年はどんな年になるんだろうねぇ?
rikacelloさんのことだから、
活動的な1年を送るんだろうなぁ~

応援してますっ!!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日のレッスン(9/28) | トップページ | 中秋の名月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30