« ホウレンソウのキッシュ | トップページ | 英国王のスピーチ »

2011年2月25日

久々のレッスン(2/25)

先生に呼び出され久々のレッスンでした。

だけど夜勤が続いてたり、練習する気力がなかったりして
ほとんど練習せずにレッスンに向かった。
持っていったのはヴォカリーズのみ・・・


先生んちに着き、前回の事があるので
ドキドキしながらピンポンを押したら
笑顔で出迎えてくれた。

それから何時もとは全然違うフレンドリーな会話が続く。
「気を使ってくれてはるんやなぁ~」と心で思いつつ
カバンから楽譜を取り出そうとしたら楽譜がないっ!


はっ!!!ピアノの上に忘れてきたっ!!!!!


こんなこと始めてだ!
仕方がないので先生の楽譜を貸してもらう。
(版が違うからボーイングとかが違って大変!!!)


今日言われた事は・・・

・この曲の音程は少し高めに。明るく緊張感のある音を!
・メロディは感情の起伏とともに揺らして!
・メロディが延々と続くようなイメージで。ブツブツ切れないこと。
・半音で動く所は音程の差をシッカリとつける
・ダイナミクスはfやffのところが生きるようにその他の所は小さめで。

それから最後に・・・
・この曲はピアノとチェロのメロディが絡まりあってひとつの音楽
 になってるので一度ピアノパートを弾いてきて下さい。
 そうするとこの曲の事がもっと分かると思いますよ!

・この曲が終わったらコンチェルトかソナタを弾いてもらいます。
 準備しておいてください。


なんか始終にこやかに終わったレッスンだった。
いつもこうだったらいいのに・・・

« ホウレンソウのキッシュ | トップページ | 英国王のスピーチ »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホウレンソウのキッシュ | トップページ | 英国王のスピーチ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30