« 親指ー! | トップページ | そういう訳ね »

2011年4月19日

今日のレッスン(4/19)

○Sammaritini Cello Sonata Gdur No.1 allegro

今日のレッスンで言われた事は

・拍子感覚を全く無視した弾き方をしてる
・符点のリズムがおかしい
・親指ポジションの所はもっとガツンと押さえてひく

の3点くらいを延々と言われた感じ。
特に親指を使っての高音は音が苦しそうに聞こえるので
もっと豊かな音を出すようにと言われた。

それからもっとコントロールされたボーイングを!とも
何にも考えてない事がバレバレのボーイングとのこと。
弓のどこを使ったらメロディに合った音が出るかとか
効果的に歌えるかとかを常に考えろとのこと。

いろいろといっぱい言われた後で

「でもmihoさんの音色はこの曲に合ってるね!
 明るい音色を常に意識していこう!」

という言葉でレッスン終了。


この曲、楽譜面は簡単そうなんだけれど
随所に色んなテクニックが盛り込んであって
一筋縄ではいかない感じ。
ほんと、勉強になります。

« 親指ー! | トップページ | そういう訳ね »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親指ー! | トップページ | そういう訳ね »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30