« かわいい! | トップページ | SATC2 »

2010年6月15日

今日のレッスン(6/15)

141256B8-BF5B-4EF9-A7BE-849AF4D35F91

今日から家の窓ガラスと太陽光発電の工事が始まった。
実はこんな工事をするって知らされたのが昨日の朝・・・
もっと早くから教えといてくれよ~
今日はチェロのレッスン日だけど練習は出来ひんなぁ~

ということで・・・
本当にまったくチェロに触れずレッスンへ・・・

○Lee Melodious and Progressive Studies 13番バリエーション2
メロディがまたフガフガして発音が悪いとの指摘あり。
センセいわく「左手が芯まで押さえられてないんとちゃう?」とのこと。

それと音色の悪さの指摘あり。
「なんか押さえつけてる時の音がしてる」とのこと。
力を極限まで抜いて何度も開放弦のボーイングをしたけれど
なんどやっても「まだ押さえつけてる音がしてる」と言われる。

ううううう・・・・

<、センセより課された課題>
・肘を上げない
・大きな音を出さずに開放弦のボーイング
・右手は薬指を小指を放してボーイングができるように練習
 (弦に弓を預けるようなイメージを持つと右手で持とうとしなくなるらしい)
・鏡を見ながら”不自然”でない体の動きを研究する

とにかく”つぶれてない、よく響く音でこの曲を弾いてほしい”とのこと。
今のままでは、いつまでたっても上の段階には行けないそうだ。


○Vivaldi Cello Sonata No.3 in A moll 第4楽章

この曲に関してセンセに言われたこと・・・それは・・・

「楽譜通りに弾いてっ!!!!!」

気分で弾いてたので、適当なボーイングな上に
気分しだいで変わるスタッカートを入れてしまい
センセから上記のとおりの非難を受ける。


それから16連符のところで必ずリズムが転び速くなる。
「コレはゆっくり練習したら必ず治るからっ!!!
 テンポが速いと意識しないから永遠に治んないよっ!」とのこと。

それとシンコペーションの弾き方と音の抜き方も注意を受けた。

またボーイング、フィンガリングの指導を受けちゃったよー
センセが何も言わなくなったから、もう完全会得したんだと思ってたけど
かなりセンセの中で見て見ぬふりというか、目をつむってた部分があったようだ。

7年弾いててもなかなか習得するのは難しいですね・・・

« かわいい! | トップページ | SATC2 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9403/48638056

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のレッスン(6/15):

« かわいい! | トップページ | SATC2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30