« 実は前日 | トップページ | 本番前 »

2010年4月10日

終わったぁ~

今回の発表会には大学生のチェロの男の子が2人いて楽しかった。
まだどっちの子もチェロを習い始めて数年らしく
なんか初々しくって、うれしくなって根掘り葉掘り聞いちゃったよー
(完全にオバサンな私)

そんな楽屋に入ってきたK先生が

「あ、mihoさん、若いエキスをもらってるんですかぁ~」

だって。うん、若いエキス、いっぱいもらっちゃったよー


ということで、本番はどうだったかというと・・・
第1楽章がビビラート入り気味でしたが、なんとか弾けましたっ!!!
先生からは「1楽章は緊張してたねー。でも2楽章はとっても素敵でした!
mihoさんは音だけはいいからね・・・」とのこと。

そっかー。音はいいんだね。後はテクニックかー。
そういえば、トランペットをしてた時も”音だけはいい”と言われてたなぁ
何か関係があるのかなぁ??


そうそう、先生と一緒の帰り道

「mihoさん弾きたい曲ってあります??
サン・サーンスとかベートーベンのソナタとかだったら弾けると思うけど。
mihoさんの音はベートーベンに合いそうですし・・・
あ、無伴奏の2番でもいいですね。
ほかに弾きたいのがあったら言ってくださいね。」

ということだった。
きゃー、私、そんなの弾けちゃうんですかー!!!!
でもでもヴォカリーズが弾いてみたいので、お願いしておいた。

でも、それを弾くのは今のヴィヴァルディの全楽章が終わってからとのこと。
それがいつになるのかわーかーらーなーいーーー


ま、とりあえず、終わってよかったぁ~

« 実は前日 | トップページ | 本番前 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

おおーっ!
発表会終了、おめでとうございます。
ご無事で終えられたのことで、
よかったよかった、です。
ドレス姿のmihoさん、素敵だったでしょうね!

razuさん

ドレス姿は・・・
数年前にアップしたのと同じドレスなので
また探してみてみてください。
しかし・・・あの時よりウエストのくびれがなくなってテルテル坊主みたいでした。
もっとウエストラインに切り替えがあるドレスにしないとなぁ~
それか痩せるか・・・

発表会おつかれさまでした
ここでは怖そうな印象の先生にほめられたってことはうまくいったということですね
おめでとうございます

私も先週、子供のとき以来の発表会が無事にではなく無難に何とか終わりました
本番は間違えないように音を出しただけで満足のいく演奏は出来ませんでした
でも、練習を出来る限りしたという満足感は得られたので
来年に向けてまたがんばろうと思います

話は違いますが
以前ブログに書かれていたベルリンフィルの12人のチェリストたちの東京コンサート行きますか?
もし行くようでしたら会いたいですね
(ちなみに愛知、兵庫、山口でもやるみたいです)

お返事が遅くなってごめんなさい。

なんかレッスンで大泣きしてから先生優しいんです。
でもー、諦められたような気もしたりして・・・

angieさんも発表会終わったんですねっ!
何を弾かれたのかしら?
私も今まで出た発表会のどの演奏をとっても満足していないんです。
だから次がんばろう!って思うのかもしれませんね。

ベルリンフィル、いろんなところでコンサートをするんですねー
angieさんが行くんなら行こうかなー

ちょっと考えますね。

>なんかレッスンで大泣きしてから先生優しいんです。
でもー、諦められたような気もしたりして・・・

そんなことないと思います
先生も色々レッスン方法を模索しているのかもしれませんよ
教え方は一つではないし人それぞれだし・・・
ちなみに私は褒められてのびるタイプのつもりです

>何を弾かれたのかしら?
演奏曲はBach Cantata No.147です

>angieさんが行くんなら行こうかなー
行きましょう、行きましょう
なんて強引に誘ってしまう私ですが
チェロのコンサートはいつも一人なので、
誰かと余韻を語りたいなぁ、と言うのが本音です

>ちょっと考えますね。
もし行けるようなら、メール下さ~い

そうかなぁ~
私は褒めらると有頂天になってダメダメになってしまいます。
ある程度ガンガン言われた方がいいみたい。

Bach Cantata No.147って・・・どんな曲なんでしょう。
でもめっちゃカッコいいですよねぇ~
またネットで調べてみよう。

それから・・・
東京行きはもう少し様子見させてください。
また行くときはメールしますね。

ヴィヴぁルディですか~
私も8月にソナタ6番の1-2楽章というか、最初の2つの曲を
弾くことになりましたよ。たぶん オケやらで
間に合わないと思うけど。
終楽章はムズイので白旗揚げました

チェロ森さん

ヴィヴァルディの6番って珍しい。
今聴いてるけど、ゆったりしたいい曲ですね。
あと3カ月以上あるから絶対に間に合うはず!!!

私も3番の1,2楽章だけ弾きました。
初めの予定では全楽章を弾くことになってたんだけど
2ヶ月間レッスンに行けなかったから間に合わなかった!

オケも1000チェロも発表会もで大変そうですが
楽しそうでいいですよねぇ~

私も人生を楽しまないとね・・・

3番という案もあったのですが、
先生の教本に たまたま6番があったので
6番になりましたよ。

スコアもらった後で
先生とCDを聴いてみたら
先生_あ~いい曲ですね・・・って
先生も初めて聴いたみたいです。
2番目の曲が難しそう・・・

チェロ森さんかなー?

私の場合、ゆっくりとした曲を苦手にしてるので
1番目のLargoにすごく時間がかかってしまいました。
とにかくビブラートが綺麗に入れられなかった!!!

2番目のAllegroは指をまわすのが大変だと思いきや
こっちの方が弾くのは簡単でした。
この曲で難しいのは発音とメロディをどう歌うかということ。
軽やかに弾くのが私にはとっても難しかったです。

ヴィヴァルディのソナタは形式がどの曲も同じ。
なので同じことが6番にも言えるんじゃないかなぁ~
それからテノール記号の譜読みが大変ですよねぇ~

楽しんで弾いてくださいねっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実は前日 | トップページ | 本番前 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30