« ヘタだーーー | トップページ | 秋だねぇ »

2010年9月29日

今日のレッスン(9/29)

2週間ぶりくらいのレッスン。

●Vivaldi Cello Sonata No.3 in A moll第4楽章

長く伸ばす音は先へ先へと進むイメージで弾くこと
左手のポジション移動がスムーズに出来ていないから早く弾くところが遅くなる。
subitoでfからpへ音量が落ちるところは一瞬間をあけて


曲は弾けてるんだけれど物足りない。
すべてが同じような感じ・・・

メロディによって音色を変えていこう!
高音を弾く時は煌めく音色
低音を弾く時は深い音色
やさしいメロディを弾く時はやさしい音色等々・・・

ココにはコレ!という音色を出してもっと魅力的な曲に仕上げていこう。


と・・・今日のヴィヴァルディはこれくらい。
弾き終わった後、先生からこんな事を言われた。

「なんかさー、チェロが鳴ってないなぁ。前はちゃんと鳴ってたのになぁ~。
ちゃんとロングトーンしてる?」と.

いやいやロングトーン以前の問題で・・・
この2週間チェロに一度も触れてませんから・・・・


ということで、ロングトーン&弦に重みを乗せる練習をする。
はじめは座ってロングトーンをしてたんだけれど、全く乗ってないので
立って前傾姿勢になり弦と弓が触れる一点に重みを乗せる練習。

G線のAを弾いてたんだけれど、全くA線が振動してなかった
何度かやっていくうちに、ようやく振動し始めた。


「こうやって木に振動の仕方を教えてあげてください」とのこと。

« ヘタだーーー | トップページ | 秋だねぇ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘタだーーー | トップページ | 秋だねぇ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30